人妻質屋 ~私でお金を貸して下さい~ 森ななこ

「倒産した夫の会社。詰み上がった借金。ささやかな内職で夫を支える清楚な美人妻だか、とてもそんなものでは追い付かない。取り立てから逃れる為に妻が下した選択とは……。量感たっぷりの乳房が美しい人妻は、夫に内緒で質屋の門を叩く。健気にも自らの身体を質草に、と云う悲壮な覚悟……。無論、返済はおろか利息すら払う事など出来はしない。官能的な人妻の肢体。男達が放っておくはずもなく……。支払いが滞るたびに犯されてしまう美人妻。それでも与えられる性感に反応してしまう女体の憐れ。「この事は夫には黙っていてください」妻の懇願が切ない。刻一刻と迫ってくる質流れの期限。敢え無くその日を迎えれば、若妻はその肉体を賭して競りにかけられてしまう……。望まない相手に抱かれ、その快楽に翻弄される人妻。抗い様のない性感にビクビクと肢体を痙攣させ、幾度も昇り詰める様がエロティック。だが……その心は……」

【人妻の健気さが何とも悲しい物語。……だが……その悲壮な覚悟と「嫌なのに」とのせめぎ合いが視る者の官能を刺激する。嫌悪しつつも他人に抱かれ、だが意に反して身体は反応し、他人な男に逝かされてしまう清楚な美女。抗う事の出来ない女の性……。色白な細身のボディに迫り出す官能味に満ちた乳房が美しい。人身売買よろしく女が競り落とされて身体を提供するのも嗜虐心を誘う秀作】