官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:むっちり

嫌がる人妻の陥落

夫の留守。白昼の寝室。迂闊に家へと入れてしまった知人の男に人妻が押し倒されたのは夫婦のベッド。「いやッ……やめて」 こんなつもりじゃない。だが男の力に敵うはずもなく。乱されていく衣服。零れた美乳の乳首が屹立しているのが切ない。嫌なのに……その意識に成熟した女の肉体が反応する。奪われるショーツ。露わになった秘部を弄ぶ男の巧みな指戯に熱いものが込み上げる。「やめてッ……ぁッ、あぁぁ」 抗いつつも女の生々しい声を奪われる。強引に犯される口唇。「旦那のよりいいんだろ? でなけりゃこんなに濡れる訳ないよな?」 舌先に感じる熱い猛りに下腹の底がしとどに濡れる。その反応まで知られた羞恥に頭の芯が灼かれて行く人妻の姿がエロティック。貫かれれば脊髄を駈け上がる峻烈な性感にしなやかな女の背中が撓る。

               続きを読む                  

娘を犯す父親

静かな夜。二人きりで差し向かいの父娘。……今は亡き母。しんみりとした宵に不意に娘が眠り込めば、捲れたスカートから覗くむっちりとした太腿。ショーツに包まれた豊臀。ずっと寂しい夜を過ごしてきた父親は、実の娘とわかっていながら激しく猛る男根を抑えられない。秘かに怒張を摘まみだし、娘を見ながら自慰を始めるが。眼を醒ました娘はすぐに事態を飲み込む。回した手で父親の性器を握る……。昂ぶる官能に押し流されて行く父娘の様子がエロティック。娘に男根をしゃぶらせ、その女陰を貪れば、もはや二人を止める事など出来はしない。父に跨りセーラー服を脱ぎ捨てれば、娘の乳房は想像もつかぬ程に豊かな張りをみせ、父の手は……。

               続きを読む                  

むっちり美熟女

「私、もう後戻り出来ない」 知ってしまった不倫の味。淡泊な夫では味わえない濃厚な快楽。ムッチリとした肉感的な美熟女は夫の同僚との激しい情事から逃れられない。男に跨る美熟女妻の堂々たるボディ。脂の乗り切った熟れた肢体は官能味に溢れ、太く張り切った太腿、ユッサユッサと揺れる乳房が眩しい。妖艶に身悶え、淫靡に使う腰つきは卑猥そのもの。突き上げられれば、その快楽を少しも逃すまいとする様に、男の背中に両脚を廻してしがみ付き、激しく昇り詰めれば唇に男の熱い精を受ける。生々しく交わる淫らな情事。それはついに夫の居る自宅でまでも……。快楽に寝取られる美熟女。

               続きを読む                  

強制奉仕の女

こうでもしなければ彼女は気が済まないんですよ。ミスを犯した女子社員の背後で囁く上司。だが、その気が収まらないのは、いったい誰なのか。既に云い含められている愛らしい巨乳な女子社員の「……申し訳ありません」 と男を見詰める眼が切ない。自ら客のズボンのファスナーを下ろし、零れ出た男根に唇を寄せれば意識が痺れる。こんなこと間違ってる。ましてここはオフィスなのだ。パーテーションの向こうでは皆が仕事をしている。もし見られたら……。そんな思いが背中に拡がるまもなく喉奥を突いてくる怒張に嘔吐く女の憐れ。「お客様との絆がモットー」です。そんな台詞まで云わされて、二人掛りの性の刺激で嬲られれば被虐の意識が女体の芯を熱くする。

               続きを読む                  

悦びを知る女教師

むっちりとした肉感的なボディの人妻女教師。あろうことか男子生徒達に教室で全裸に剥かれ輪姦されてしまう。〝こ、こんな……嫌っッ!〟しかしもう、どれほど嬲られただろう……。無理矢理に加えられる愛撫。既に女の悦びを知り尽くした人妻の女体が、耐えられる訳はない。夫がいるのに…。自分の生徒達に…。神聖な教室で…。そんな思いが否が応にも反応する女教師の身体に官能の油を注ぐ。そして残酷な生徒達の仕打ち。年下の自分の教え子達に良い様に嬲りものにされている自分。一度それを意識してしまえば、信じられない惨めさが、何故か与えられる性感を炎上させる。〝あぁっ……どうして? か、感じる〟生徒の隆々とした怒張に貫かれれば、既に快楽に取り込まれた意識が恍惚へと追いやられ 「あっ、あっ、ああっ……ッ!」 下からの激しい突き上げに我知らずと腰が動くのを止められない。「チンコ気持ちいいッ!」 教え子に促されるままに云わされる恥辱。だが、そう口にした途端に全身に走る快感が増幅する。「オマンコ気持ちいい」 口走る情けなさが理性を壊す。プルンプルンと乱舞する巨乳。犯される悦びに眼醒め、服従する悦びに啼く人妻女教師。

               続きを読む                  

尻を捧げる女

肉感的なムッチリ巨乳の女子社員。取り返しのつかない仕事のミス。それを許して貰うために差し出された肉体……。全裸でオフィスに立つ羞恥。だが逃げだす事も出来はしない。男に命じられ 「はい」 と答えて差し出される両手。そこに手錠がかけられる。机に両手をつけば堂々とした尻が突き出され、拡らかれる両脚。その尻が激しく打たれて悲鳴が上がる。全てが晒された女の秘部。「オマンコです」 指が挿入された場所を云わされる情けなさに苛まれつつ、この時は男の言葉の意味など判らなかった。だが机の上で大股を拡らき、女の肉の割れ目を左右に大きく拡らかれ 「いやぁぁ」 と悲鳴を搾り取られ、巧みな舌戯で甘い喘ぎを奪われた、その後で、男の指が触れてきたのは……「あっ」 思いも寄らない恥ずかしい場所。排泄の穴を弄られる妖しい感覚、だがそれも一瞬 「あっ、あぁぁぁーッ!」 ブスリと指を突き刺される。奇妙な背徳の性感に背筋が撓る。「さ、裂けちゃう」 増えていく男の指の数。肛門を拡げられる痛みと重い性感。それが不意に止まれば、強いられる口唇奉仕。そして……。再び机の上で大股を開かせられ……男の怒張があてがわれてのは……。〝そ、そこ、違うッ!〟ようやく男の言葉の意味が意味が判った。「入りませんッ…お願いします……そんなおっきいの入りません」 だが繰り返し肛門に打ち込まれるストロークに、女の声が変わっていく。

               続きを読む                  

犯され続ける女

客をとるために囚われたスタイル抜群の巨乳な女囚。施されたのはその為の調教だけではない。看守達の性の慰みものに堕とされ、調教の後にも犯され続ける日々。全裸で拡らかれた両手両脚。枷で繋がれ拘束されれば逃れる事など出来はしない。何もかも晒されたむっちりとした肉感的な裸体を貫かれ前後に弾む乳房が艶めかしい。嫌なのに……それでも激しく突かれて膣道を擦り上げられれば反応してしまう身体が呪わしい。揺れる乳房の頂きは硬く屹立し、込み上げる性感に「あぁっ……あっ、ああっ、んっ」 と喘ぎ声が漏れてしまう。当然の様な中出しの宣言に 「な、なかは嫌ッ!……いやぁぁ……だめ、だめっ」 必死で悲鳴をあげるが繋がれ貫かれた身ではその瞬間を待つしかない。熱い迸りをドクドクと胎内に注がれ、それを口で清めさせられた挙句、「……ありがとうございました」 そう挨拶させられる屈辱。

               続きを読む                  

義父との新たな関係

気の強い肉感的な人妻は夫の不倫に悩んだ末ついに離婚を決意する。同居の優しい義父はそんな嫁を憐れにも、また申し訳なくも思う。「何見ているんですか?!」 そんな折、悪気なく嫁の自慰を目撃してしまえば、義父の心に何かが宿る。「寂しくさせてしまって申し訳ない……あいつに変わって謝りたい」 だが嫁は「女だったら誰でもあんな事くらいしています。特別どうって事はありません」 自分は憐れな女なんかじゃないと取り合わない。だが……それは真実だったのだろうか? 西日差す午後。うたた寝をする人妻は不意に義父に迫られる 「あいつの代わりでどうだ?」 「何考えてるんですか? やめて下さい」 逃れようとする嫁だが義父は力でそれを許さない。「お義父さんッ!……やめて下さい…や、やめてッ!」 嫁のショーツが奪われる。ムッチリとした尻が露わになれば、むしゃぶりつく義父。「ちょっ……お義父さん」 尻の谷間を舌が這う。それが肛門にまで及べば、嫁の抵抗が止まる。「どうなっても知りませんからねッ!」 尻を義父の好きにさせながら、宙を見つめる人妻の眼が良い。そして身体を返され股を開かれれば 「待って下さい……ちょっと……そこは…………あッ!」 人妻の肢体がビクンと震え顎が上がる。快楽に堕ちていく嫁と義父とのエロス。

               続きを読む                  

緊縛調教の少女

深夜の和室。開け放たれた障子。夜の闇を望めば冷たい外気が忍び寄る。僅かな光に浮かび上がる愛らしい女学生の裸体。その身体には縄が打たれ、後ろ手に欄間に吊られている。「ああッ……ッッ!」 打ち下ろされたバラ鞭の痛みに女の悲鳴が木霊すれば、冷えた身体はたちまちにして熱を帯びて朱に染まる。脚許に残る白いソックスが痛々しい。バラ鞭とは云え、鞭に慣れぬ女の身にはその痛みは余りにも激しくて。打ち下ろされるたびにあがる苦痛の叫び。次の刺激を恐れて動けぬ身体を後退さらせる女の様がそそる。逃れられない。そんな事は判っている。だが痛みの怖さに自然と身体が動けば 「ああぁぁーーッッ!」 縛られる感触、動けぬ身体。逃れられない鞭の痛み。……ただ、耐える事しか出来ない被虐に何故か潤む陰裂。そんな自分の反応さえ恐ろしければ、更には落される蝋の熱さまで……。吊り上げられた身体に落とされる蝋の色に染まって行く女体。一方的に与えられる痛苦と快楽。相反する刺激のなかで絶頂してしまう彼女が知った悦びとは……。

               続きを読む                  

20151219_4

ホームパーティでのバーベキュー。愉しみながら何気なく話す夫婦だが、ここには隠された企みが……自分の妻が眼の前で犯されるのを見ると興奮する夫。パーティーの客達は、夫が招いた客達で。眼の前で妻が、身体を弄られ、スカートを捲られ、乳房を剥き出しにされ、ショーツをズラされ性器を丸出しに……それでも視て視ぬ振りをして何も云い出せない夫。そう……自分が依頼したのだ。今更何か云える訳などない。それを知るムッチリ美乳のエロティックボディな妻も、男達にされるが儘に……。野外で素っ裸にされてしまう妻。その恥ずかしさを思えば夫の胸は掻き毟られる。他人の性器を咥えさせられる妻の姿。排泄器官まで晒しそれを舐め上げられる妻の姿。玩具にされ、嬲られるしかない妻の恥辱感、その性感に反応すればそれすら愉しまれてしまう惨めさ。それを思えば夫の男根は灼熱の熱杭の様にたぎって……。野外で獣の姿で犯され喘ぎ声をあげる妻の姿を見詰める夫の視線が熱い。

               続きを読む                  

むっちり清楚な女

「若いんだから……こんな、私みたいなおばさん」 「そんなこと関係ない」 「……だめよ」 だが情熱的な青年の抱擁を受け、熱いキスを落されれば、年上の女の抵抗は弱い。青年の告白に思わず 「私も寂しかった」 そんな台詞が漏れてしまえば、二人はもう止まらない。禁断の年の差を越えた、濃厚な不倫セックスが幕を開ける。縺れ合いながら脱がされて行く年上の女。そのムッチリとしたグラマラスなボディが見事。脂の乗り切った堂々とした肢体。迫り出す乳房。官能味に溢れる肉体は周囲の空気を官能に染め上げ、部屋には女の甘い喘ぎ声が立ち込める。経験を積んだ年上の女。繰り出す性戯の数々が何ともエロティック。ひたむきな青年の突き上げに、淫らに幾度も昇り詰めれば、青年に跨り腰を使う様は、清楚な美貌との落差が卑猥。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング