官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

カテゴリ:SM > 調教&服従

20160330

「……やめなさい」 何故こんな男達に。肌を晒すだけでも虫唾が走る。こんな惨めな……。だが、縛られた身では逃れる事も出来はしない。触れられたのは、夫にすら触らせたことのない背徳の門。〝はぅっ……ぁぁ〟その周囲に指を這わされただけで全身に拡がる妖しい性感。排泄器官を嬲られる。それだけでも悍ましいのに、まして相手は仇の男。それなのに初めて知る禁断の奇妙な感覚に身体が震える。〝だめ、そんなところ〟ほじられるたびに背筋に得も云われぬ性感が走る。指を突き刺される惨めさに抵抗の声は 「やめて下さい」の懇願に変わり、野太い男根を充てがわれれば恐怖に心が凍る。「はっ……ぁぁああッ!」圧倒的な圧迫感で腸壁を擦りあげられ美熟女の悲鳴が宙を舞う。肛門を凌辱された人妻。やがては縄を打たれ、その被虐の官能に堕ちていく。

               続きを読む                  

家族の前で犯される若妻

眼を醒ましてみれば縄で縛られ身動き出来ぬ身体。眼前には突き付けられたナイフ。見渡してみれば同様に縛られた義母。そして緊縛され暴力に晒されそうな夫。夫の身を守る為に身体を提供しろと迫る侵入者の男達。義母のなのか、自分なのか……。「私なら平気、あの子の為なら」 既に着物の胸許が肌蹴られ乳房を剥き出しにされた義母。更に押し倒されればその尻が無残に叩かれる。〝こんな事って……〟だが夫の身を守る為には、更には義母を差し出すような真似が出来る訳ない。「どうするんだ? 決めたんなら脚を拡らけ」 容赦なく追い打ちを掛ける男達。健気な若妻は息を飲み、唇を噛む。そして、ゆっくりと拡らかれる両脚。親族の前でショーツを奪われ恥部を晒される羞恥。家族の為に凌辱される、そう家族の為に。「あっ、んッ!ぁぁっ……」 だが与えられるのはあからさまな性感でしかなく。皆の前で辱められる被虐がその性感に火をくべれば若妻の肉体は……。

               続きを読む                  

逝かせてください女

「そんな事したって無駄よ」 「堕ちたりなんかしない」 「気持ち良くなんてない」 天井に吊られた両手。身体に張り付くボディスーツ。そのうえから執拗に性の刺激を与えて来るのは憎い敵の男。気丈な女捜査官は男を睨みつけるも……。「んぁぁぁっ」 余りの刺激に容易く絶頂へと押し上げられる。が 「逝ってない」 とその心は折れてはいない。引き上げられる秘部を覆うスーツのファスナー。と、女の顔色が変わり 「……やめて」 と震える様に云うのがそそる。だが、それはまだ地獄の始まり。「どっちも気持ち良くなんてない」 男の指姦に潮を噴きつつも毒づく女。が、与え続けられる堪らない性感。あと少し。絶頂目前で刺激を奪われる寸止め調教。「……逝かせてください」 陥落する女が嗜虐心を煽る。

               続きを読む                  

セックスで謝罪する女

謝らなければならない非は自分にある。そんな事は判っている。〝でも……こんな仕打ちって……〟理不尽にも、閉店後のBARのカウンターで、全裸にされ、四つん這いで、男の性器で喉奥を突かれる美熟女。だが、反省したか?の問いに 「ごめんなさい。……しました」 嘔吐きながらそう答える他ない女。命じられるままに、犯される為に男に尻を向ける惨めさ。「いやぁ……んぁっ、うぅぁ」 割れ目を割り裂かれ貫かれる圧迫感に悲鳴が上がる。突き上げられながら尻を打たれ赤くはれ上がったムッチリとした女の尻が痛々しい。「ごめんなさい」「ごめんなさい」 犯されながら幾度も幾度も謝罪させられる美熟女の痴態が何ともエロティック。子宮を突かれ、謝り続けるうちに、次第に女の脳裏は罪の意識に染め上がる。与えられる性感。被虐の快楽に堕ちていくしかない女のエロス。

               続きを読む                  

強制奉仕の女

こうでもしなければ彼女は気が済まないんですよ。ミスを犯した女子社員の背後で囁く上司。だが、その気が収まらないのは、いったい誰なのか。既に云い含められている愛らしい巨乳な女子社員の「……申し訳ありません」 と男を見詰める眼が切ない。自ら客のズボンのファスナーを下ろし、零れ出た男根に唇を寄せれば意識が痺れる。こんなこと間違ってる。ましてここはオフィスなのだ。パーテーションの向こうでは皆が仕事をしている。もし見られたら……。そんな思いが背中に拡がるまもなく喉奥を突いてくる怒張に嘔吐く女の憐れ。「お客様との絆がモットー」です。そんな台詞まで云わされて、二人掛りの性の刺激で嬲られれば被虐の意識が女体の芯を熱くする。

               続きを読む                  

懇願する女達

何故こんな男達に嬲られなければ……。全裸で緊縛され性の辱めを受け続ける女達。だがそんな思いも、気丈なプライドも、身動き出来ぬ身に一方的に性感を与えられ続け、そしてついに耐えきれず昇り詰めようとした、その刹那、刺激を奪われ梯子を外される調教を続けられれば、脆くも崩れる他ない。「逝きたいッ!逝かせて」 「もう少しで……意地悪しないで」 「……逝かせてください」 スレンダー美乳とグラマラス巨乳な裸体とが対比を為して嬲られ悶え、不条理な責めに屈して懇願する様がそそる。それを揶揄われた挙句、恥辱のなかで、ついに不遜な男達に絶頂へと押し上げられれば、待っていたのは……。

               続きを読む                  

20160216_3

「それだけは許して」 全裸に首輪付けられた妙齢な母親達。男達が命じた特別授業とは、自分の息子達と交わる事だった。〝そんな事が許される訳ないッ!〟必死で許しを乞う母達に男達が許したのは母親の交換と云う非道な情け。「いやっ」 そう云いながらも男達の愛撫に甘い声を漏らし身悶える母親達。堪え切れずに子供達の前で不意に達してしまえば絶頂の宣言のなかった事が咎められ 「子供達の事を思っていない。教育にならない。女と云うものを教えてやれ。女の身体はこうなっているんだ」 それぞれの息子の前で女の構造を晒す羞恥。そして、指で確かめられ、指戯を施されれば女の反応まで教えてしまう母親達。豊かな乳房が躍りスレンダーな腰が畝る。それだけではない。尻を突き出させられ拡らかれる尻たぶ。剥き出しになった母の肛門。「あぁぁっ……い、いやぁ」 充てがわれた子供達の指。「慎重にやれ」 その命令と共に侵入して来る指の感触に母達の背中が撓る。肛門に突き刺されながら女陰を抉られれば我知らずとその指をキュッと柔襞が締め付けてしまうのが判る。追い打ちを掛ける様に 「さっきとは全然違うだろ?」 男の言葉に、そんな恥ずかしい反応まで教えてしまう恥辱が母親達の脳を焦がす。だがこれは、特別授業の始まりに過ぎない。「み、見ないで」 互いの母親達が男達の性器を口に含む姿。性交に喘ぐ姿。それらを見学する息子達の男根は激しく天を衝き、そして……。

               続きを読む                  

けっこう仮面

拘束された裸体に与えられる快楽の責め。感じる事なく耐え抜けば解放される。身動き出来ぬ身にサワサワと這いまわる性具の刺激。「んっ……くっ」 肢体に拡がり脊髄を駈け抜ける性感に必死で耐える仮面の女。フルフルと肌を震わせ身を捩り、それでも感じまいと耐える姿が悩ましい。が、そこは既に性の調教を施された身体。条件づけられた鐘の音を聞けば、その理性の堰が決壊する。過敏になった女体。それまでの刺激は幾倍にも膨れ上がる。痺れるような性感に女の声が漏れ始めれば、正常な思考さえも官能に溶け出し奪われる。「き、気持ちいい……ぁぁっ、い、いいッ」 全身を苛む快楽に、陥落の言葉が漏れるのに時間は掛からない。「ぁぁっ……み、認めます。…私は、痴女で、露出狂の……変態女です」 それだけではない。淫らな隠語まで口走れば、仮面を暴かれ素顔を晒され恥を晒す覚悟まで。「私の逝くところ見て下さい……ああっ、駄目……逝きます。逝く逝くっ……逝くく……ッ!」 衆人環境で嬲られた挙句に仮面を剥され昇り詰める女のエロス。

               続きを読む                  

奴隷妻の快感

夫の奴隷と化した巨乳が眩しい美人妻。その性生活は、既に「夫婦の営み」などと呼べる代物ではなく。夫の部下達の前で全裸に剥かれ披露される夫婦の性交。決して他人になど見られる行為ではない。裸体を晒すだけでも恥ずかしい。それなのに……。秘匿の行為を鑑賞される羞恥が美熟女妻の脳裏を灼げば、夫の辱めの言葉が恥辱を煽る。異常な行為に妻の意識は官能に染め上がる。「ああっ…大きい…んっ、ぁぁっ……い、いいッ!」 夫の部下に見られながらのセックス。それだけではない。その男達にも貸し出され、まるで性の道具の様に犯されれば、もはや人妻に出来る事は、快楽に身を任せ全てを忘れる事だけで。夫の前で他人に犯される恥辱に身悶え、突き上げて来る性感に流される。ひと突きごとにユッサユッサと弾む乳房。淫らに波打つ脂の乗った肢体。「ぁぁっ……また逝ッちゃうッッっ!」 もう幾度昇り詰めたろう。その絶頂すら夫に揶揄われれば、惨めさがまた妻の快楽を炎上させる。だが 「だめだめ……駄目ぇっっ!……なかはやめて」 夫の無慈悲な許可に妻の悲鳴が噴き上がる。他人の精を体内に受ける事など許されない……それなのに、「ああぁっ、駄目っ、逝ッちゃうッッっ」 快楽に抗えない奴隷妻の憐れ。

               続きを読む                  

夫婦奴隷ショー

夫婦揃って拉致されたスレンダー美人な人妻。地下室での調教の日々。そして、ついにこの日、大勢の観客が居並ぶショーで客をとらされる事に。全裸に首輪。綿ロープで無様に絞り出された美しい乳房。後ろ手に縛られた端正な顔立ちの若妻の、硬く尖った乳首が切ない。夫の眼の前で見ず知らずの男に、拘束された不自由な身体を犯される惨めさ。その恥辱に塗れた情交に、日々の調教で幾度でも絶頂出来る身体に仕立てられた女体は過敏に反応する 「あっ、ああっ……ま、またっ、逝く、逝きますッ」 そう視る者全員に宣言して昇り詰めなければならない美人妻の絶頂がそそる。「……ありがとうございました」 体内に他人の熱い精液をドクドクと注がれ、陰裂から白いそれを滴らせつつ、礼を云わされる屈辱が、人妻の意識を被虐に染める。そして、続けざまに別の客が。激しい抽送に縛られた人妻の女体はたちまちにして炎上する。「また……逝きますッ!」 ガクガクと肢体を痙攣させて絶頂すれば 「ありがとうございます」 それだけではない。後ろ手緊縛の惨めな姿で、顔を床につけ、高々と尻を掲げて客に向け、両手でその尻を拡らいて女陰を晒し、精を体内に受けた事を示す屈辱。愛らしい尻の穴までがあからさまに露わなのがエロティック。更には、衆人環境の中で輪姦された人妻と夫との公開セックスが……。

               続きを読む                  

女体盛りの人妻

不自然に落ちた眠りのなかの人妻。眼を醒ましてみれば……。褌だけで全裸にされている自分。それを見詰める見知った近所の男達。それだけではない。乳房も露わな自らの女体には多彩な寿司ネタが置かれていて。「いわないわッ……こんな事」 運命を悟った人妻はそう叫ぶのが精一杯。「あぁっッ」 恥ずかしさと惨めさとにピンッと屹立してしまっている乳首を刺身で嬲られれば全身に性感が走り、肢体が震えるのを止められない。赤貝の注文が入れば、とうとう褌すらもズラされて剥き出しにされる女唇。そこに舌を這わされると堪え様もない性感が脊髄を駈け抜け、背筋が反り返る。「ぅっ……ぁぁっっ、あぁッ!」 〝こ、こんなことって……〟あり得ない、その思いと裏腹に、全身に走るゾクゾクとする性感。見られる羞恥、玩具にされている恥辱、そして与えられる性感とに 肉感的な人妻の意識が官能に染め上がる。更には、強引に男達の男根を咥えさせられれば、その逞しさと躍動に恍惚となる人妻。そして、その奉仕の拙さを指摘される惨めさに塗れつつ 「女体解体ショー」と称され大勢の前で犯されれば、その意識は淫らに被虐の官能へと溶けて行く。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング