官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:全裸

20160328

犯された事実。乱暴された事実。だが、そのとき自分は感じてはいなかったか……。肉感的な巨乳な美女は全裸に剥かれて縛られて、全ての女の構造を白日の元に晒され嬲られる。「感じてなんかないッ!」「気持ち良くなんてないッ!」 しかし、反応を指摘される恥辱が、与えられる性感に油を注ぐ。甘美な声が漏れている事を指摘されれば、キッ!と男を睨む女の眼。けれど、必死で声を堪えるも駆け上がって来る愉悦に声が漏れてしまう悔しさ。そして、官能に侵された意識のなかで強いられるのは自慰行為、恥ずかしい自慰の告白。小学生で自慰に目覚めた事まで口にすれば、男に無理矢理に犯される行為、嫌がる自分が凌辱される想像して自慰をしている、被虐の願望まで暴かれ惨めさに女の肉体が炎上する。

               続きを読む                  

20160323_1

「受験勉強頑張るって約束できる?」 そう言われて出来ないと答える男などいない。若い甥に迫られれば清楚で美熟女な叔母も悪い気はしない。そんな微妙な雰囲気で 「触るのはダメよ」 そんな制約は互いの官能を刺激する事にしか役立たない。零れるたわわな巨乳。その頂の屹立してピンと尖る蕾。「ぁぁっ……見るだけ」 そう云いつつ総身に拡がる性感に叔母の意識は性に曇る。「叔母さんだって……オチンチン食べたいのを我慢してるんだから」 だが、そんな我慢は甥の逞しい男根を眼にすれば他愛もない。「ちょっ、ちょっとだけ」 それが少しで済むわけなどない。「あっ、入れちゃ……んっ、ああッ!」 貫かれる悦楽に美しい顎が上がる。そして……甥に跨れば顔に似合わぬ卑猥な腰使い。禁断の近親相姦で快楽を貪り乳房を揺らす美熟女

               続きを読む                  

全裸オーケストラ

コンサートホールを埋め尽くす観客達。その前で服を脱ぎ裸になる女性オーケストラの楽団員達。その肌に突き刺さる無数の視線。あり得ない。着衣の人前で裸になるだけでも恥ずかしい。それがこんな大勢の、公衆の面前で……。気が遠くなりそうな羞恥。周囲の通常の光景が裸の女達との落差を際立たせ卑猥さを醸し出す。紹介され、フォーマルな衣装から裸体へと自ら服を脱いで変貌する女達。これまでの練習を思えばやり遂げるしかない。それぞれに形の違う乳房。黒々と濃密な陰毛。プリッとした尻の谷間。拙くも厳かに奏でられる演奏と非日常的な姿のギャップ。何とも云えないエロスが漂う

               続きを読む                  

使われる女

拉致され家畜に落とされた愛らしい若い女性。全裸で檻の中で飼われそして男達の慰み者にされる日々。だが今日は……。車で運ばれる途中でその目的が告げられる。まだ生々しい記憶が鮮明に甦る。素っ裸で首輪をつけられ村のなかを歩く女の姿。〝そ、そんな……〟それが我が身となると思えば胸が詰まる。肌にあたる空気に、全裸で野外にいる事を改めて思い知らされる。すり寄って来る見ず知らずの村人たち。その男達に裸を晒す羞恥。突き刺さる視線が痛い。好奇心に身たち男達に女の構造はおろか、排泄の穴まで暴かれ鑑賞される恥辱。それなのに……惨めさに女の芯が熱くなる。無理矢理に嬲られる性感に潮を噴き上げ失禁まで晒す被虐に女の意識は焦げていく。

               続きを読む                  

衆人環境で潮を噴く女

ネットカフェで全裸になり個室を出た廊下で男に嬲られる若い女性。いつ誰が通るとも知れぬ衆人環境。見に纏うものなど何もない生まれたままの姿。小麦色に灼けたグラマラスなボディが悩ましい。肌にあたる空気感に自分が素っ裸である事が思い知らされる。こんな姿を見らたら……。ましてや男に秘部を嬲られ反応してしまっている姿など。そんな恐怖が下腹から込み上げて来る性感を幾倍にも膨らませる。異常な環境に昂ぶり切った女体。峻烈な性感に羞恥に塗れた女の顎が上がる。背中が撓り、踵が浮く。〝ああっ……だめ、い、逝ッちゃうッッっ!〟 そんな断末魔の声すら上げられず、激しく潮を噴き上げる女のエロス。

               続きを読む                  

縄に抱かれる女

グラマラスで肉感的なボディが見事な緊縛された女。全裸の女体には厳しく縄が打たれ、天井から後ろ手に繋がれて。絞り出された巨乳。肌に喰い込む縄の刺激。縛られ自由を奪われた屈辱感と素っ裸で拘束されている被虐感とに女の身体が妖しく揺れる。次第に火照り出した女体の底はいつしか熱いものでしとどに潤んで。適度な身悶えが許される緊迫感が返ってもどかしい。触れられてもいないのに身体の芯が淫らに疼く。締め上げて来る縄の感触に嬲られ、被虐の官能に憑りつかれた女体。はらりと天井から縄が外れれば、逃げ出す事より女が選んだのは……。縛られた身体で椅子に女陰を擦り付ける女の様が何とも云えずエロティック。

               続きを読む                  

羞恥の女

「いやッ!…やめて……見ないで」 両手を頭上で括られて吊られたスレンダーな美人女教師。小振りながら形の良い乳房は既に露わに晒されて。〝こ、こんな事って……〟あろう事かここは職員室なのだ。それなのに……。しかも生徒達の前で。いや、自分の教え子達の手に手伝われて、裸体を晒さねばならない羞恥。縛られた両手。逃れる事も出来ないまま、同僚の同性の女教師の手がショーツに掛かれば悲鳴が漏れる。〝あぁぁっ……い、いや〟スルリと下ろされれば黒々とした陰毛が現れ皆の眼が集中するのが判る。更には同性によって恥ずかしい女の構造を確認され、評価され、そして指で嬲られる恥辱に肢体が震える。「嫌がってる割に、感じてるんじゃないですか?」 羞恥に火照る女体の反応まで揶揄われる被虐に、美人女教師の意識は白み、乳首が尖る。

               続きを読む                  

20160219_2

犯される様にして夫の上司と関係を持ってしまった妙齢美人な人妻。そしてそうなってしまえば、その事実すらが脅される材料になってしまう憐れ。ましてその凌辱的な情事で快楽に昇り詰めてしまったとなれば……。泥酔して夫を送って来た上司に迫られれば抗えない。眠る夫のその前で、ワザとそれを愉しむ様な上司に嬲られる恥辱。だが秘部を暴かれ否が応にも催してしまう反応を暴かれれば 「感じてるじゃないか?」 その言葉を否定も出来ない悔しさ。テーブルの上で惨めに女体を弄ばれ、夫の前で上司の股間に跪き性器に奉仕する人妻の姿がそそる。そして犯されれば、野太い怒張が巻き上げる快楽に、漏れる声を抑えられない人妻の憐れ。

               続きを読む                  

手コキ女

ありえない状況。自分の恋人が見知らぬ男に裸体を晒し、その男根に手で奉仕する姿。それも自分の眼の前で。そんな異常な事態に興奮する男を彼氏に持った若く可憐な女。玄関のドアを開け全裸同然の女の姿に戸惑う配達人の男。それでも荷物を渡し印鑑を受ければ当然の様に去ろうとする。それを 「あ、ゴミが」 と不自然に呼び止める女。〝ほ、本当にするの?〟チラチラと彼氏を顧みる様子が生々しい。逡巡しつつも強引に男の股間に手を伸ばせばハラリと落ちるバスタオル。慌てて拾い裸体を隠す女だが、その手は既に男の男根を剥き出しにしていて。「嫌ですか?……駄目ですか?」と配達人を窺がい、それでもビデオに撮られつつ射精に導く様に奇妙なエロスが漂う。

               続きを読む                  

20160216_3

「それだけは許して」 全裸に首輪付けられた妙齢な母親達。男達が命じた特別授業とは、自分の息子達と交わる事だった。〝そんな事が許される訳ないッ!〟必死で許しを乞う母達に男達が許したのは母親の交換と云う非道な情け。「いやっ」 そう云いながらも男達の愛撫に甘い声を漏らし身悶える母親達。堪え切れずに子供達の前で不意に達してしまえば絶頂の宣言のなかった事が咎められ 「子供達の事を思っていない。教育にならない。女と云うものを教えてやれ。女の身体はこうなっているんだ」 それぞれの息子の前で女の構造を晒す羞恥。そして、指で確かめられ、指戯を施されれば女の反応まで教えてしまう母親達。豊かな乳房が躍りスレンダーな腰が畝る。それだけではない。尻を突き出させられ拡らかれる尻たぶ。剥き出しになった母の肛門。「あぁぁっ……い、いやぁ」 充てがわれた子供達の指。「慎重にやれ」 その命令と共に侵入して来る指の感触に母達の背中が撓る。肛門に突き刺されながら女陰を抉られれば我知らずとその指をキュッと柔襞が締め付けてしまうのが判る。追い打ちを掛ける様に 「さっきとは全然違うだろ?」 男の言葉に、そんな恥ずかしい反応まで教えてしまう恥辱が母親達の脳を焦がす。だがこれは、特別授業の始まりに過ぎない。「み、見ないで」 互いの母親達が男達の性器を口に含む姿。性交に喘ぐ姿。それらを見学する息子達の男根は激しく天を衝き、そして……。

               続きを読む                  

20160216_2

スレンダー美乳の若い女性。だが村の小道を四つん這いで歩くその姿は……。身に纏うものは紅い首輪ひとつだけ。形の良い乳房はおろか、黒々として叢も、つるんとした滑らかな尻も、全てが晒された素っ裸。家畜に堕とされた女。犬の様に村を引き回されるだけではない。先々で出会う男達の前では 「こんな格好ですみません」 そう云わされつつ、とらされるのは服従のポーズ。それは……。腰を突き出し、両脚を左右に開き、陰毛も、そして女の肉襞の構造も、更には肛門さえもあからさまに晒したポーズ。見て下さいと云わんばかりに、絶対に見られたくない部分を見せねばならない羞恥と恥辱とに、女の肌が震える。ましてそこは屋外。肌に触れる空気に、その事が女の身に染みる。真昼の陽光のもと、着衣の男達に全裸で挨拶して回る屈辱に、いつしか女の意識は妖しい官能に染め上がる。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング