官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:可憐

30160324

見知らぬ男に乱暴されたあの日の記憶。排卵日の子作り目的の性交しか求めてこない淡泊な夫。そして可憐な若妻の健康な肉体の疼き。引越しまでして過去と決別したはずの人妻だが、その新居を、あの男に突き止められれば……。強引に、荒々しく、そして辱められる様に犯される被虐の悦楽。巧みな性戯、野太く逞しい男根。犯される様にして再びの乱暴を受ければ、自らの身体の反応を知るしかない女の憐れ。排卵日なら……子供が出来ても……。そんなもう一人の自分の囁きに、逡巡する美人妻。夫婦のベッド。男の怒張を手で扱きつつ、袋に唇を被せ、根元からチロチロ舐め上がる人妻の裸体がエロティック。貫かれ、背面座位では、自分の両手で尻の谷間を拡らき、尻の穴を見せながら突き上げられる恥辱の快楽。卑猥な腰使い。西日差す寝室で昇り詰める人妻のエロス

               続きを読む                  

脅されつつ感じる女

連れ込まれた夜更けのオフィス。だが社内にはまだ大勢の社員達が……。デスクに押し倒され必死で抵抗する可憐な美貌が美しい女子社員。弾け飛ぶブラウスのボタン。零れる形の良い乳房。「嫌ッ!」 だが男の力でねじ伏せられれば、逃れる事など出来なくて。こんな姿を他の社員に見られるわけにはいかない。それでも抗う女の姿がそそる。だが抵抗すれば縛り上げられる両手。無理矢理に咥えさせられる男根。そして……。嫌なのに。無理矢理に与えられる性感に反応する女体。声を殺して犯されるスレンダー美人のエロス。

               続きを読む                  

言い成りの女

絶対にバラされてはならない秘密。可憐な美貌の女子社員はそんな弱みを握られれば「じゃあ、ここでストリップして見せろよ」出来る訳ない。だが、弱みの画像を見せられ、誰かが来る前にと急かされれば……ブラジャーを外し、ショーツに手を掛ける。露わらなった形の良い美乳。顔に似合わぬ黒々とした陰毛。これで済まない事ぐらい、裸になった時点で判っている。それでも迫られれば嫌々と首を振って抵抗する様が切ない。好きでもない男の性器を口唇に含む惨めさ、脅さられて裸になって辱められる被虐感、何故か女の底が熱く潤む。強引に後ろから貫いて来る男根が巻き上げる性感。愛らしい乳房を揺らし、せめて声を漏らすまいと唇を塞いで耐える様がエロティック。

               続きを読む                  

義父と交わる嫁

「ああっ、だめッ!……お義父さん、い、逝っちゃう」 可憐で愛らしいグラマラス巨乳な嫁。夫を送り出した途端に背後に忍び寄る義父。既に其処にはただならぬ関係が芽生えていて。言葉もなく交わされる熱い接吻け。服を脱ぐ間も擬しく縺れ合う二人。嫁のスカートが捲らればショーツのなかに忍び込む義父の手。階段の途中でさえ義父の男根を口唇に含む嫁。夫婦のベッドで、夫の父親に全裸に剥かれた、官能味に溢れる嫁のグラマラスな裸体が眩しい。そこへ加えられる義父の老練な性の手管。余りの愉悦に悲鳴を噴き零せば、愛らしい嫁がガクガクと身体を奮わせ昇り詰める。そして、義父に跨り腰を使えば、その豊満な乳房がブルンブルンと乱舞する。

               続きを読む                  

20160213_3

元はと云えば力尽くで無理矢理に自分を犯した男。しかし、その男を家に上げてしまっている自分は何なのだろう? 〝こんな事あっていい訳ない〟逡巡する若妻の苦悩が切ない。だが与えられた深い快楽。夫にはない丹念な愛撫。自分に欲情しそそり勃つ熱くて硬い男根。そして情熱的な抽送が巻き起こす愉悦。唇を奪われベッドに押し倒され、「奥さん……好きです」 の言葉に心が砕ける。肌蹴られた胸許から零れた乳房に舌を這わされれば身体が痺れ、抱き竦められ熱心にまさぐられれると、全身に拡がる淡い性感。再び唇を奪われれば、人妻の脳裏は官能に霞む。「……ぁぁぁっ」 男の愛撫に溶けて行くに女体。もはや自分を抑える事など出来はしない。〝こんな事いけない〟微かに残るそんな意識さえ燃え上がった若妻の官能を刺激し、与えられる性感に拍車を掛ける。男の性戯に応える様に自らも男に奉仕すれば、淫らな姿を午後の陽光に晒し、「あっ、あっ、あぁっッ!」 夫婦のベッドで他人に抱かれる人妻の甘美な声が寝室に響き渡る。男に跨り悦楽に喘ぎ、淫らな腰使いに揺れる美乳がエロティック。

               続きを読む                  

少女の性

「仰向けになって舐めてッ!」 まだ幼さ残る田舎の旧家のお嬢様。両親は留守。既に青い性に目覚めた少女の如き若い女は、使用人が屋敷に戻って来たのを見咎めるとスカートを捲り、スルリとショーツを下ろす。剥き出しになった滑らかな白い尻。土間の上りに両手をつけば、四つん這いとなってその尻を突き出し脚を開く。命じられた男は速やかに従う。「あっ……ぁぁ……あぁっ」 ソロリと女の肉の割れ目を舐め上がる使用人の舌使い。切ない喘ぎが漏れれば、性感に畝る腰つき。そして激しくなる男の舌戯。「あぁっ、い、いいッ……そこ」 可憐な尻の穴も剥き出しで身悶えるお嬢様の痴態が何とも云えずに卑猥。感極まった「……突っ込んで」 の懇願に既に隆々と反り返った男の男根が天を衝く。「ああッ!……あ、あぁぁーッ」 野太い怒張が秘裂を割り裂き、膣道を擦り上げられる悦楽に幼き女の淫らな嬌声が噴き上がる。「あっ、あっ、あぁぁっッ、いいッ!」 激しさを増す抽送。「もっと激しく、私をぶっ殺す様にやって」

               続きを読む                  

嬲られる女子高生

〝……こんなの、おかしい〟乳房を露わにされるのは判る。だがローションを塗る必要が何処にあるのだろう。〝ちょっ、え?……んっ、ぁぁっ〟身体を撫ぜ回す医師の手つきは触診を超えて愛撫そのもの。〝でも、お母さんも隣にいるのに……そんなはず〟戸惑いながらもその性戯に反応する年若い女体。瑞々しい乳房の頂きは既に硬く尖り切って。寝かされれば医師の熱く硬いモノを押し付けられ。〝や、やっぱり〟だが、そう悟った時には既に遅い。〝か、感じちゃう……んっ、いいっ〟嫌なのに、どうして、そんな思いは身体の反応に呑み込まれ、医師に逆らう事が出来ない。「ああっ、うんっ……あ、ああ」 全裸に剥かれ、恥ずかしいポーズで加えられる性の刺激に甘い声が漏れてしまう。「こっち見なくていいから」 と云われても 「あッ!……ん、はうっ」 陰裂を割り裂き、膣道を擦り上げて侵入して来たものが何なのかなど明らかで。それなのに悲鳴をあげる事が出来ない。その抽送に共鳴する様に腰が動くのを止められない。こうなっては母親に知られる訳にはもう行かない。押し寄せる快楽の波に身をまかせ、必死で声を堪える表情がエロティック。

               続きを読む                  

野外排泄の少女

「なんですか? なにするんですか?」 人が通るかも知れない野外で全裸にされ、首輪で繋がれた美少女。無理矢理に四つん這いにされれば恐怖に悲鳴があげる。そして触れられたのは恥ずかしい排泄の穴。「やだっ、なにするんですか?」 思いも寄らないところに触れられた可憐な女。〝えっ?……ま、まさか〟嫌な予感が背中に拡がる。「いや……やめて下さい、やめて下さいッ!」 振り返った視界に入ったのは浣腸器。〝ぁぁぁっ…や、やっぱり〟必死で暴れる腰を押さえられれば容赦なく突き立てられる浣腸器の嘴管。ガラスの冷たい感覚。肛門に突き刺さる情けない刺激。押し入って来る薬液の重い感覚。「やめて下さいッッ!」 だが男達に容赦はない。一本を少女に注ぎ込めば、すぐさま二本目が……「やめて下さい」 少女の悲鳴が切ない。「もうっ、もう無理です……許して」 絶望的な訴えも退けられ、ついに六本目が。屈辱的な犬のポーズで身体を震わせ唇を噛み、便意に耐える女の姿がそそる。首輪が引かれる。起こされる身体。「やめて下さい。動かさないで下さいッ」 切羽詰った便意。〝そ、そんな事されたら〟へたり込む女の腹が揉まれ、そして再びの四つん這い。聴こえて来る不吉な振動音。「あっ」 突き出された秘部に触れる電動性具。堪らない性感。突き上げて来る排泄の欲求。絶え間ない性感に女の背中が畝る。「ああっ……ああっ、あ」 不意に女の肛門から薬液が漏れれば 「あぁぁーっっ!!」 耳を塞ぎたくなる恥ずかしい音と共に……。

               続きを読む                  

奴隷堕ちのお嬢様

使用人達に調教されるスレンダー美人な御嬢様。縄での戒めを解かれた美女は、全裸で、同性の女の前で、更には自分の御付きの男にまで、見られながら犯される。「やめて」 貫く怒張の巻き上げる性感に怯える美女は抗いの声をあげる。「どうだい? 御嬢様の犯されている姿」 女の声に、御付きの男に見られている事を殊更に意識させられる。〝み、見ないで。見るなッ!〟そんな御嬢様の心の叫びも虚しく、次第に速まる陰裂を抉る怒張のストローク。擦りあげられる膣壁、間断なく駆け上がって来る性感。「あっ、ああっっ」 堪えようとしても女の声が漏れてしまう。「あっ、あっ、あぁぁ……だ、駄目」 ひときわ激しい突き上げに恥を晒す事を覚悟ぜざる得ない御嬢様の悲鳴が上がる。一瞬、肢体が硬直したと思えば、顎を摘ままれ唇に熱い射精を受ける恥辱。そして……。全裸で縄を打たれて吊られたスレンダーな御嬢様の裸体。そこへ引き立てられてきたのは御付きの男。「あっちへ行ってッ!」 だがそんな事は女が許さない。「どうだい? 御嬢様の味は?」 貪る様に舐め廻す御付きの男の舌。尻の穴まで舐められる屈辱。「あっ、ん、……あっ、う、あっあぁぁ」 だが、そんな刺激を受ければ恥ずかしい声が漏れてしまう。「やめなさい……やめなさいッ!……ああぁっ……」 更には貫いて来る御付の男の熱杭に悦びの声が搾り取られる。 「良い声出てるねぇ……気持ちいいんだろう?」 女の揶揄いに 「違うッ!……うっ、あっ、あっ」 その抗いにさえ甘い声が混じる屈辱。御付の男にまで犯され逝かされた御嬢様は犬の様に四つん這い、御付きの男の脚を舐める。

               続きを読む                  

嵌っていく女

一度きりのつもりだった。強引に迫られ関係を持ってしまった男。だが……清楚で可憐な美人妻は、その不倫の味、男の羞恥を煽る性戯を捨てる事が出来ない。西日差す夫婦の寝室。夫婦のベッド。とらされる恥ずかしい姿勢の数々に、ピンッと屹立した乳房の頂きが切ない。見られたくなどない脇の下を貪られる羞恥。「見てやるよ」 そう云われつつ四つん這いで尻の穴を凝視される惨めさ。否が応にも熱いものが女の底に滲んでしまう。既に見えているのにワザと大きく脚を拡らかれ 「丸見えだよ」 云われつつ情けなく秘部を晒す羞恥。それが自分の目にも映れば所在なく眼を逸らす女の表情がそそる。両脚を左右に開いた獣の格好で犯される被虐感。命じられ、淫らに腰を使う様、淫靡に尻をくねらせる様、背面騎乗位で結合部を男に見せながら妖しく尻を打ち付ける様、清楚な人妻の羞恥心がその快楽を炎上させ、その姿は益々エロティックに。

               続きを読む                  

幼い絶頂

窓辺にロープで繋がれた黒髪の美少女。まだ幼さ残る可憐な顔立ち。……だが、その下半身は裸に剥かれ、上着は肌蹴られてブラがズラされ愛らしい美乳も露わに……。「あぁっぁ……あっ、あっ」 激しい指姦に、顔つきに不似合いな獣の様な喘ぎ声が乱舞する。ピンッと屹立した乳首、快楽に背中が仰け反る。見られるかも知れない恐怖、拘束された被虐感が、その官能を炎上させれば幼き女体は快楽に溶けて行く。両手は縛られたまま頭の後ろで組まされ、云われる儘に野太い男根に奉仕させられると、少女の肉体には更に従う悦びまでもが忍び込む。もはや快楽に抗う事など出来ない美少女。突き上げて来る快感に身を任せ、共鳴する様に腰を使い、激しく乳房を揺らす。「ぁぁぁぁぁ……い、逝っちゃう」 淫らな声を噴き零して昇り詰め……それでも止まらない淫靡な腰つき。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング