官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:スレンダー

20160419_1

「奥さん……やらしい顔になって来たね」 犯される様に関係を持ってしまった男。嫌なのに……けれど、意に反して肉体は反応し、浅ましく絶頂に達してしまえば、その関係すらもが男から逃れられ音から逃れられないない理由になる。ブラウスを肌蹴られ、屹立した乳首を転がされれば、否が応にも愛らしい若妻の顎が上がる。全身に波紋の様に拡がる甘美な刺激に、不覚にも意識が官能に曇る。秘所を暴かれ、女の構造を確認され、その秘唇を左右に開かれる羞恥。既に火照った女体はその恥ずかしさに陰裂に熱いものを湛え、それを指摘されれば恥辱の意識が、また人妻の女体を嬲る。激しい指姦に昇り詰めれば、反り返る男根に吸い込まれる様に唇を寄せ……そして。

               続きを読む                  

言い成りの女

絶対にバラされてはならない秘密。可憐な美貌の女子社員はそんな弱みを握られれば「じゃあ、ここでストリップして見せろよ」出来る訳ない。だが、弱みの画像を見せられ、誰かが来る前にと急かされれば……ブラジャーを外し、ショーツに手を掛ける。露わらなった形の良い美乳。顔に似合わぬ黒々とした陰毛。これで済まない事ぐらい、裸になった時点で判っている。それでも迫られれば嫌々と首を振って抵抗する様が切ない。好きでもない男の性器を口唇に含む惨めさ、脅さられて裸になって辱められる被虐感、何故か女の底が熱く潤む。強引に後ろから貫いて来る男根が巻き上げる性感。愛らしい乳房を揺らし、せめて声を漏らすまいと唇を塞いで耐える様がエロティック。

               続きを読む                  

美人妻の性欲

「私みたいな、おばさんでも興奮するの?」 せっかくの休日にも夫に構って貰えぬ清楚で美人な若妻。ふと眼にしたのはネット販売の電動性具。健康な人妻の肉体が、それを眼にして反応しないはずなどない。そこへ訪れたのは、宅配サービスの若く可愛い男。性欲を持て余した人妻が、自分を抑える事は難しく。肌をチラチラと晒して誘惑すれば、反応してしまい戸惑う男のズボンを下ろす。そそり立つ野太い怒張。堪らず唇を寄せる人妻。その淫らさが品の良い美貌との落差を醸し何とも云えずにエロティック。堰を切った女の官能。自ら寝取られれば、淫らに乱れて痴態を晒し、突き上げに激しく絶頂する。

               続きを読む                  

辱しめの捜査官

囚われの父親を救出する為に敵の組織に忍び込んだスレンダー美乳な女捜査官。だが組織の男と差向いになれば立場は弱く。ボディチェックの為にストリップさながらに、自ら全裸にならねばならい屈辱に耐える。更には女陰の内部まで検められる恥辱。だかそれも耐えれば 「ねぇ……居場所を教えてくれたらいい事してあげる」 頷く男に従順に跪く女。陰茎にネットリと舌を絡め、喉奥深くまで咥え込む口唇奉仕。そして男を満足させる為の濃厚なセックスがエロティック。更には射精した男根に舌を這わせて清めて行けば、油断した男を事もなげに仕留めるが……。捕えられれば一人殺している身。自分の身に降りかかる災厄を思い知るしかない女捜査官。

               続きを読む                  

売られ女の快楽

お前は売られたんだよ。不意に侵入し襲いかかってきた男が告げた残酷な現実。俄かに信じられない。だが現実に男は家に入って来た。しかし、そんな事は関係ない。「いやっ……来ないでッ! 放して」 必死に抵抗し逃げ惑う美女。だが力尽くで捕まえられれば一枚また一枚と剥ぎ去られて行く衣服。毟り取られるショーツ。それでも抵抗を諦めない女が無理矢理に押さえ付けられる様がそそる。秘部を暴かれれば加えられる巧みな性戯。健康な女の肉体が反応してしまうのが悔しい。「あ、いやっ……あっ、んんっ……ああっ、そ、そこは嫌ッ!」憎らしいほどに女のツボを知り尽くした男の手管に生々しい女の声が漏れるのを堪えられない。そして奉仕を拒んだ美しい頬が打ち据えられれば……。

               続きを読む                  

屋根裏の恋 波多野結衣

殺されたホステスが住んでいたと云う曰くつきの部屋に引っ越してきた青年。その孤独で気の優しい男が見つけた愉しみとは。簡単に屋根裏に上がれる構造の安アパート。その屋根裏から隣室の夫婦の痴態を覗き見る事だった。澄ました女の淫らな行為を盗み視る事に悦びを見い出した青年。しかしその夫婦はすぐに越してしまう。が、その後に入って来たのは美人ホステス。天井裏から覗き見た女の性行為。脚を拡らいて縛られた裸体。晒された秘部に塗られる媚薬。弄ばれ叩かれ辱められて悦びの声を噴き零し、羽根箒で嬲られれば淫靡に身悶える女。淫らに挿入を懇願をれすば中出しの宣言を受け「それだけは、堪忍して」 と云いつつ体内に精を受ける様がエロティック。被虐の性癖を持つ女に青年はいつしか恋に落ちる。そんな男の趣味は、無論、女も気付いている。叶わぬ恋。だが覗かれつつ辱められ興奮する女。愛する女が嬲られる様を天井裏から覗く男。

【歪んだ性癖を持つ女に恋した青年が、その痴態に興奮しつつ恋に落ち、女は痴情の縺れと共に前に住んでいたホステスと同様に……。と云う展開は、ストーリー的にもエロス的にも見るべきものはない。だが、卓越しているのは、ディテールの設定である。その美貌からは想像もつかぬ背徳の性行為を望む女の、妖艶な痴態を屋根裏からのアングルで覗くエロティックさは何とも云えない。ましてや、それは主人公が行為を寄せる女。その女が、いたぶられ、嬲られ、辱められる様を真上から見る映像が堪らない。更には、緊縛された美しい裸体。媚薬に身悶え、羽根箒で嬲られれば妖しく畝り 「……堪忍して】犯されれば、せめてなかでの射精は避けたいと懇願しつつ、で叶わぬ被虐。視線が織り成す切ない情念。女が表情も良い。細部に拘った情感あふれる名作】

               続きを読む                  

懇願する女達

何故こんな男達に嬲られなければ……。全裸で緊縛され性の辱めを受け続ける女達。だがそんな思いも、気丈なプライドも、身動き出来ぬ身に一方的に性感を与えられ続け、そしてついに耐えきれず昇り詰めようとした、その刹那、刺激を奪われ梯子を外される調教を続けられれば、脆くも崩れる他ない。「逝きたいッ!逝かせて」 「もう少しで……意地悪しないで」 「……逝かせてください」 スレンダー美乳とグラマラス巨乳な裸体とが対比を為して嬲られ悶え、不条理な責めに屈して懇願する様がそそる。それを揶揄われた挙句、恥辱のなかで、ついに不遜な男達に絶頂へと押し上げられれば、待っていたのは……。

               続きを読む                  

羞恥の女

「いやッ!…やめて……見ないで」 両手を頭上で括られて吊られたスレンダーな美人女教師。小振りながら形の良い乳房は既に露わに晒されて。〝こ、こんな事って……〟あろう事かここは職員室なのだ。それなのに……。しかも生徒達の前で。いや、自分の教え子達の手に手伝われて、裸体を晒さねばならない羞恥。縛られた両手。逃れる事も出来ないまま、同僚の同性の女教師の手がショーツに掛かれば悲鳴が漏れる。〝あぁぁっ……い、いや〟スルリと下ろされれば黒々とした陰毛が現れ皆の眼が集中するのが判る。更には同性によって恥ずかしい女の構造を確認され、評価され、そして指で嬲られる恥辱に肢体が震える。「嫌がってる割に、感じてるんじゃないですか?」 羞恥に火照る女体の反応まで揶揄われる被虐に、美人女教師の意識は白み、乳首が尖る。

               続きを読む                  

気付かれても良い女

「……ここでしたい」背徳の不倫の蜜に味をしめた絶世美人の美乳妻。テーブルで伏せって寝込む夫の脇で男を誘う。気付かれるかもしれぬスリルに魅せられた美人妻はその官能に抗えない。自ら取ったリスク。それが紡ぐ興奮。寝ている夫のすぐ後ろで、他人の男に嬲られるままに晒す淫らポーズ。〝こんな姿を見られたら〟そう思うだけで身体の芯が熱くなる。そして男の巧みな指戯。下腹から込み上げる性感に女の意識が白む。更には、すぐ隣の寝室の夫婦のベッド。背後に夫の気配を感じながら男に貫かれる愉悦。突き上げられつつ激しく尻を打たれれば、その音で夫が起きるかもしれない。打たれる惨めさと送り込まれる快楽に抗えない。跨っては淫らに使う腰つきが卑猥そのもの。そして人妻は、ついに破滅への官能に侵される。眼醒めた夫。「お願い……やめないで」

               続きを読む                  

縄に酔う女

内庭に面した日本家屋の離れ。午後の陽光が背後に眩しい。開け放たれた障子。うつむき加減の浴衣の美人。その帯が解かれ胸許が肌蹴られれば衣擦れの音が艶めかしい。晒された美しい女の肌。形の良い乳房。その裸体に掛けられて行く縄の刺激に女の肢体が畝る。絞り出された美乳は歪み、口唇には手拭いが噛まされて。その白い肌に落とされる真紅の蝋。揺れる炎が秘かに妖しく揺らめけば 「んんっ」 熱さに呻く女の声は艶やかで。肌に喰い込む縄の厳しさ。不自由な形に固められたスレンダー美乳な女体に、一方的に与えられる痛苦に女の美貌が歪む。猿轡越しに漏れる女の呻き。女の底が被虐の愉悦に熱く濡れれば、更に恥ずかしい姿勢でその場所にも……。

               続きを読む                  

20160213_3

元はと云えば力尽くで無理矢理に自分を犯した男。しかし、その男を家に上げてしまっている自分は何なのだろう? 〝こんな事あっていい訳ない〟逡巡する若妻の苦悩が切ない。だが与えられた深い快楽。夫にはない丹念な愛撫。自分に欲情しそそり勃つ熱くて硬い男根。そして情熱的な抽送が巻き起こす愉悦。唇を奪われベッドに押し倒され、「奥さん……好きです」 の言葉に心が砕ける。肌蹴られた胸許から零れた乳房に舌を這わされれば身体が痺れ、抱き竦められ熱心にまさぐられれると、全身に拡がる淡い性感。再び唇を奪われれば、人妻の脳裏は官能に霞む。「……ぁぁぁっ」 男の愛撫に溶けて行くに女体。もはや自分を抑える事など出来はしない。〝こんな事いけない〟微かに残るそんな意識さえ燃え上がった若妻の官能を刺激し、与えられる性感に拍車を掛ける。男の性戯に応える様に自らも男に奉仕すれば、淫らな姿を午後の陽光に晒し、「あっ、あっ、あぁっッ!」 夫婦のベッドで他人に抱かれる人妻の甘美な声が寝室に響き渡る。男に跨り悦楽に喘ぎ、淫らな腰使いに揺れる美乳がエロティック。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング