縛られた人妻 ~恥辱の緊縛品評会~ 愛田奈々


夫婦の間の、互いに束縛しあわない関係……。だが妻は本当にそれで満足していたのだろうか。美術教室で働き始めた妻はそのスタッフに心の底を見透かされてしまう。ヌードモデルの約束が次第にエスカレートして緊縛モデルも引き受ける事に。妻のなかには静かに被虐の炎が燻ぶり始め、ついに、縛られ嬲られ犯される事でその欲望が燃え上がる。動けなく拘束された不自由な身体を弄ばれる快楽。夫の前で調教される姿まで晒されれば、秘密の品評会では緊縛された身体の隅々まで鑑賞され…そして。

【椅子に縛られ女の秘部はおろか肛門まで鑑賞される前半のシーンが極めてエロティック。縛られ自然光のなかで尻の穴を暴かれての濃厚なセックス。愛田奈々の巨乳過ぎない豊かな乳房が眩しい。鑑賞会のタイトル通り、全てを晒され鑑賞された挙句に犯されると云う構成が効いており、視る者の劣情を煽らずにはおかない。夫の前で……と云う展開も期待を裏切らず、寝取られ要素まで織り込まれていて秀逸】