官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:奴隷

使われる女

拉致され家畜に落とされた愛らしい若い女性。全裸で檻の中で飼われそして男達の慰み者にされる日々。だが今日は……。車で運ばれる途中でその目的が告げられる。まだ生々しい記憶が鮮明に甦る。素っ裸で首輪をつけられ村のなかを歩く女の姿。〝そ、そんな……〟それが我が身となると思えば胸が詰まる。肌にあたる空気に、全裸で野外にいる事を改めて思い知らされる。すり寄って来る見ず知らずの村人たち。その男達に裸を晒す羞恥。突き刺さる視線が痛い。好奇心に身たち男達に女の構造はおろか、排泄の穴まで暴かれ鑑賞される恥辱。それなのに……惨めさに女の芯が熱くなる。無理矢理に嬲られる性感に潮を噴き上げ失禁まで晒す被虐に女の意識は焦げていく。

               続きを読む                  

20160216_2

スレンダー美乳の若い女性。だが村の小道を四つん這いで歩くその姿は……。身に纏うものは紅い首輪ひとつだけ。形の良い乳房はおろか、黒々として叢も、つるんとした滑らかな尻も、全てが晒された素っ裸。家畜に堕とされた女。犬の様に村を引き回されるだけではない。先々で出会う男達の前では 「こんな格好ですみません」 そう云わされつつ、とらされるのは服従のポーズ。それは……。腰を突き出し、両脚を左右に開き、陰毛も、そして女の肉襞の構造も、更には肛門さえもあからさまに晒したポーズ。見て下さいと云わんばかりに、絶対に見られたくない部分を見せねばならない羞恥と恥辱とに、女の肌が震える。ましてそこは屋外。肌に触れる空気に、その事が女の身に染みる。真昼の陽光のもと、着衣の男達に全裸で挨拶して回る屈辱に、いつしか女の意識は妖しい官能に染め上がる。

               続きを読む                  

20160206_4

清楚で端正な顔立ちが印象的な美乳妻。だが、その幸福な夫婦生活は、夫と共に拉致されたその日から崩壊する。地下室に監禁され全裸に剥かれた美人妻。しなやかで色白な美しい裸体。形の良い乳房、黒々と輝く陰毛、スラリと伸びた美脚。後ろ手に拘束された両手首が痛々しい。……待っていたのは無残なまでの性の調教。羞恥と恥辱に塗れ歪む美貌が嗜虐心を煽る。口内に放たれた男の精液を飲み下せなければ激しく頬を打たれ、体内に精を放たれ 「ありがとうございました」 の礼を云えなければ再び激しく頬が鳴る。押さえられ身動き出来ぬ身に一方的に与えられ続けられる性感。拘束され、嬲られ辱められる被虐感が、その愉悦を妖しく炎上させるのを自分でも気付かない訳にはいかない女の悲しさ。弄ばれつつ幾度となく絶頂へと押し上げられれば気丈な人妻の心にも罅が入る。そして……その調教の果てに立たされたステージでは。居並ぶ客達。覆面を被せられ正座させれた夫。その眼前で服を脱ぎ、自ら肛門を晒し、凌辱される人妻。更には……これまでの調教の様子までもが披露される屈辱。「ザーメンを全部飲める様になる為の調教です」 「中出しされる事に慣れる為の調教です」 「何度でも逝く身体になる為の調教です」 身分で解説せねばならない恥辱に人妻の肩が震え、女陰が熱いもので滲む。……「最初のお客様どうぞ」

               続きを読む                  

奴隷母

義理の息子に奴隷として仕える事を誓わされる狂った私刑判決。馬鹿げた茶番……だが、与えられる仕打ちは現実以外の何物でもなくて。素っ裸で土下座をし、義理とは云え自分の息子に忠誠を誓う惨めさ……。撫でる様な鞭捌きが徐々に厳しいものとなっていけば、肉感的な熟女母の唇から絞り取られる悲鳴。肌に近づいてくる蝋燭の炎。その恐怖に思わず奴隷らしからぬ言葉が漏れれば落された蝋の熱さに再びの悲鳴。縛られた身体。逃れる事の出来ない一方的に与えられる苦痛を、耐える事しか許されない母親。息子に背徳の肛門まで暴かれ、そこに落とされる蝋の熱さ……。母親の美貌が歪み悲鳴が上がる。だが……それはいつしか、服従する悦びへと。「……ご主人様」

               続きを読む                  

奴隷堕ちのお嬢様

使用人達に調教されるスレンダー美人な御嬢様。縄での戒めを解かれた美女は、全裸で、同性の女の前で、更には自分の御付きの男にまで、見られながら犯される。「やめて」 貫く怒張の巻き上げる性感に怯える美女は抗いの声をあげる。「どうだい? 御嬢様の犯されている姿」 女の声に、御付きの男に見られている事を殊更に意識させられる。〝み、見ないで。見るなッ!〟そんな御嬢様の心の叫びも虚しく、次第に速まる陰裂を抉る怒張のストローク。擦りあげられる膣壁、間断なく駆け上がって来る性感。「あっ、ああっっ」 堪えようとしても女の声が漏れてしまう。「あっ、あっ、あぁぁ……だ、駄目」 ひときわ激しい突き上げに恥を晒す事を覚悟ぜざる得ない御嬢様の悲鳴が上がる。一瞬、肢体が硬直したと思えば、顎を摘ままれ唇に熱い射精を受ける恥辱。そして……。全裸で縄を打たれて吊られたスレンダーな御嬢様の裸体。そこへ引き立てられてきたのは御付きの男。「あっちへ行ってッ!」 だがそんな事は女が許さない。「どうだい? 御嬢様の味は?」 貪る様に舐め廻す御付きの男の舌。尻の穴まで舐められる屈辱。「あっ、ん、……あっ、う、あっあぁぁ」 だが、そんな刺激を受ければ恥ずかしい声が漏れてしまう。「やめなさい……やめなさいッ!……ああぁっ……」 更には貫いて来る御付の男の熱杭に悦びの声が搾り取られる。 「良い声出てるねぇ……気持ちいいんだろう?」 女の揶揄いに 「違うッ!……うっ、あっ、あっ」 その抗いにさえ甘い声が混じる屈辱。御付の男にまで犯され逝かされた御嬢様は犬の様に四つん這い、御付きの男の脚を舐める。

               続きを読む                  

孕むための女

後ろ手に縛られた肉感巨乳な美女。奴隷に堕とされ、孕ませられるべく調教を受け、毎日の様に犯される日々。むっちりとしたボディから迫り出す巨乳が何ともエロティック。その欲情を誘う肢体を後ろ手に縛られて、手も使えぬままに強いられる口唇奉仕。憎い男の袋にネットリと舌を絡めて舐め上がり、玉を含んでは中で細かく舌を使う恥辱。咥えろと命じられれば 「はい」 と応え、唇を被せるしかない屈辱。その野太い怒張で喉奥を突かれれば堪らず嘔吐くが、離すなと命じられ 「はい」 と応じるしかない惨めさ。必死に頭を振って男根に抽送を送る健気な姿が嗜虐心を煽らずにはおかない。幾度も嘔吐き、その度に叱責を受ける美女。だがついには 「こんな事も出来ないのか?」 と云われるてしまう悔しさに、唇を噛む表情が良い。後ろ手のまま尻を掲げ、脚を拡らく。その豊かな尻に打擲が飛び、「……入れて下さい」 自ら強請らせられる屈辱。その被虐に潤んだ秘裂。「ぁああ、うっ」 傘を開いた亀頭が女の割れ目を割り裂けば声が漏れ、強烈な圧迫感で膣道を擦り上げるストローク。たちまちに湧き上がる性感。嫌なのに……たまらない愉悦に女の甘い声が漏れるのが悔しい。床につけた頭を踏みにじられ、そのまま後ろから突かれる被虐の快楽。そして……孕ませられるべく 「はい」 と云わされ自ら脚を拡らく肉感美女

               続きを読む                  

輪姦女教師

憧れの美人女教師が同僚の教師と結婚。それを知った男子生徒達は……。放課後の補習の教室で、事件は起こる。ニヤつき近づいてくる生徒達。抜け駆けは許さない……「俺達といけない勉強しましょうよ」 いきなり奪われる唇。「やめなさい。落ち着きなさいッ!」 だが多勢に無勢。後ろから羽交い絞めにされれば、ブラウスは、たくし上げられ下ろされるパンツ。ブラジャーがズラされ 「ああっ!」 一気に下ろされるショーツ。〝し、信じられない〟あろう事か教室で全裸にされた。それだけではない。脚を拡らかれ女の構想までが晒される。指が伸びれば容赦なく与えられる刺激。羞恥と恐怖とに混乱した意識のなかでも、強引な性の刺激に、健康な女教師の肉体は反応する。押さえ付けられ送り込まれる性感に、容易く潮を噴かされれば 「やめなさい。もうやめて」 無理矢理に咥えさせられる生徒の怒張。更に意識は混濁し……そして。嫌なのに、代わる代わる犯される被虐の快楽に女の声が漏れてしまう女教師。「先生これから毎日愉しませて貰うよ」 夫になど云える訳がない。そして悲劇の幕が開く……。ノーパン授業、教室での全裸奉仕……エスカレートして行く生徒達の要求に従うしかない女教師。

               続きを読む                  

奴隷になる不倫妻

まさかこんな事になるとは……。不倫の代償は、巨乳な妻の思いも寄らない展開に。夫の前で服を脱ぐ。それはありふれた行為かも知れない。だが、不倫相手の男の前なのだ。そして男達は着衣。自分だけが裸であることが、妻の恥辱と惨めさとを掻き立てる。しかし、自分がした事を思えば、夫に逆らう事など出来はしない。男の前で夫に嬲られる惨めさ。そして、共犯である男にまで、それを手伝わさせる夫の残酷さに心が震える。「お願いします……気持ち良くしてください」 一方的に与えられては、絶頂の寸前で引き上げられる性感。女盛りの妻の女体が耐えられるはずもない。男の前で夫に懇願させられる妻。情けなさが妻の被虐の官能を煽れば、身体を震わせ激しく昇り詰める他ない。男の前で強いられる夫との性交。それを男に手伝わせて楽しむ夫。事態の異常さが、貫かれる妻の快楽に拍車をかける……。男と共に夫の奴隷に堕ちる妻は、幸いなのか不幸なのか……。

               続きを読む                  

奴隷な女達

全裸で首輪をされたムッチリ美乳な女。愛らしい顔立ちのあどけない女は、同じく首輪をつけられマスクを被った男達に纏わりつかれる。逃げようと必死で男達を叩き、脚をバタつかせる女の様が、視るも者の嗜虐心を煽る。無論、多勢に無勢。まして男の力には……。簡単に組み伏せられ、加えられる強引な性戯。同じ奴隷であっても、セックス出来るとなれば男達に容赦などない。逃げられない様に上半身を押さえられ、後ろから突き上げられる女の悲鳴が切ない。更に犯されながら繁殖には関係のない口唇奉仕まで強いられれば、それはもはや輪姦れているのと変わりなどなくて……。そして、そうやって犯されれば嫌なのに……一方的に与えられる性の刺激が、無理矢理される被虐感に増幅する。意志を裏切って反応する身体を恨みつつ、種付けされる恥辱に塗れ、犯される女は身体を押さえ付けられ体内に精を受ける。

               続きを読む                  

売られた女

男達に拉致される様に部屋に連れ込まれ、全裸に剥かれてしまった美人社員。スレンダーなボディと美しい巨乳が切ない。その肢体を嬲られつつ聞かされたのは……社長に会社の借金の為に売られたと云う事実。男達の「もう奴隷なんだよ」と云う台詞。 「そんなッ、あんまりです……私そんなの絶対嫌ですッ!」 女の非違も虚しく開かれる両脚。晒される漆黒に輝く叢。形のハッキリとした端正な秘唇。「い、いやぁっ……ッッ!」 恥ずかしい格好で股を拡らかれる恥辱。 「や、やめてッ!」 左右に拡らかれる肉襞。はらわたまで見られる羞恥に女の美貌が朱に染まる。売られた女。奴隷に堕ちた女。待っていたのは、輪姦などと云う生易しいものではなかった。男達が興味を持ったのは女の排泄の門。男達に尻の穴を見られるだけでも恥ずかしい。ソロリと窄まりを撫ぜられれば背筋に走る、ゾクゾクとする妖しい感覚。だが……「ぁぁぁ、やめて」 突き刺される指の感覚に悲鳴を奪われる。初めて知る、何とも云えぬ背徳の性感。 女の肢体がフルフルと震えれば、更には性具で嬲られて……。女の全ての穴を犯されて啼く、巨乳な美人社員。

               続きを読む                  

夫の前でも犯されて

話し合いの途中で牙を剥く男達。「動くんじゃねぇよッ!」 必死な抵抗も虚しく、服を破かれ、二人掛りで乱暴に犯されてしまう。その一部始終を写真に撮られてしまえば……夫のいる身。もはや男達に従うしかなく。男達の欲望の赴くままに、場所を選ばず性の相手をさせられる。嫌なのに……弱みを握られ逆らえなければ……。自宅で良い様に犯され続けたなら、性の悦びを知り尽くした女の身体は……。肉付きの良いグラマラスなボディ。形の好い乳房。〝感じたくない〟〝こんな男に〟だが女体を嬲られ貫かれ、激しく突き上げられれば否が応にも身体は反応してしまう。犯されている事を強調する男達の声を聴きつつ、強引な性感を送り込まれると女の声が漏れてしまう。ついには夫の前でまで。四つん這いの惨めな姿で犯される姿。髪を掴まれれば眼の前には夫が。そして怒涛の様に押し寄せてくる性感。思わず顔を背ければ、髪を掴まれ……「あなた、み、見ないでッ!」 他人に突かれて絶頂に達してしまう顔など。「ああぁぁッ、い、いやっ」 その肢体が反り返る。更には体内に……。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング