官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:人妻

20160419_1

「奥さん……やらしい顔になって来たね」 犯される様に関係を持ってしまった男。嫌なのに……けれど、意に反して肉体は反応し、浅ましく絶頂に達してしまえば、その関係すらもが男から逃れられ音から逃れられないない理由になる。ブラウスを肌蹴られ、屹立した乳首を転がされれば、否が応にも愛らしい若妻の顎が上がる。全身に波紋の様に拡がる甘美な刺激に、不覚にも意識が官能に曇る。秘所を暴かれ、女の構造を確認され、その秘唇を左右に開かれる羞恥。既に火照った女体はその恥ずかしさに陰裂に熱いものを湛え、それを指摘されれば恥辱の意識が、また人妻の女体を嬲る。激しい指姦に昇り詰めれば、反り返る男根に吸い込まれる様に唇を寄せ……そして。

               続きを読む                  

20160405

「兄貴にバラしてもいいのか?」 夫婦の寝室に忍んできた義弟にそう脅されれば若妻の抵抗は弱い。犯してしまった過ち。けれどもう二度と……。そう誓ったはずだった。強引に肌蹴れて行く下着。露わにされる美乳。触れられただけで全身に淡い性感が拡がる。〝あぁっ……だめ〟すぐ隣では夫が寝ているのだ。それにこんな関係は。「あ、ぁぁっ」ついにショーツまで奪われれば、明るい部屋で大きく拡らかれる両脚。晒された女の構造を見られる羞恥に女体が火照り、肉の割れ目を舌先がなぞれば甘美な声が漏れてしまう。夫がいるのに……そんな意識が駆け上がって来る性の刺激に拍車を掛ける。官能に侵さたれ意識のなかで義弟の熱い男根に舌を這わせば若妻はもはや……。貫かれる快楽に責めて声を漏らすまいと必死に耐えつつ快楽に堕ちて。

               続きを読む                  

家族の前で犯される若妻

眼を醒ましてみれば縄で縛られ身動き出来ぬ身体。眼前には突き付けられたナイフ。見渡してみれば同様に縛られた義母。そして緊縛され暴力に晒されそうな夫。夫の身を守る為に身体を提供しろと迫る侵入者の男達。義母のなのか、自分なのか……。「私なら平気、あの子の為なら」 既に着物の胸許が肌蹴られ乳房を剥き出しにされた義母。更に押し倒されればその尻が無残に叩かれる。〝こんな事って……〟だが夫の身を守る為には、更には義母を差し出すような真似が出来る訳ない。「どうするんだ? 決めたんなら脚を拡らけ」 容赦なく追い打ちを掛ける男達。健気な若妻は息を飲み、唇を噛む。そして、ゆっくりと拡らかれる両脚。親族の前でショーツを奪われ恥部を晒される羞恥。家族の為に凌辱される、そう家族の為に。「あっ、んッ!ぁぁっ……」 だが与えられるのはあからさまな性感でしかなく。皆の前で辱められる被虐がその性感に火をくべれば若妻の肉体は……。

               続きを読む                  

20160305_1

椅子に縛り付けられた夫。その夫の眼の前で全裸に剥かれ弄ばれる熟女妻。夫が見ている……だが、その異常さに人妻の官能が蕩けていく。こんな事あり得ない。凌辱されているのに。そんな思いが被虐の官能に火を着ければ、他人の男の男根に魅入られ、頭の芯まで痺れて淫らに堕ちていく自分の浅ましさまでもが、官能に流された女体を炎上させてしまう。それに気付けば自ら夫の前で淫乱な女なりさがる。恥部はおろか肛門まで晒して怒張を咥え、自分から淫らな言葉を噴き零しつつ、犯される快楽に酔いしれる人妻。悔しさに塗れ、失意に満ちた夫の視線。その前で普段は見せた事もない痴態を晒して、獣の様に快楽だけを求めて腰を使う自分。異常さに堕ちた人妻のエロス。

               続きを読む                  

肉感巨乳な人妻

就職が上手くいかない義兄。心ない夫。肉感的な美人妻が、前々から憎からず思っていたそんな義兄と二人きりになれば……。「だめッ」 そう抗いつつも抵抗は弱い。巧みな愛撫に昂ぶる女体。「舐めたらやめてくれる?」 乞われるままに淡い抗いを示し、義兄の野太い怒張を口に含むグラマラスな人妻。「そうしたらやめてくれる?」 命じられる自慰に救いを求める巨乳妻。だが、そんな事をすればどうなるかなど、自分自身が一番よく判ってもいる。「あぁぁっ」 自ら快楽を紡いていた女陰を貫く義兄の熱杭。脊髄を駈け抜ける性感。耐えられるはずもない人妻。堰を切った様に官能の渦に巻き込まれ快楽に堕ちていく。むっちりとした肌に鈍く汗を滲ませ、ブルンブルンと乳房を揺らして展開されるハードセックスのエロス。

               続きを読む                  

寝取られに興奮する夫婦

何を云われても逆らえない事情を抱えた夫婦。夫の眼の前で犯される人妻は、快楽に我を忘れる他に何が出来よう。犬の格好で犯される自分の妻の姿。他人と交わる妻に性器をしゃぶられる恥辱の快感。「いっぱい突かれて気持ちいいの」 「あたな見てッ!」 自分の前では見せた事のない妻の痴態。夫の眼が見開かれれば、云われるままに惨めな台詞を口にして被虐の官能に意識を白ませるしかない人妻の憐れ。突き上げて来る性感と見られる興奮とに身を任せ、「あたな気持ちいいのッ……もっと、もっと、逝く、逝っく……ッ!」 幾度も肢体を痙攣させて昇り詰め 「おチンポください」 「精子下さいッ!」 他人の男に淫らに懇願する妻の姿に夫の男根は反り返る。

               続きを読む                  

騙される女

産婦人科で検査を受ける妙齢美乳な人妻。その真面目そうな顔立ちが何とも痛々しい。彼女が訪れたのは看護婦ぐるみの悪徳医院。そうとも知らない人妻の憐れ。神妙な面持ちで検査を受ける。内視鏡で膣内を見られる、それだけでも死ぬほどに恥ずかしい。だが、これは検査と自分に言い聞かせて耐える事しか出来はしない。「少し振動ありますね」そんな看護婦の声掛けに頷くが〝え? これ……って〟 聞き覚えのある振動音。〝はうっ〟その挿入に身体を貫く快感。確信めいたものを〝まさかね〟と打ち消せば〝こ、これは〟明らかな挿入感。得も云われぬ抽送の刺激。快感に耐えきれずに声が漏れれば看護婦にに塞がれる唇。取り除かるカーテン。そこで人妻が見たものは。〝ぁぁ、いやぁっ…ッッ!〟咄嗟に顔を両手で覆う人妻の様子が生々しい。

               続きを読む                  

むっちり美熟女

「私、もう後戻り出来ない」 知ってしまった不倫の味。淡泊な夫では味わえない濃厚な快楽。ムッチリとした肉感的な美熟女は夫の同僚との激しい情事から逃れられない。男に跨る美熟女妻の堂々たるボディ。脂の乗り切った熟れた肢体は官能味に溢れ、太く張り切った太腿、ユッサユッサと揺れる乳房が眩しい。妖艶に身悶え、淫靡に使う腰つきは卑猥そのもの。突き上げられれば、その快楽を少しも逃すまいとする様に、男の背中に両脚を廻してしがみ付き、激しく昇り詰めれば唇に男の熱い精を受ける。生々しく交わる淫らな情事。それはついに夫の居る自宅でまでも……。快楽に寝取られる美熟女。

               続きを読む                  

絶世美人妻

警戒はしていた。女関係も激しく強引な義父。だがしかし、まさかこんな事になろうとは。夫の留守。義父に強引に迫られたクールな美貌が印象的なグラマラス巨乳な美人妻。夫の父親であれば余りに激しい抵抗も……そんな逡巡につけ入られ。気付いてみればショーツを奪われ、恥ずかしい女の部分を確認され 「あっ、ぁぁぁ……あぁぁッ」 女慣れした巧みな指戯で嬲られて。〝こんな……だめ、ちょっ、……ぁぁぁ、い、いい〟 女の悦びを知り尽くした健康な人妻の肉体が反応しないはずもない。それを知られたうえに不覚にも逝かされ淫乱だと詰られれば、人妻の抵抗は背徳の快楽へと堕ちて行く。義父の上でゴージャスな裸体を揺らす人妻の肢体がエロティック。

               続きを読む                  

義父と交わる嫁

「ああっ、だめッ!……お義父さん、い、逝っちゃう」 可憐で愛らしいグラマラス巨乳な嫁。夫を送り出した途端に背後に忍び寄る義父。既に其処にはただならぬ関係が芽生えていて。言葉もなく交わされる熱い接吻け。服を脱ぐ間も擬しく縺れ合う二人。嫁のスカートが捲らればショーツのなかに忍び込む義父の手。階段の途中でさえ義父の男根を口唇に含む嫁。夫婦のベッドで、夫の父親に全裸に剥かれた、官能味に溢れる嫁のグラマラスな裸体が眩しい。そこへ加えられる義父の老練な性の手管。余りの愉悦に悲鳴を噴き零せば、愛らしい嫁がガクガクと身体を奮わせ昇り詰める。そして、義父に跨り腰を使えば、その豊満な乳房がブルンブルンと乱舞する。

               続きを読む                  

若い男と寝る女

「……これで最後だから」 そう夫に云われて家を出て来た美熟女妻。だがヤクザ風の若い男と熱い接吻けを交わせば 「私これからも続けたい……」 と身体を拡らいて行く妻。それを窓の外で覗く夫の眼が見開かれる。〝ま、まだ続くのか〟寝取られている。そんな思いが夫の胸に突き刺さる。全裸に剥きあげられて行く妻の裸体。その乳房の頂きはそれだけで既に硬く尖ってさえいて。「自分から動いて。我慢出来なかったのか?」男の挿入に淫らに尻を突き出す妻。獣の姿で貫かれ尻を打たれて悦びの声を噴き零す妻。「だいぶ腰使いも上手くなって来たじゃないか」 跨っては妖艶かつ淫らに腰を振る妻。自分の前では見せた事のない妻の痴態。自分以外の男と…。その光景から眼を話せいない夫の股間は激しく隆起して。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング