官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:エロティックボディ

殺しの女

グラマラスな肉体が眩しいエロティックボディの女捜査官。剥き出しにされた豊かなバスト。剥ぎ取られたパンツ。逆に敵に捕まり力尽くで荒々しく犯される姿は、既に犯される快楽に堕ちている様でもあり。軍服姿の男に後ろから突き上げられれば甘い声を漏らし、堂々たる乳房を揺らす様がエロティック。もはや、自らその愉楽を求める様に腰を使い、更には、貫いていた怒張に濃厚に舌を絡め、もっと欲しいか?何が欲しい? と問われれば 「オチンチン」 と恍惚とした眼で訴える。犯され軽く昇り詰め、そして抜かれた男根をしゃぶり、肛門も露わな四つん這いで尻を突き出せば 「もっと欲しい」 と強請る様は卑猥そのもの。男の首に手を廻し、「あぁぁっ……だめ、逝っちゃうッ!」 ひと際高い絶頂へと昇り詰め、それでも犯され続ければ、再びの絶頂の声を放ち、その美貌に男の精を受ける。敵を欺くには自らその快楽に浸りきる気丈な美人捜査官。だがしかし、精を放った男の性器を口唇で清めつつ、その心は折れてはいない。

               続きを読む                  

完璧ボディ

釣鐘型の乳房が眩しいエロティックボディの絶世の美女。最初は社長に強いられた嫌々ながらの奉仕……。だがれそれは何時しか……。その背徳の快楽に女盛りのメリハリの効いた肉体は抗えない。逞しい男根にネットリと舌をからめて舌先に躍動を感じ、更には音を立ててしゃぶり、喉奥にまで咥え込めば、美女の意識は官能色に染め上がる。「オチンチン入れて下さい」 命じられるままに淫らな懇願を口にすれば、自ら股を拡らき、そのクールな美貌とは裏腹の黒々とした陰毛を晒して 「……入れて」 譫言の様に漏れる吐息が悩ましい。「はぁぁ……ん、ああぁぁっ」 滾る怒張の挿入にその美しい顎が上がれば、官能味に満ちた堂々たる女体は快楽へと堕ちていく。男に跨り肛門も露わに使う淫らな腰つきは卑猥そのもの。撓る美しい背中。下から突き上げられれば釣鐘型の巨乳が乱舞する。快楽を貪るゴージャス美女のハードセックス。

               続きを読む                  

マッサージで感じる女

「……恥ずかしいから」 ショーツ一枚でオイルマッサージを受ける美熟女。脂の乗ったしなやかなボディがオイルにヌメヌメと光る様が卑猥。施術師が女性である事に気を許した人妻美熟女は、始めのうちはエステシャンの語り掛けに軽く応答していたものの、肌を這いまわる手の動きは余りにエロティックで。敏感な肌にはサワサワと甘い性感が拡がって行く。女のツボを心得たその指使いは巧妙かつ狡猾で。〝えっ?な、なに?〟そう思った時にはもう遅い。不意に重ねられた唇に思わず応えてしまう。そしてショーツの上から秘部を撫ぜ回す女の手。この辺も、濡れちゃってますよ? 反応を知られてしまった人妻が、顔を背け 「恥ずかしいから」 とだけ答えれば、よろしいんですか? そんな事云っちゃって。意地悪く囁く若い娘。大丈夫、誰も来ませんから。そう云いながらショーツが奪われる。そうなってしまえば、もはや年若いエステシャンのなすがまま。「んっ、んんっ……ぁぁぁ」 巧妙な指戯に美熟女の悩ましい吐息が漏れる。「あっ、……あぁっ、うっ、あっ」 敏感な個所に触れられるたびに肢体がビクンと震え、糸を引く様な甘い声が漏れてしまう。その反応を愉しまれているのが悔しい。けれど 「恥ずかしい」 と答えるのが精一杯。「あぁぁーっっ……ぁぁ」 激しくなっていく指使いに身体がヒクヒクと震える。年下の同性の施術師に嬲られている感覚が人妻の脳を焦がせば、ほら逝きなさい、とばかりの指姦に美熟女は背筋を撓らせビクビクと昇り詰める。

               続きを読む                  

麻酔プレイの女

妊娠してしまった著名な読者モデル兼デザイナーの美熟女。だがその妊娠は決して望んだものではなく。医師に中絶を申し出るが……その医院の医師は悪徳な秘密会員制クラブのメンバーで。それは診察を受けた著名人の治療中に恥ずかしい写真を隠し撮ったり、更には手術の際に局所麻酔をかけ顔を隠して輪姦すると云うもの。全裸に剥かれた聡明そうな美熟女。その裸体は迫り出した乳房が印象的な歳に似合わぬエロティックボディ。素っ裸で乗せられた診察台。大きく股を拡らいて恥部を晒したその下半身、そして首から下には既に麻酔が効いている。リラックスの為に耳にはヘッドフォンで音楽が流され、首許をカーテンで仕切られれば、美熟女は何も知る事など出来はしない。平然と天井を見詰めて治療が終わるのを待つ美熟女の憐れ。その肢体には男達の無数の手が這いまわり、更には次から次と犯されて体内に熱い精液を注ぎ込まれてしまう。それに気付きもしない無表情な女。カーテン一枚で仕切られた、その美貌と施される卑猥な行為とのギャップのエロス。

               続きを読む                  

老人と寝る女

全裸で老人の性器をしゃぷる妖艶な人妻。ほど良く脂の乗ったその肢体は艶やかに色めき豊かな乳房は官能味に溢れて……。勃起不全の夫。野太く隆々とそそり勃つ義父の男根。秘かに女の欲望を燻ぶらせた人妻は、運命と云う名の必然に導かれ……。一糸纏わぬ裸体を揺らし、喉奥まで老人の怒張を含む濃厚な口唇奉仕。深い抽送を送りつつ、なかでは細かく蠢く舌先。唇をはずせば茎胴にネットリ舌を絡めて舐め上がり、蛇頭の様に傘を開いた義父の亀頭のエラの溝にも舌を這わせる。喉奥を突く熱杭の逞しさ、舌に案じる熱い躍動……「お義父さん、私、我慢できない。もう入れたいッ!……入れたい。お願い」 潤んだ瞳で上目遣いに強請る人妻。「もう入れたい、我慢できない」 焦らす義父に伸し掛かり 「もう入れちゃう」 と腰を沈める人妻。「ああぁぁっ……気持ちいい」 陰裂を割り裂き、膣道を擦り上げて侵入して来る剛直に、溜息にも似た深い喘ぎが漏れる。老人に跨り淫靡に畝る嫁の裸体が淫らにエロティック。性感に素直に反応する女体。そして妖艶な腰使い。老人と交わる妙齢な人妻。その姿が何とも云えず卑猥。

               続きを読む                  

湯煙り美人女将

老舗旅館の美人若女将。気丈で肉感巨乳な若女将だが夫はいない未亡人。苦しい経営。そこに付け込む組合長。「判るでしょう? 子供じゃないんだから」 辱められる為に自ら布団を敷かされる屈辱。乳房を嬲られ 「あっ……んっ」 そこへ押し倒されれば弄られる女体。思わず甘い声が漏れてしまう。その脚が拡らかれる、それだけでも恥ずかしいのに、尻を持ち上げられた四つん這い。下ろされるショーツ。まず尻の穴が、そして秘裂が……。「は、恥ずかしいです」 男の眼に、女の構造が男の晒されたのが痛いほど判る。「しばらく鑑賞していいですか?」 それはもう辱め以外の何物でもなく……。だが、恥ずかしい、そう思えば思うほど、割れ目に熱いものが滲んでしまう悔しさ。そして、着物を奪われ欄間を握っているように命じられる。両手を頭上に掲げた裸体をサワサワと這いまわる男の手。「はっ……んっ、あっ……うっ……あ、ああぁっ」 波紋の様に全身に拡がって行く性感に、肢体がくねり声が漏れる。白い足袋が爪先立ちになり身悶える様が卑猥。散々に嬲られれば、既に若女将の肉体は火柱の様に熱くなり、意識は官能に染め上がる。云われるままに勃起に舌を絡めれば、その熱さに頭の芯まで侵されて。自らの手で尻を拡らかせられる。その恥辱が官能に拍車を掛け、男根でなぞられる女の肉の割れ目。しなる背筋。「ああっ、んあっ」 硬い熱杭に陰裂を抉られれば声を奪われ、そして引き抜かれる男根。 快楽に蕩けた若女将の女体。その唇から洩れたのは 「……ください」 切ない陥落の台詞。

               続きを読む                  

枕営業の女

肉感的なエロティックボディが眩しい、色白でむっちり巨乳が見事な美人妻。枕営業での屈辱的なセックスに普段以上に興奮してしまう。自ら男に跨らされて腰を使えばプルンプルンと巨乳が揺れて、突き上げて来る快感に甘美な悲鳴をあげる。「逝くところ見せてみろ」 そう命じられれば快感に導かれるまま、必死で尻を打ち付ける。脳天にまで突き刺さる性感。「い、逝きそう……だめっ……駄目ぇっっ!……逝っ、く……ッ!」 恥を晒す様を下から男に見られつつ激しく昇り詰める。それでも果てる事のない男根を、快楽に呑み込まれた人妻は恍惚とした意識のなかで 「欲しい」 そう強請って幾度となく絶頂へと押し上げられてしまう。「私の顔に……たっぷりサインして下さい」 命じられるに口走れば、ひときわ激しいストロークに 「もうっ、もうっ……駄目ぇっっ!」 美しい顔にたっぷりと男の精を浴びる。

               続きを読む                  

我慢できない女

男に跨り形の良い巨乳を揺らす美人な人妻。色白で滑らかな肌。括れた腰つき。そしてツンと上を向いて尖る見事な乳房が眼を引かずにはおかない。無論、迫られれば男に断る術などありはしない。貪欲なまでに激しいセックスを展開する女の肢体は、その淫らな性戯と相まって、よりいっそうエロティックに映える。日頃の満たされない欲求……沸沸としたそれはひょんな事で人妻の緊張の糸をプツリと切り落す。堰を切ったかの様に乱れ腰を使う人妻は一心不乱に快楽の身を追い求めて……。寝取られているのか寝取っているのか、それは誰にも判らない。男の精を顔に受け、ハッと我に返った人妻は 「ごめんなさい……つい、我慢できなくて」 男が文句を云うはずなど何処にもなくて……。

               続きを読む                  

筆おろしの母

グラマラスで美人な母親が実の息子の性の筆おろし。ほど良く熟した官能味に満ちた肢体から迫り出す巨乳が眩しい母親。ショーツを脱いで股を拡らき、息子に性器を見せて女の構造を説明する様が何とも卑猥。経験のない息子への手解き……。だが息子の性器を口唇に含んで育て上げ、その怒張に跨れば、動き出す腰が止まらない。クイックイックイッと淫らにくねり、そして激しく打ちつければ揺れる乳房が悩ましく、込み上げる快感に切ない喘ぎ声が切迫する。「んっ、んんっ……あぁぁッ!」 自らの腰使いで身体をガクガクと震わせて昇り詰め、息子の上にしなだれかかる様子が生々しい。更には自ら四つん這いの獣の姿で突かれる事を懇願し、「ぁっ、あっ、……んんッ!」 痙攣する様に絶頂する様がエロティック。セックスを教えながら快楽を堪能する清楚で美人な母親の肉体が印象的。

               続きを読む                  

義兄と寝る女

最初は強姦される様に犯された肉感的で巨乳な人妻。義母の世話に訪れるたびに義兄に犯される日々。嫌なのに……。「だめ…お義兄さん……やめてッ!……あっ、ああっぁ」 風呂場で襲われた愛らしい人妻の悲鳴が、切ない喘ぎ声に変わるのに時間はかからない。「俺は、弟の嫁に嵌っちまった」 そう独り言ちる義兄だったが、それは義理の兄だけに云える事だったろうか。「んんっ……あぁぁっッ!」 容易く指姦で逝かされれば 「駄目です。お義兄さん」 そう云いながら、差し出された巨根にネットリと舌を絡め、喉奥深くまで咥え込んで抽送を送る人妻の裸体が淫靡。更には寝入れる弟の前でも手を出して来る義兄。巧みな性戯に翻弄される若妻。別室で全裸に剥かれれば、快楽抗う事など、女盛りの嫁に出来はしない。絡み合い交わる二つの裸体。人妻の、脂が乗り、官能味に満ちた堂々としたゴージャスボディが畝り、浅ましく男根を貪り、淫らに腰を使う様がエロティック。揺れる重たげな乳房が圧巻。

               続きを読む                  

逝かされ責めの女

脚を拡らき全裸で縛られたエロティックボディな美女。顔を上げれば多くの観客の無数の視線。こんな姿を見られているだけでも恥ずかしい。それなのに縛られ恥ずかしい格好に固められ、身動き出来ぬ身体を嬲られ、無理矢理の性感に女の声をあげる姿まで見られるなんて……。徐々に激しくなって来る指の刺激。その指を溢れかえる熱いものが濡らすのが判る。〝ああっ……は、恥ずかしい〟思わず顔を伏せれば 「ああっ……だ、だめッ」 突き上げて来る得も云われぬ甘い刺激に顎が上がる。その情けない顔を同性にまで見られる恥辱。「もっと厭らしくなったところが視たいわね」 「もっと壊れちゃいなさいよ」 女達の揶揄いが胸を抉る。だが縛られた身では刺激から逃れる事など出来はしない。快楽に恥を晒す様など絶対に見られたくない〝いやっ……もうッ、もうッ〟だが既に自分の身を苛む性感に切羽詰ったところまで追いつめられているのが判る。我知らずと太腿がフルフルと震えだす。「だめっ……い、逝っちゃう……気持ちいい」 思わず恥ずかしい言葉が唇を付けば 「やらしいわねぇ…」 湧き起こる嘲笑が女の意識を羞恥に灼く。「あぁぁーっっ!!…い、逝っ、く…ッ!っ」

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング