官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

20160419_1

「奥さん……やらしい顔になって来たね」 犯される様に関係を持ってしまった男。嫌なのに……けれど、意に反して肉体は反応し、浅ましく絶頂に達してしまえば、その関係すらもが男から逃れられ音から逃れられないない理由になる。ブラウスを肌蹴られ、屹立した乳首を転がされれば、否が応にも愛らしい若妻の顎が上がる。全身に波紋の様に拡がる甘美な刺激に、不覚にも意識が官能に曇る。秘所を暴かれ、女の構造を確認され、その秘唇を左右に開かれる羞恥。既に火照った女体はその恥ずかしさに陰裂に熱いものを湛え、それを指摘されれば恥辱の意識が、また人妻の女体を嬲る。激しい指姦に昇り詰めれば、反り返る男根に吸い込まれる様に唇を寄せ……そして。

               続きを読む                  

20160405

「兄貴にバラしてもいいのか?」 夫婦の寝室に忍んできた義弟にそう脅されれば若妻の抵抗は弱い。犯してしまった過ち。けれどもう二度と……。そう誓ったはずだった。強引に肌蹴れて行く下着。露わにされる美乳。触れられただけで全身に淡い性感が拡がる。〝あぁっ……だめ〟すぐ隣では夫が寝ているのだ。それにこんな関係は。「あ、ぁぁっ」ついにショーツまで奪われれば、明るい部屋で大きく拡らかれる両脚。晒された女の構造を見られる羞恥に女体が火照り、肉の割れ目を舌先がなぞれば甘美な声が漏れてしまう。夫がいるのに……そんな意識が駆け上がって来る性の刺激に拍車を掛ける。官能に侵さたれ意識のなかで義弟の熱い男根に舌を這わせば若妻はもはや……。貫かれる快楽に責めて声を漏らすまいと必死に耐えつつ快楽に堕ちて。

               続きを読む                  

20160330

「……やめなさい」 何故こんな男達に。肌を晒すだけでも虫唾が走る。こんな惨めな……。だが、縛られた身では逃れる事も出来はしない。触れられたのは、夫にすら触らせたことのない背徳の門。〝はぅっ……ぁぁ〟その周囲に指を這わされただけで全身に拡がる妖しい性感。排泄器官を嬲られる。それだけでも悍ましいのに、まして相手は仇の男。それなのに初めて知る禁断の奇妙な感覚に身体が震える。〝だめ、そんなところ〟ほじられるたびに背筋に得も云われぬ性感が走る。指を突き刺される惨めさに抵抗の声は 「やめて下さい」の懇願に変わり、野太い男根を充てがわれれば恐怖に心が凍る。「はっ……ぁぁああッ!」圧倒的な圧迫感で腸壁を擦りあげられ美熟女の悲鳴が宙を舞う。肛門を凌辱された人妻。やがては縄を打たれ、その被虐の官能に堕ちていく。

               続きを読む                  

20160328

犯された事実。乱暴された事実。だが、そのとき自分は感じてはいなかったか……。肉感的な巨乳な美女は全裸に剥かれて縛られて、全ての女の構造を白日の元に晒され嬲られる。「感じてなんかないッ!」「気持ち良くなんてないッ!」 しかし、反応を指摘される恥辱が、与えられる性感に油を注ぐ。甘美な声が漏れている事を指摘されれば、キッ!と男を睨む女の眼。けれど、必死で声を堪えるも駆け上がって来る愉悦に声が漏れてしまう悔しさ。そして、官能に侵された意識のなかで強いられるのは自慰行為、恥ずかしい自慰の告白。小学生で自慰に目覚めた事まで口にすれば、男に無理矢理に犯される行為、嫌がる自分が凌辱される想像して自慰をしている、被虐の願望まで暴かれ惨めさに女の肉体が炎上する。

               続きを読む                  

30160324

見知らぬ男に乱暴されたあの日の記憶。排卵日の子作り目的の性交しか求めてこない淡泊な夫。そして可憐な若妻の健康な肉体の疼き。引越しまでして過去と決別したはずの人妻だが、その新居を、あの男に突き止められれば……。強引に、荒々しく、そして辱められる様に犯される被虐の悦楽。巧みな性戯、野太く逞しい男根。犯される様にして再びの乱暴を受ければ、自らの身体の反応を知るしかない女の憐れ。排卵日なら……子供が出来ても……。そんなもう一人の自分の囁きに、逡巡する美人妻。夫婦のベッド。男の怒張を手で扱きつつ、袋に唇を被せ、根元からチロチロ舐め上がる人妻の裸体がエロティック。貫かれ、背面座位では、自分の両手で尻の谷間を拡らき、尻の穴を見せながら突き上げられる恥辱の快楽。卑猥な腰使い。西日差す寝室で昇り詰める人妻のエロス

               続きを読む                  

20160323_1

「受験勉強頑張るって約束できる?」 そう言われて出来ないと答える男などいない。若い甥に迫られれば清楚で美熟女な叔母も悪い気はしない。そんな微妙な雰囲気で 「触るのはダメよ」 そんな制約は互いの官能を刺激する事にしか役立たない。零れるたわわな巨乳。その頂の屹立してピンと尖る蕾。「ぁぁっ……見るだけ」 そう云いつつ総身に拡がる性感に叔母の意識は性に曇る。「叔母さんだって……オチンチン食べたいのを我慢してるんだから」 だが、そんな我慢は甥の逞しい男根を眼にすれば他愛もない。「ちょっ、ちょっとだけ」 それが少しで済むわけなどない。「あっ、入れちゃ……んっ、ああッ!」 貫かれる悦楽に美しい顎が上がる。そして……甥に跨れば顔に似合わぬ卑猥な腰使い。禁断の近親相姦で快楽を貪り乳房を揺らす美熟女

               続きを読む                  

駄目です

「これ以上は駄目です……」 夫婦のベッドに押し倒される。愛らしい若妻。一度の過ち。それで済ましてしまいたかった。だがその関係が仇になる。男に強く抗えない人妻はその豊乳を剥き出しにされ、ショーツのなかに手を差し伸べられれば 「……濡れてる」女の反応を知られた羞恥に頭の芯が熱くなる。〝あぁっ……こんな〟巧みな指戯に下腹から切ない性感が次から次へと込み上げて来る。意識が官能に侵される。突き出された男の野太い怒張。我知らずと女の底がキュンと疼く。云われるままに舌を使えば 「……大きい」 思わずそんな言葉が漏れてしまう。貫かれれば女の声が漏れるのを堪えられない。夫婦のベッドで可憐な若妻の乳房が躍る。だが〝え?……そんな〟体内に感じた熱い迸り。〝ま、まさか……〟

               続きを読む                  

20160312

身体に力が入らない……。妙な媚薬を使われた女捜査官。助けるはずの先輩も敵に奪われ失意の底で我が身に迫る男の手。「やめて」 無駄と知りつつそう口にする悲壮な表情が良い。身体を弄られる悍ましさに身を捩るも力の入らぬ女体は容易くスーツを乱されて行く。憎い男の眼に女の構造を晒す恥辱に意識が白む。それでも一方的に秘唇を嬲られ、膣道を擦り上げられれば、嫌なのに……得も云われぬ甘美な刺激に女の下半身が蕩けていく。「ち、違うのッ……それは」 男の指を激しく濡らした事が判る。それを見せ付けられる恥辱。更には先輩の身柄で脅されれば男の男根に奉仕せざるを得ない屈辱。そんな被虐が貫かれる性の刺激に拍車をかければ、女は犯される悦びに堕ちて行き……。

               続きを読む                  

嫌がる人妻の陥落

夫の留守。白昼の寝室。迂闊に家へと入れてしまった知人の男に人妻が押し倒されたのは夫婦のベッド。「いやッ……やめて」 こんなつもりじゃない。だが男の力に敵うはずもなく。乱されていく衣服。零れた美乳の乳首が屹立しているのが切ない。嫌なのに……その意識に成熟した女の肉体が反応する。奪われるショーツ。露わになった秘部を弄ぶ男の巧みな指戯に熱いものが込み上げる。「やめてッ……ぁッ、あぁぁ」 抗いつつも女の生々しい声を奪われる。強引に犯される口唇。「旦那のよりいいんだろ? でなけりゃこんなに濡れる訳ないよな?」 舌先に感じる熱い猛りに下腹の底がしとどに濡れる。その反応まで知られた羞恥に頭の芯が灼かれて行く人妻の姿がエロティック。貫かれれば脊髄を駈け上がる峻烈な性感にしなやかな女の背中が撓る。

               続きを読む                  

家族の前で犯される若妻

眼を醒ましてみれば縄で縛られ身動き出来ぬ身体。眼前には突き付けられたナイフ。見渡してみれば同様に縛られた義母。そして緊縛され暴力に晒されそうな夫。夫の身を守る為に身体を提供しろと迫る侵入者の男達。義母のなのか、自分なのか……。「私なら平気、あの子の為なら」 既に着物の胸許が肌蹴られ乳房を剥き出しにされた義母。更に押し倒されればその尻が無残に叩かれる。〝こんな事って……〟だが夫の身を守る為には、更には義母を差し出すような真似が出来る訳ない。「どうするんだ? 決めたんなら脚を拡らけ」 容赦なく追い打ちを掛ける男達。健気な若妻は息を飲み、唇を噛む。そして、ゆっくりと拡らかれる両脚。親族の前でショーツを奪われ恥部を晒される羞恥。家族の為に凌辱される、そう家族の為に。「あっ、んッ!ぁぁっ……」 だが与えられるのはあからさまな性感でしかなく。皆の前で辱められる被虐がその性感に火をくべれば若妻の肉体は……。

               続きを読む                  

義父に溺れる人妻

義父と嫁。関係してしまった後ろめたさから激しく抵抗できない肉感巨乳な人妻。相手は夫の父親なのに……。わざと恥ずかしい格好をさせられ衣服を奪われて行く羞恥に、身体の芯が熱くなる。見せてはならない秘部を覗き込まれ、女の反応まで知られてしまった恥辱感が人妻を官能の淵へと引きずり込む。脂の乗り切った肉感的なゴージャスボディ。官能味溢れる肢体に、量感たっぷりの巨乳が眩しい。「あぁぁっ……あっ」 義父の老練巧みな性戯に人妻の肉体は翻弄される。そうなってしまえば快楽に抗えない人妻の憐れ。「……お義父さん」 堰をきった人妻の官能は、もはや快楽を求めて走り出す事しか知りはしない。淫乱なまでに乱れる堂々たる人妻のボディが何とも卑猥。

               続きを読む                  

20160305_1

椅子に縛り付けられた夫。その夫の眼の前で全裸に剥かれ弄ばれる熟女妻。夫が見ている……だが、その異常さに人妻の官能が蕩けていく。こんな事あり得ない。凌辱されているのに。そんな思いが被虐の官能に火を着ければ、他人の男の男根に魅入られ、頭の芯まで痺れて淫らに堕ちていく自分の浅ましさまでもが、官能に流された女体を炎上させてしまう。それに気付けば自ら夫の前で淫乱な女なりさがる。恥部はおろか肛門まで晒して怒張を咥え、自分から淫らな言葉を噴き零しつつ、犯される快楽に酔いしれる人妻。悔しさに塗れ、失意に満ちた夫の視線。その前で普段は見せた事もない痴態を晒して、獣の様に快楽だけを求めて腰を使う自分。異常さに堕ちた人妻のエロス。

               続きを読む                  
 

このページのトップヘ