官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

カテゴリ:セックス&肛虐

20160330

「……やめなさい」 何故こんな男達に。肌を晒すだけでも虫唾が走る。こんな惨めな……。だが、縛られた身では逃れる事も出来はしない。触れられたのは、夫にすら触らせたことのない背徳の門。〝はぅっ……ぁぁ〟その周囲に指を這わされただけで全身に拡がる妖しい性感。排泄器官を嬲られる。それだけでも悍ましいのに、まして相手は仇の男。それなのに初めて知る禁断の奇妙な感覚に身体が震える。〝だめ、そんなところ〟ほじられるたびに背筋に得も云われぬ性感が走る。指を突き刺される惨めさに抵抗の声は 「やめて下さい」の懇願に変わり、野太い男根を充てがわれれば恐怖に心が凍る。「はっ……ぁぁああッ!」圧倒的な圧迫感で腸壁を擦りあげられ美熟女の悲鳴が宙を舞う。肛門を凌辱された人妻。やがては縄を打たれ、その被虐の官能に堕ちていく。

               続きを読む                  

緊縛肛虐の女

「なぜ私が……」 そんな思いもこうなってしまえば既に虚しい。全裸に剥きあげられた熟れた女体。後ろ手に縛られ乳房を絞り出されて縄打たれれば、肌に喰い込む刺激が悩ましい。ましてその相手は同性の女。肌を晒すだけでも恥ずかしい。それがこんな屈辱を……。無理矢理に咥えさせられる年下社員の性器。が、その被虐感に女の底が熱く潤む。意志に反して反応する身体が恨めしい。嘔吐きながら歪む美貌が妙に切ない。もはやこれからの展開など、自分でも判っていた。この女の前で縛られた身体を部下に犯される。恥辱に胸が詰まるが、その怒張が充てがわれたのは……。

               続きを読む                  

肛虐美人

裏社会に生きる夫を愛した妙齢な美人妻。だが、その夫は他にもひとり、妾として妻を持つと云い出して。始まった奇妙な共同生活。しかしそれは、正妻の前で妾を抱くと云う美人妻にとって屈辱的なものでもあり。愛する夫が他の女と交わる様子を盗み見しつつ、自らを慰める美乳な人妻の憐れ。胸に込み上げる恥辱と身体の芯から突き上げてくる情欲。清楚で美しい正妻は、堪りかねて心を決める。これまで拒み続けていたある行為。尻の穴を捧げる背徳の行為。身の毛もよだつ悍ましい行為。それを夫に許すという女の覚悟。貫かれる痛みに正妻の美貌が歪む。野太い夫の怒張の強烈な圧迫感。身体を引き裂く様な痛苦に耐えつつ、更には、妾の前で排泄の門を犯されるという恥辱。けれど……それで夫の心を取り戻せるのならば。「うぅっ、んぁっ……あぁぁっ」 抜き差しされるたびに悲鳴が上がり、耐える女の表情がそそる。しかし、その悲鳴に、いつしか女の声が始めるのを夫は見逃さない。腸内に精を放ち、どうだった?良かったか? と問う夫に 「はい」 と応える美人妻。

               続きを読む                  

少女の性

「仰向けになって舐めてッ!」 まだ幼さ残る田舎の旧家のお嬢様。両親は留守。既に青い性に目覚めた少女の如き若い女は、使用人が屋敷に戻って来たのを見咎めるとスカートを捲り、スルリとショーツを下ろす。剥き出しになった滑らかな白い尻。土間の上りに両手をつけば、四つん這いとなってその尻を突き出し脚を開く。命じられた男は速やかに従う。「あっ……ぁぁ……あぁっ」 ソロリと女の肉の割れ目を舐め上がる使用人の舌使い。切ない喘ぎが漏れれば、性感に畝る腰つき。そして激しくなる男の舌戯。「あぁっ、い、いいッ……そこ」 可憐な尻の穴も剥き出しで身悶えるお嬢様の痴態が何とも云えずに卑猥。感極まった「……突っ込んで」 の懇願に既に隆々と反り返った男の男根が天を衝く。「ああッ!……あ、あぁぁーッ」 野太い怒張が秘裂を割り裂き、膣道を擦り上げられる悦楽に幼き女の淫らな嬌声が噴き上がる。「あっ、あっ、あぁぁっッ、いいッ!」 激しさを増す抽送。「もっと激しく、私をぶっ殺す様にやって」

               続きを読む                  

完璧ボディ

釣鐘型の乳房が眩しいエロティックボディの絶世の美女。最初は社長に強いられた嫌々ながらの奉仕……。だがれそれは何時しか……。その背徳の快楽に女盛りのメリハリの効いた肉体は抗えない。逞しい男根にネットリと舌をからめて舌先に躍動を感じ、更には音を立ててしゃぶり、喉奥にまで咥え込めば、美女の意識は官能色に染め上がる。「オチンチン入れて下さい」 命じられるままに淫らな懇願を口にすれば、自ら股を拡らき、そのクールな美貌とは裏腹の黒々とした陰毛を晒して 「……入れて」 譫言の様に漏れる吐息が悩ましい。「はぁぁ……ん、ああぁぁっ」 滾る怒張の挿入にその美しい顎が上がれば、官能味に満ちた堂々たる女体は快楽へと堕ちていく。男に跨り肛門も露わに使う淫らな腰つきは卑猥そのもの。撓る美しい背中。下から突き上げられれば釣鐘型の巨乳が乱舞する。快楽を貪るゴージャス美女のハードセックス。

               続きを読む                  

欲求不満な豊満美熟女

工事業者の男達に乱暴された豊満巨乳な人妻。それを示談にしようと訪れた上司の男。「なにしてるんですかッ!」 肩を揉む素振りで近づいた男にいきなり胸を揉みし抱かれれば人妻の悲鳴が上がる。執拗な男の手つき。胸許を肌蹴られ、たわわに実った豊乳が零れると何故か屹立してしまっている頂きが嬲られる。総身に拡がる甘い痺れ。「持て余していたんでしょう?」 ゆっくりと乳房を揉み込まれ、摘ままれピンッと弾かれる乳首。身体への性の刺激が人妻の意識を官能に曇らせる。「さっきまでの威勢はなくなりましたね、奥さん」 「もしかして貴女、欲求不満なんでしょ? 奥さん」 それを否定出来ない自分が辛い。痛いところを突かれ、襲われた際の抵抗の甘さを指摘されれば、人妻の抵抗は更に弱くなり……。唇を奪われるとその接吻けに応じてしまう自分が情けない。ショーツのなかに忍び込む男の手。既に濡れそぼった秘裂をなぞられれば背筋が撓る。「そんなっ」 思わず口走るも、我知らずとその手は男の股間へ。それを指摘されれば、もはや人妻に抵抗の余地はない。云われるままに男の猛る熱杭に舌を這わせば胸が熱くなり、深く咥えれば頭の芯が官能に痺れる。云われもしないのに袋にまで舌を使い蕩けていく人妻のエロス。

               続きを読む                  

枕営業の女

肉感的なエロティックボディが眩しい、色白でむっちり巨乳が見事な美人妻。枕営業での屈辱的なセックスに普段以上に興奮してしまう。自ら男に跨らされて腰を使えばプルンプルンと巨乳が揺れて、突き上げて来る快感に甘美な悲鳴をあげる。「逝くところ見せてみろ」 そう命じられれば快感に導かれるまま、必死で尻を打ち付ける。脳天にまで突き刺さる性感。「い、逝きそう……だめっ……駄目ぇっっ!……逝っ、く……ッ!」 恥を晒す様を下から男に見られつつ激しく昇り詰める。それでも果てる事のない男根を、快楽に呑み込まれた人妻は恍惚とした意識のなかで 「欲しい」 そう強請って幾度となく絶頂へと押し上げられてしまう。「私の顔に……たっぷりサインして下さい」 命じられるに口走れば、ひときわ激しいストロークに 「もうっ、もうっ……駄目ぇっっ!」 美しい顔にたっぷりと男の精を浴びる。

               続きを読む                  

黒髪の美女

風呂上り。身に纏うのはバスタオルのみ。濡れた黒髪が美しい美少女。水道工事の男がいるにも拘らず、その姿のまま無防備に振る舞う様が、憎らしくて愛らしい。誘っているのか無邪気なだけか…その絶妙な風情が何とも良い。だがそんな姿を見せられた工事の男は堪らない。思わず少女の唇を奪えば押し倒し 「ちょっ……だめ、やめて下さい……んっ、だ、駄目ですよ」 股間に顔を埋められてしまう女。覆うべきショーツなど初めからありはしない。性器を貪る懸命な舌使い 「んんッ……あっ、やっ…やめて下さい。ダメですよ……ぁぁっ」 下腹から込み上げて来る甘美な刺激。執拗な男の舌戯。「あっ、ぁぁ……」 不意に小さく達してしまえばハッと我に返る男。「も、申し訳ございません」 しかし……土下座する男の前で……拡らかれる女の両脚。男を見詰める美しい瞳。晒された女陰。再び顔を押し付け貪る男の首に、女の両脚が絡みつく。「んぁぁぁっ……あっ、ああッ!」 再度、軽く昇り詰めた女が男の唇を奪う姿がセクシー極まりなく……。女豹を思わせる、しなやかな女の肢体。健気な口唇奉仕。貪欲に快楽を追う腰使い。黒髪美人の積極的なセックスが醸し出すセクシーなエロス。

               続きを読む                  

悔しい人妻

「さっきは、ごめんね。……」 隣の高校生の男の子。不図した事から彼がAVを視ている所を見てしまえば笑ってしまって……。「私が慰めてあげる。」 初めての乳房への愛撫を促しながら 「こういう大きいおっぱいはどう?」 そんな余裕を見せていた人妻だが、彼が慣れて来ると息遣いが荒くなる 「はぁ……ぁぁぁ、気持ちいい……」 身体がフルフルと震え出す。堪らず男根への愛撫を試みるも相互に愛し合えば 「ああっ、いいッ……」 彼の指使いに合せ腰が勝手に動いてしまう。「そんな事も出来るんだね」 何気ない素振りを装いつつ肢体がくねるのを隠せはしない。〝こんなっ……な、何でこんなに上手いの?……やだ……い、いいッ!〟ビクンと小さく女体が跳ね 「はぁ」 と弛緩する。〝こんなはずじゃない……でも気持ちいい〟隆々と反り返る熱い怒張を口に含めば、秘裂に施される絶妙な舌戯。込み上げる性感に「あッ……あぁぁ」 声が漏れれば奉仕も儘ならない。〝だ、だめっ……いっ、クッ!〟反り返りガクンとする身体に 「大丈夫ですか?」 と云われる始末。彼の顔の上で昇り詰め、跨っては下からの突き上げに達してしまう。四つん這いで支配的に逝かされれば、正常位で「今日は、特別に顔に出していいよ」

               続きを読む                  

乱れる母親

息子の友達に性行為を教える美熟女な母親。「本当に初めて? あぁっ……凄い上手い」若い男の肉体と快楽とを堪能する。「凄い……こんなに勃って……」ネットリと猛る怒張に舌を絡め「可愛い」と男の反応を愉しめば、貫かれると「ああぁっ、凄い……気持ちいい」顎を突き上げる肉感的な熟れた肢体。「凄いッ、締め付けてきます」「気持ちいい?」更に男に跨れば、クイックイッと淫らに腰を使って抽送を送り「そ、そんなにされたら……」と悲鳴をあげる男に「もっと、もっと満足させてくれないと駄目よ?」「も、もっとですか?」乳房をブルンブルンと揺らし秘裂で男根を貪り、股を開いて抜き差しの様子まで見せ付ける。「ああぁぁっ……逝っちゃうッ!」男の上で昇り詰め、後ろから突き上げられて絶頂する。更には正常位でドクドクと熱い精を胎内に受けながらビクビクと身体を震わせ、息子の友達に逝かされる。

               続きを読む                  

20151201_5

帰省先で出会ってしまった昔の恋人。かつてキスを交わした思い出の自宅。だが……清楚で品の良いスレンダー美女は、今となっては人の妻。「ねえ、お願い。だめっ……やめて」迫る男への人妻の抵抗が弱い。「結婚なんて……そんなの関係ない」強引な男に押し倒され、懐かしいキスを落され、既に心得た手つきで愛撫を加えられれば、徐々に反応してしまうのは……。憎い男であろうはずもない。むしろ……。「だめっ」咥えさせられる情熱に滾った元恋人の男根。今となっては他人の性器。夫のある身……そんな思いが人妻の罪悪感を掻き立てる。それは脱がされて行く衣服、施される性の手管とともに、いつしか何時しか人妻の背徳の官能を刺激する。「や、んっ、ぁぁあ……」押し入って来る怒張は馴染んだ昔の男そのもの。自分の柔襞が待ち侘びたかの様にそれに絡み付くのが判れば、人妻は禁断の快楽に包まれて……。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング