官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:人前で

陰部を晒す女

普段仕事しているオフィスのデスク。どうしてこんな事になってしまったのか判らない。〝私が何をしたって云うの? 私が悪いの? もしそうなら謝るから。……こんなのって〟奪われたスカート。肌蹴られたブラウス。そして剥ぎ取られた上下の下着。その相手は同僚や自分の部下達で。事もあろうにデスクの上で、両の手首足首にロープが繋がれ、両手はおろかショーツを奪われた下半身は両脚が左右に大きく開かれて。〝あぁぁっ……い、いやッ、見ないで〟美しい顔に似合わぬ黒々とした陰毛、女の肉の割れ目、そして絶対秘匿の肛門までもが、あからさまに衆人環境に晒される。恥ずかしいなどと云う次元ではない。相手は普段の仕事仲間達なのだ。〝いやぁぁ〟気がおかしくなりそうな羞恥の熱が女性社員の意識を侵す。恥ずかしいと思えば思うほどに身体の芯が熱くなる。更には、その拡らかれた肢体が皆の手によって引かれ回転させられる屈辱。暴れて逃れようにも強い力で四方に引かれれば女の力ではどうにもならない。男達だけではない。同性の女達にも嬲られる恥辱。陰部を晒し鑑賞されつつ引き回される女性社員の被虐のエロス。

               続きを読む                  

セックスモデル夫婦

夫婦で美術デッサンのヌードモデルの仕事に応募した愛らしいスレンダー美乳な若妻。だがそれは、いつしか夫婦の情交シーンのスケッチへと変わっていき……。凝視する絵描き達の好奇に満ちた視線が妻の羞恥を煽る。〝は、恥ずかしい〟そう思えば思うほど身体が熱く火照る。エスカレートするポーズの要求。〝そんな事、出来る訳ないッ!〟形だけでいいからと男根奉仕の姿を求められると逡巡する人妻がだが、仕切の女にやらなければ報酬は出ないと云われれば、ここまで耐えた努力が不意になる。形だけと云われても唇を寄せれば相手は夫。そうとも行かずに人前で奉仕を披露してしまう妻。そして妻の反応を愉しむかのように秘裂を嬲る夫の舌使い。「ぁぁっ……んっ、ぁぁっぁッ!」 絶妙な夫の性戯に込み上げて来る性感。耐えられずに唇を外して感じ入ってしまう妻の痴態がエロティック。更に求められるのは夫婦の愛の行為。決して衆人環境で行うものではない。その異常さが官能に侵された人妻の意識を嬲る。躍動感を求められれば、激しいストロークを送り込んで来る夫。「ぁぁっ……う、あぁぁーッッ……あっ、あッ」 肢体に突き刺さる無数の好奇の眼。それが貫かれる性感を幾倍にも増幅させる。〝こんな、恥ずかしい……あぁ、それが感じる〟男根を締め付ける柔襞の感覚に妻の興奮を知れば、夫の抽送はいよいよ激しくなる。あまりの性感に失禁してしまう美人妻の羞恥の身悶えがそそる。

               続きを読む                  

レズ浣腸の女

サディスティックな年上の女に魅入られ心を奪われたスレンダーな若い女性。身に纏うものは既に下着だけ。両手はX字の磔台に繋がれ、後ろ向きでやや腰が突き出された情けない姿。「またこんな可愛い娘、捕まえて来たんですか?」 ひとりの女がそう云えば、こうされるのが自分だけでない事が身に染みる。だが、その惨めさにさえ、何故か心が震えてしまう。「虐めて欲しいの?」 そんな問いかけに甘える様に頷き、意識を恍惚へと追いやり屈辱に耐えるのが精一杯。与えられる甘い接吻け。だがブラジャーが奪われれば 「こんなに乳首ビンビンにして」「もう感じてるの?」 どうしようもない反応まで云い募られるのが切ない。裏腹に与えられ続ける甘美な性感。ショーツを奪われれば 「可愛いお尻。凄い綺麗」 「もう欲しいの? ヒクヒクしてるよ?」 「なんで脚がこんなにガクガクしてるの?」 そう。期待してしまっている自分が恥ずかしい。それを殊更に云われれば頭の芯が熱くなる。「もう、我慢できないんだよねぇ? 何が欲しいの?」 〝あぁぁっ……やっぱり〟人前で排泄する頭の中が真っ白になる様な屈辱感。その悦び。だがその異常な性癖を認め、自ら云わされる辛さ。それにすら昂ぶる惨めさ。「……浣腸してください」 肛門に刺さる浣腸器の嘴管の冷たさに心が震える、そして自分が晒すであろう恥を思えば……。

               続きを読む                  

屈辱謝罪の女達

「私に何か出来る事はありますでょうか?」 取り返しのつかない仕事のミス。得意先を窮地に追い込んだ責任。既に謝罪は尽くし、眼の前で上司は土下座をしている。「なんでもするんじゃないのかよ?」 そう云われれば、男達の命令に従う事しか出来はしない。上着を脱ぎ、ブラウスまで脱ぎ、上半身ブラジャーだけの姿となってテーブルの上で土下座する肉感巨乳な女子社員。だがそれで許される訳もない。「自分がやった事わかってる?」 更に追い打ちを掛ける男達。スカートを脱げと命じられ、下を向き、唇を噛む緊張した女の様がそそる。下着姿となり云われるままに尻を突き出せば、自らショーツを下ろし尻を晒す屈辱。更に命じられる口唇奉仕にすら、オズオズと従う様が憐れ。だが……そうなってしまえば、もはや女達の運命は……。上司ともども男達によって良い様に凌辱される女達。〝ありえない、こんなこと〟そんな思いが犯される女達の官能を煽る。その被虐の意識と与えられる肉体への刺激。嫌なのに……。快楽に放つ女達の喘ぎ声が切ない。

               続きを読む                  

M覚醒した女

輪姦されて調教を受け被虐性欲に眼醒めてしまった愛らしい女子社員。軽蔑していた工員達に珈琲を振る舞えばモジモジとし始め 「……今日は社長、直帰です」 それが何を意味しているのかは誰の脳裏にも明らかで。テーブルの上で服を脱ぐ女子社員。男達の眼の前で素っ裸になる羞恥に身体が火照る。秘部を見られる恥ずかしい官能がゾクゾクと女を嬲れば顎があかる。そして始まる恥辱の儀式。スレンダーなボディに美乳が眩しい、瑞々しい肢体に打たれる縄。絞り出される乳房、後ろ手に縛られた両手、そして、堂々とした太腿に巻かれた縄が、片脚を高々と吊りあげる。晒された陰毛、女唇、尻の穴まで隠す事など出来はしない。惨めな姿に固められた恥辱、見られる羞恥、それらが女の官能を煽れば、纏りつく男達。「あっ、ぁぁぁっ」 与えられる刺激に甘い声が上がり、動けぬ身体に電動性具が充てられれば 「ああっ、ぁぁぁッ、……あ、あっ、あッ!」 と切羽詰った声に変わる。昇り詰めて終わりではない。その状態で尻の穴を浣腸器の嘴管が抉る。たっぷりと注ぎ込まれる薬液。間断なく与えられる性感。片脚を掲げた爪先立ちで、男達の眼の前で排泄する可愛らしい女性。

               続きを読む                  

脱糞美熟女

辱められる為に全裸で正座をする端正な顔立ちの美熟女。その身体に厳しく縄が打たれて行く。それを望んでしまう自らの感性を呪うしかないと云う様に、なされるが儘に縛り上げられて行く様が切ない。これから為される事など判っている。それなのに逆らう事も出来ずに自分から……。そして、想像しただけで熱いものが秘裂に滲むのが惨め。その不自由な姿勢で、命じられる儘に頭を落して尻を突き出せば、両脚までもが縄で固められる。何処を見られていのかが痛いほどに判る。尻の穴が空気に触れる感覚。そして、その様を言葉で評される羞恥に身体の芯が火照る。「ぅぅぅっ」 尻の穴に侵入して来る異物……悍ましい感覚に声か漏れる。「うっ、ああぁぁ」 更に……判っている。云われなくとも。この姿勢でさせられる事など。死ぬほど恥ずかしい行為。女として、いや人の尊厳すら奪う行為。それなのに……それを望んでいる自分がいる事も……「うっ」 肛門に突き刺さる嘴管の冷たい感触。薬液の入って来る重い感覚。「で、出ちゃう」 「もう、入らない」……〝あぁっ〟堪えられずに漏れ出る薬液。「とめろッ」 そう云われても……。情けなさと恥ずかしさで脳裏が灼かれる。「ウンチさせて下さい」 人前で、人に見られながらの排泄を、自ら強請る恥辱のなかで、死んでも見られたくないものを吐き出す女。

               続きを読む                  

大股開き浣腸

真紅の蝋に彩られた艶やかな肢体。全裸の女体に施されたいつ果てるともない調教が、やっとおわっかと思えば、両脚を左右に大きく拡らいて吊るされたグラマラスな女。マスクの男の手にしたものが否が応にも視界に入る。〝あぁぁっ……〟絶望的な想いが女の背中に拡がって行く。それが何に使われるものかなど、嫌と云うほどわかっていて。……浣腸器。白い薬液。そんなものを入れられたら。しかも、この姿勢。股を拡らき、女陰はおろか肛門まで。耐えれば許されるものなら救いもある。だが、死ぬほど恥ずかしい排泄を見られる為に施される浣腸。それが判るのが辛い。「ひッ」 男の指が背徳の門をなぞる。我が身に起こる恥辱を思えば悍ましさに戦慄が走る。「……ああぁっ」 体内に薬液が入って来るのが判る。どうせ逃れられない恥。だが込み上げる便意に耐える他ない女の憐れ。人前で排泄し、それを見られる。音を聴かれる。匂いを嗅がれる。そんな事に慣れる女などいない。 結末を知りつつそれに耐え、限界を知れば 「ああッ……ごめんなさい」 と謝る女の姿がそそる。

               続きを読む                  

潮噴き少女

「い、云わないでッ!」 後ろ手に緊縛された少女の様にあどけない女性。「何で濡らしいるんだ?」と問う男に云わないでを繰り返し、首を打ち振る。ショーツに忍び込んだ男の手が女唇を嬲る。「ああっっ……い、入れちゃ嫌ッ」 なぞられ擦られただけで腰が蕩け出す様な性感が。フルフルと震える肢体。そしてショーツを奪われれば、カメラに向けて開かれる両脚。晒された女の秘部。「いやッ……見ちゃ駄目。そんなに見ないで」 恥ずかしさに溢れる熱い蜜。「いやっ……触らないでッ……気持ちいいけど、おしこっ出ちゃう」 込み上げて来る堪え様の快楽。自分の身体。「ああっーッ!いやぁぁ」 あまりの刺激に、強引に絶頂に押し上げられれば恐れていた失禁まで……。「ごめんなさい」 謝りながら羞恥に泣く様が憐れ。「お尻に恥ずかしいお注射下さい」……そうされればどうなるかなど判っている。だが云わされれば、注ぎ込まれる薬液。脚を拡らき、尻を突き出し、後ろ手に吊られた女体。「み、見ないでッ!」限界を越えれば耳を塞ぎたくなる様な恥ずかしい音と共に……。「いやぁぁぁッ!見ないで……あぁぁぁぁ」 排泄を人に見られる。あまりの恥辱に泣き出す様子がエロティック。

               続きを読む                  

被虐少女

愛らしい女学生。だが彼女に潜む秘められた性癖とは……。辱められる為に服を脱ぐ。……着衣の男達の前で。形の良い乳房が晒されればその胸を隠し、不自由な姿勢でショーツを下ろせば、チラリと見えた漆黒の叢を手で隠す。それをどけろと命じられ、見られる羞恥に火照る身体。与えられたのは首輪だけ。そして犬の様に散歩をさせられたのは……。いつもの学校がまるで違って見える。誰もいないはず。だがもし誰かが来たら。そう思えば四つん這いの肢体が震える。首に嵌った首輪。そのリードを引かれる屈辱。惨めに犬の芸をさせられる恥辱。誰かに見られるかも知れない恐怖。それらが彼女の陰裂を潤ませる。「誰もいない学校で……恥ずかしい事です」 「見られたりとか」 普段の性的な想像を告白する情けなさ。しかもそれは……恥ずかしい事をすると興奮すると云うもので……。見せられたのは浣腸器。どんな事を想像するかと問われれば 「恥ずかしい事」 それを実行すると云う宣言に逡巡する彼女の表情がそそる。その数分後……部屋に鳴り響いたのもの。それは人に聴かせられない排泄音と 「ああぁぁっ……駄目駄目っ……い、いやぁっ、……ッッ!」人前で排泄する恥辱に、彼女の頭のなかは真っ白に。

               続きを読む                  

20151209_2

教室で並んで全裸で拘束され、罰を受ける女学生二人。だが、その罰とは……。「んっ」愛らしい女学生の顔が歪む。「出すんじゃねえぞ」と怒鳴られ「はいッ!」と健気に応える様が切ない。尻たぶを拡らかれ剥き出しになった肛門に突き刺さる浣腸器の嘴管。体内に入って来る白い薬液。「…お…お腹痛い」と呻く様が憐れ。そこへ「あぁぁーーッ!」尻を打たれれば顎が上り、仰け反り返る背中。だが、それで終わった訳ではない。「も、もうッ……もう入らない」迸る絶叫。それでも「ケツあげろッ」と怒鳴られれば「はいッ!」必死で体勢を立て直す。「あぁァーっっ!!」再び尻が打たれ、容赦なく突き立てられる嘴管。「無理ぃっッ!……入らいない。もうっ、もうっ」切羽詰った悲鳴が上がる。「お願いしますッ」…が…許される事などなく更にもう一本が。限界を超えた女学生の肛門から一筋滲み出る薬液。「も、もう我慢ではない」そこへ充てられるマッサージ器。「いやぁぁっーーーッ」苦痛と同時に与えられる性感に身体が緩めば激しい排泄音と共に……。

               続きを読む                  

人前排泄の女

全裸で椅子に縛らり付けられた巨乳な美熟女。その反り返る美しい背中を鞭が打つ。一打ごとに噴き上がる切ない絶叫。痛みに身を捩って身悶えする事すら出来ない。動けなければ増幅する鞭の痛み。揺れる乳房。ただ耐える事しか許されない被虐に、熱いものが女陰に滲むのすら自分では気付けない。ようやく打擲が止まったかと思えば縛られたまま仰向けで吊られる片脚。濃密な女の叢。晒された女の構造。それだけではない。もっとも見られたくない肛門までが晒されて。その穴に感じる冷たい感触。突き刺さる浣腸器の嘴管。眼を閉じて薬液が入って来るのを耐える事しか出来はしない。「うぅぅっ……い、痛いッ」そして押し込まれる肛門栓。「痛い……く、苦しい」腹の中で荒れ狂う便意に必死で耐えるも、尋常ではない苦痛。それは最早切実で。出そうか?残酷に訊く男に「はい……出ます」そう答えざるを得ない恥辱。しかし、既にそんな事を云っているられる状況ではなく。〝ご、ごめんなさいッ!〟栓を抜かれた途端に少し漏れ出た薬液。羞恥に身悶え、男が用意した洗面器に排泄する安堵感。そして……人前での大便をするなどと云う恥辱に茫然となる女の憐れ。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング