官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:和風

縄に酔う女

内庭に面した日本家屋の離れ。午後の陽光が背後に眩しい。開け放たれた障子。うつむき加減の浴衣の美人。その帯が解かれ胸許が肌蹴られれば衣擦れの音が艶めかしい。晒された美しい女の肌。形の良い乳房。その裸体に掛けられて行く縄の刺激に女の肢体が畝る。絞り出された美乳は歪み、口唇には手拭いが噛まされて。その白い肌に落とされる真紅の蝋。揺れる炎が秘かに妖しく揺らめけば 「んんっ」 熱さに呻く女の声は艶やかで。肌に喰い込む縄の厳しさ。不自由な形に固められたスレンダー美乳な女体に、一方的に与えられる痛苦に女の美貌が歪む。猿轡越しに漏れる女の呻き。女の底が被虐の愉悦に熱く濡れれば、更に恥ずかしい姿勢でその場所にも……。

               続きを読む                  

義父に抱かれる嫁

結婚して三年目の花火大会。三年目の夏。義父と関係を持ってしまった肉感的な若嫁。そのグラマラスな肉体に宿る性欲のままに、義父に求められるままに、夫の眼を盗んでは淫らに交わる義父と嫁。そばにいる夫に気取られるのではないかと云うスリルすら、その禁断の情交に彩りを添えれば二人の関係は益々深く。留守ともなれば、求められるままに障子を閉め、自ら下着を脱ぎ、あられもない格好で愛し合う二人が卑猥。嫁の白い肌が汗に光り、たわわに実った乳房が弾む。義理とは云え父親の性器をしゃぶり、尻の穴まで晒して指戯に啼く若嫁の肢体がエロティック。「お義父さん……あぁ、いいッ…お義父さん」 獣の姿で快楽に溺れ愛し合う近親相姦のエロスだが、その関係もいつかは。

               続きを読む                  

少女の性

「仰向けになって舐めてッ!」 まだ幼さ残る田舎の旧家のお嬢様。両親は留守。既に青い性に目覚めた少女の如き若い女は、使用人が屋敷に戻って来たのを見咎めるとスカートを捲り、スルリとショーツを下ろす。剥き出しになった滑らかな白い尻。土間の上りに両手をつけば、四つん這いとなってその尻を突き出し脚を開く。命じられた男は速やかに従う。「あっ……ぁぁ……あぁっ」 ソロリと女の肉の割れ目を舐め上がる使用人の舌使い。切ない喘ぎが漏れれば、性感に畝る腰つき。そして激しくなる男の舌戯。「あぁっ、い、いいッ……そこ」 可憐な尻の穴も剥き出しで身悶えるお嬢様の痴態が何とも云えずに卑猥。感極まった「……突っ込んで」 の懇願に既に隆々と反り返った男の男根が天を衝く。「ああッ!……あ、あぁぁーッ」 野太い怒張が秘裂を割り裂き、膣道を擦り上げられる悦楽に幼き女の淫らな嬌声が噴き上がる。「あっ、あっ、あぁぁっッ、いいッ!」 激しさを増す抽送。「もっと激しく、私をぶっ殺す様にやって」

               続きを読む                  

禁断巨乳な女

田舎の村の旧家の大広間。秘かに落ち合った男女の姿。僅かの間をも惜しいとばかりに唇を貪り合う二人。許されぬ禁断の恋。だがそれも、避けられぬ事情で今日で終わりとなれば美人な人妻は 「……寂しいです」 もはや欲望の赴くままに。闇に浮かび上がる白い肌。迫り出した官能味に溢れる乳房。「ぁぁっ、あ、あぁッ」 全裸となれば大股開きで男の舌戯を受け入れ切ない喘ぎを漏らし、尻を掲げた四つん這いの犬の姿勢では、肛門剥き出しで男の指姦に淫らな嬌声を噴き零す。その清楚な美貌からは想像もつかない淫靡で濃厚な口唇奉仕で絡み合い、男に跨り量感たっぷりな乳房を揺らして腰を振る。その性感を少しも逃すまいとする様に、闇に裸体を浮かばせ、濃厚に交わり貪り合う、生々しい情交の卑猥なエロス。

               続きを読む                  

緊縛の美女

内庭に面した縁側。素っ裸に剥かれ裸体に厳しく縄を打たれた美熟女は、無様で恥ずかしく不自由な姿で梁から吊られて。歪に絞り出された天井を衝く。仰け反った姿勢に美しく垂れ下がる長い髪。拡らかれた両脚。そして陰毛も露わに縄が喰い込み梁に吊られた秘裂。「うぅ……あぁ……あ、あぁぁっ」 爪先で身体を支えなければ脚が浮き、過敏な女の肉の割れ目を縄が抉り体重が掛かる。爪先立ち……それだけでも長時間など耐えられない。まして背筋が仰け反った厳しい体勢。爪先で立つ為には背筋を起こさねばならないが、もはやその力が……。少しでも女体が緩めば陰裂を裂くような痛みが走る。だが疲労しきった肉体に力が入らない。ジリジリと踵が上がる。〝……も、もうダメ〟浮き上がる爪先。「ううっっ、はぁ……あああッ」 キリキリと喰い込む縄の刺激に呻き声が上がる。その痛みを避けようと必死で背筋に力を入れる。脂の乗った堂々とした太腿がフルフルと震える様が嗜虐心を煽る。そして力尽きれば抉られる陰裂。逃れる事の出来ない理不尽な仕打ち。いつ果てるともない放置の責め。それなのに……その理不尽な被虐感に喰い込む縄が濡れていく。ようやく現れた男。紙縒りに鈍く火を着ければワザと女の敏感な場所に。その恐怖に 「ひっ」「は」「うっ」と女の美貌が歪み 「あぁぁーっっ!!」それが振れれば美熟女の肢体が反り返る。

                                 

同僚の母

秘密の性癖を知られてしまった相手は息子の会社の後輩。その恥ずかしい性癖を息子に、いや会社にも、ネットにも情報を撒くと脅されれば……。「一度だけ」 そう云われて心が緩む。 「変態」 そう決めつけられて、被虐の心がざわめく。唇を奪われ、本当にいいのか? と迫られれば、舌を出せとの命令に、オズオズと舌を差し出してしまう妖艶熟女な母親。強引に弄られる感覚に身体が火照る。熟れた乳房を剥き出しにされ、障子が開け放たれて丸見えの内庭に付き出され 「ご近所さんに見せようか?」 そう脅されれば必死で逃げるもその想像に秘部が潤む。どうにもならない身体の反応をいちいち云い募られ、嬲られ、脱がされていく羞恥。そして、ねちっこく巧みな性戯。脂の乗った女体が震える。立ったまま脚を拡らかれ、激しく絶妙な舌戯で陰裂を抉られれば 「あっ、ああっぁッ!」 ビクビクと肢体を震わせ、反り返る背中。軽い絶頂へと幾度も押し上げられ官能に霞む意識。「舐めろよ」 の命令に「変態」 の言葉。久しく見ていなかった男根……。熟女母は吸い込まれる様に唇を寄せる。野太い怒張で喉奥を突かれ、「欲求不満なんだろ?」 「変態」 そう罵られ秘裂を抉られれば、えも云われぬ甘美な刺激に女体が畝る。内庭に面した柱に手をついて、背後から女陰を突き上げられつつ掛けられる 「近所の人が見てるかもよ? 変態」 の言葉に被虐の悦楽に堕ちていく熟女のエロス。

               続きを読む                  

寝取られる美人兄嫁

闇のなかを忍んでくるのは義理の弟。行燈の薄明かりのなかで男を待つのはスレンダー美人な兄嫁。そこに言葉などありはしない。交錯する視線。交わされる接吻け。許されぬ禁断の情事故に昂ぶる女体。義弟の愛撫に切なく漏らす兄嫁の声が艶めかしい。たちまちに火をつけられた兄嫁は、服を脱がすのももどかしく義弟に伸し掛かり、施される性戯。夫にはない野太く聳え立つ男根を愛おしむ様にネットリと舌を絡めていく。与え合う性感に素直に反応し愛らしい声を放つ兄嫁の様がエロティック。突き上げられるたびに身体の芯にまで響く性感を、逃すまいとでもする様に義弟に腕を絡め、跨っては貪欲なまでに快楽を求めて腰を使う兄嫁の姿が何とも卑猥。しっとりと互いを貪り合う、濃厚で淫らな禁断の情事。

               続きを読む                  

寝取られる兄嫁

ソロリと音もなく部屋に忍び込んで来た義弟。リビングには未だ夫が起きている。だが、既に知ってしまった義弟との禁断の情事。その快楽。清楚で黒髪の美しい美人な兄嫁は男の手を拒めない。夫の姿を窺がいつつ熱い接吻けを交わせば意識は官能へと吸い込まれ……。まだ着衣の義弟に全裸に剥かれ立ったまま嬲られる兄嫁の様子がエロティック。ドアの向こうに姿を見れば〝夫がいるのに〟そんな思いが脳裏を過る。その背徳感すら二人の官能を煽れば、更に昂ぶっていく二人。背後に夫の姿を感じながら行う、義弟の男根への口唇奉仕が美人兄嫁の秘裂を濡らし、二人全裸で部屋を移れば、もはや妨げるものは何もなく、互いの肉体を貪り合う濃厚なセックスが、しっとりと生々しく展開される、禁断のエロス。

               続きを読む                  

20160113_3

スレンダーに肢体が美しい美人な未亡人。犯される様に関係を持ってしまった隣家の男に犯される日々。だが、その男の性癖とは……。厳しく縄打たれた白き裸体。絞り出された乳房が痛々しくも眩しくて。いつしか、そんな辱めに酔っていく未亡人。女のなかで眼醒めていく被虐の性癖。不意に唇を奪われ、身動き出来ぬ身体を嬲られれば、脊髄を駈け上がってくる甘美な性感。その刺激に身を捩る事も出来ない緊縛された女体。強引かつ一方的に与えられる巧妙な指戯耐えきれるはずもなく敢え無く昇り詰めれば、未亡人の脳裏はすっかり従う悦びに侵されて……。苦しいまでに強いられる口唇奉仕。尻を向けろと云われれば、不自由な身体をくねらせながら、従順に、男に尻を見せて高く掲げる様が何ともそそる。野太い怒張で貫かれれば、膣道を抉る性感に喘ぎ声を絞られ、尻の谷間を拡らかれ肛門を晒しながら、尻を打たれつつ凌辱される快楽に酔いしれる美しき未亡人。

               続きを読む                  

邪教の女

邪教淫習の村。性器崇拝の信仰に起源をもつ金精神信仰が、歪んだ形で伝承され、奇妙な淫習と結びついたこの村では、人妻は望んだ時に男根を模した御神体を拝み、そして夜這いの太鼓を打ち鳴らす。社の中の台の上で、全裸で股を拡らいて男を待つ人妻。薄い布で顔は仕切られ隠されて、晒されているのは首から下の白い裸体。太鼓の音を聴きつけ訪れた男は、狐の面をつけて社に入る。互いの顔は判らない……。誰とも判らぬ相手同士の淫らな淫行。全てを忘れて交わり合う男女。快楽に身を任せて悦楽の境地へ。閉じた村での豊穣のエロス。今夜も夜這いの太鼓が鳴り響く。古く逃れられない規範のなかで繰り広げられる淫らな淫習が何とも言えないエロティシズムを醸し出す。

               続きを読む                  

縄酔いの美女

仄暗い和室に浮かび上がる美女の裸体。その女体には厳しく縄が打たれ女には身の自由などない。美しい唇には手拭いが噛まされ、縄に絞り出された乳房、そして尻の谷間を通された縄が食い込む陰裂。冷たい部屋の空気が、自分が全裸である事を女の身に沁みさせる。身動き出来ぬ自由を奪われた身体。敏感な割れ目に食い込む縄の刺激。そこはかとない被虐感が女の背中一面に拡がれば、それは放置されたまま捨て置かれた惨めさと共振する。徐々に女体が朱に染まり、意識は被虐の官能に侵されて、肌に食い込む縄の感触に酔った女の吐息が夜の和室を静かに濡らす。美しい緊縛絵巻。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング