20160328

犯された事実。乱暴された事実。だが、そのとき自分は感じてはいなかったか……。肉感的な巨乳な美女は全裸に剥かれて縛られて、全ての女の構造を白日の元に晒され嬲られる。「感じてなんかないッ!」「気持ち良くなんてないッ!」 しかし、反応を指摘される恥辱が、与えられる性感に油を注ぐ。甘美な声が漏れている事を指摘されれば、キッ!と男を睨む女の眼。けれど、必死で声を堪えるも駆け上がって来る愉悦に声が漏れてしまう悔しさ。そして、官能に侵された意識のなかで強いられるのは自慰行為、恥ずかしい自慰の告白。小学生で自慰に目覚めた事まで口にすれば、男に無理矢理に犯される行為、嫌がる自分が凌辱される想像して自慰をしている、被虐の願望まで暴かれ惨めさに女の肉体が炎上する。


もっと動画を見る

クリックでの応援をお願い致します。
↓ ↓ ↓