官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:嫌なのに

20160312

身体に力が入らない……。妙な媚薬を使われた女捜査官。助けるはずの先輩も敵に奪われ失意の底で我が身に迫る男の手。「やめて」 無駄と知りつつそう口にする悲壮な表情が良い。身体を弄られる悍ましさに身を捩るも力の入らぬ女体は容易くスーツを乱されて行く。憎い男の眼に女の構造を晒す恥辱に意識が白む。それでも一方的に秘唇を嬲られ、膣道を擦り上げられれば、嫌なのに……得も云われぬ甘美な刺激に女の下半身が蕩けていく。「ち、違うのッ……それは」 男の指を激しく濡らした事が判る。それを見せ付けられる恥辱。更には先輩の身柄で脅されれば男の男根に奉仕せざるを得ない屈辱。そんな被虐が貫かれる性の刺激に拍車をかければ、女は犯される悦びに堕ちて行き……。

               続きを読む                  

嫌がる人妻の陥落

夫の留守。白昼の寝室。迂闊に家へと入れてしまった知人の男に人妻が押し倒されたのは夫婦のベッド。「いやッ……やめて」 こんなつもりじゃない。だが男の力に敵うはずもなく。乱されていく衣服。零れた美乳の乳首が屹立しているのが切ない。嫌なのに……その意識に成熟した女の肉体が反応する。奪われるショーツ。露わになった秘部を弄ぶ男の巧みな指戯に熱いものが込み上げる。「やめてッ……ぁッ、あぁぁ」 抗いつつも女の生々しい声を奪われる。強引に犯される口唇。「旦那のよりいいんだろ? でなけりゃこんなに濡れる訳ないよな?」 舌先に感じる熱い猛りに下腹の底がしとどに濡れる。その反応まで知られた羞恥に頭の芯が灼かれて行く人妻の姿がエロティック。貫かれれば脊髄を駈け上がる峻烈な性感にしなやかな女の背中が撓る。

               続きを読む                  

20160305_2

夫の弟の勝手な言い分。だが……元はと云えば自分にも……。そんな思いが愛らしい人妻の抵抗の心を折る。「一度だけ……約束して」 守られるはずもない約束。だが、今はそれを信じるしか。俯き逡巡し、それでも云われるままに服を脱ぐ人妻。着衣の男の前で肌を晒す羞恥に身体が震える。量感溢れる乳房。顔に似合わず黒々と光る濃密な叢。その全てを鑑賞される恥辱に耐える若妻の苦悩に満ちた表情が良い。そしてその女体に手を掛けられれば……。「ぁぁぁッ!」恥ずかしさに滲む熱い蜜を舌先で救う様に女の肉の割れ目をなぞり上げられれば、湧き起こる快楽に切ない声が漏れる。嫌なのに……与えられる性感に健康な女の肉体が反応してしまう。仕方なく、そう自分に云い聞かせつつ貫かれる悦楽に乳房を揺らして身悶える人妻。

               続きを読む                  

緊縛肛虐の女

「なぜ私が……」 そんな思いもこうなってしまえば既に虚しい。全裸に剥きあげられた熟れた女体。後ろ手に縛られ乳房を絞り出されて縄打たれれば、肌に喰い込む刺激が悩ましい。ましてその相手は同性の女。肌を晒すだけでも恥ずかしい。それがこんな屈辱を……。無理矢理に咥えさせられる年下社員の性器。が、その被虐感に女の底が熱く潤む。意志に反して反応する身体が恨めしい。嘔吐きながら歪む美貌が妙に切ない。もはやこれからの展開など、自分でも判っていた。この女の前で縛られた身体を部下に犯される。恥辱に胸が詰まるが、その怒張が充てがわれたのは……。

               続きを読む                  

脅されつつ感じる女

連れ込まれた夜更けのオフィス。だが社内にはまだ大勢の社員達が……。デスクに押し倒され必死で抵抗する可憐な美貌が美しい女子社員。弾け飛ぶブラウスのボタン。零れる形の良い乳房。「嫌ッ!」 だが男の力でねじ伏せられれば、逃れる事など出来なくて。こんな姿を他の社員に見られるわけにはいかない。それでも抗う女の姿がそそる。だが抵抗すれば縛り上げられる両手。無理矢理に咥えさせられる男根。そして……。嫌なのに。無理矢理に与えられる性感に反応する女体。声を殺して犯されるスレンダー美人のエロス。

               続きを読む                  

痴漢の指に啼く女

〝こんな……あ、ありえない〟忍び寄る痴漢の手。それだけなら判る。だが、いったい何人いるのだろう? 逃れようにも見知らぬ男達に囲まれてしまえば電車のなかで逃げ場などない。声をあげようにも既にショーツは奪われ……〝い、いやッ!〟切り裂かれる衣服。捲り上げられれば、たわわな乳房までもが衆人環境のなかで晒されて。〝こ、こんな……くっあっ〟更には無理矢理の指姦。被虐の官能と性の刺激。反応してしまう自分が悔しい……。
               続きを読む                  

言い成りの女

絶対にバラされてはならない秘密。可憐な美貌の女子社員はそんな弱みを握られれば「じゃあ、ここでストリップして見せろよ」出来る訳ない。だが、弱みの画像を見せられ、誰かが来る前にと急かされれば……ブラジャーを外し、ショーツに手を掛ける。露わらなった形の良い美乳。顔に似合わぬ黒々とした陰毛。これで済まない事ぐらい、裸になった時点で判っている。それでも迫られれば嫌々と首を振って抵抗する様が切ない。好きでもない男の性器を口唇に含む惨めさ、脅さられて裸になって辱められる被虐感、何故か女の底が熱く潤む。強引に後ろから貫いて来る男根が巻き上げる性感。愛らしい乳房を揺らし、せめて声を漏らすまいと唇を塞いで耐える様がエロティック。

               続きを読む                  

寝取られに興奮する夫婦

何を云われても逆らえない事情を抱えた夫婦。夫の眼の前で犯される人妻は、快楽に我を忘れる他に何が出来よう。犬の格好で犯される自分の妻の姿。他人と交わる妻に性器をしゃぶられる恥辱の快感。「いっぱい突かれて気持ちいいの」 「あたな見てッ!」 自分の前では見せた事のない妻の痴態。夫の眼が見開かれれば、云われるままに惨めな台詞を口にして被虐の官能に意識を白ませるしかない人妻の憐れ。突き上げて来る性感と見られる興奮とに身を任せ、「あたな気持ちいいのッ……もっと、もっと、逝く、逝っく……ッ!」 幾度も肢体を痙攣させて昇り詰め 「おチンポください」 「精子下さいッ!」 他人の男に淫らに懇願する妻の姿に夫の男根は反り返る。

               続きを読む                  

使われる女

拉致され家畜に落とされた愛らしい若い女性。全裸で檻の中で飼われそして男達の慰み者にされる日々。だが今日は……。車で運ばれる途中でその目的が告げられる。まだ生々しい記憶が鮮明に甦る。素っ裸で首輪をつけられ村のなかを歩く女の姿。〝そ、そんな……〟それが我が身となると思えば胸が詰まる。肌にあたる空気に、全裸で野外にいる事を改めて思い知らされる。すり寄って来る見ず知らずの村人たち。その男達に裸を晒す羞恥。突き刺さる視線が痛い。好奇心に身たち男達に女の構造はおろか、排泄の穴まで暴かれ鑑賞される恥辱。それなのに……惨めさに女の芯が熱くなる。無理矢理に嬲られる性感に潮を噴き上げ失禁まで晒す被虐に女の意識は焦げていく。

               続きを読む                  

逝かせてください女

「そんな事したって無駄よ」 「堕ちたりなんかしない」 「気持ち良くなんてない」 天井に吊られた両手。身体に張り付くボディスーツ。そのうえから執拗に性の刺激を与えて来るのは憎い敵の男。気丈な女捜査官は男を睨みつけるも……。「んぁぁぁっ」 余りの刺激に容易く絶頂へと押し上げられる。が 「逝ってない」 とその心は折れてはいない。引き上げられる秘部を覆うスーツのファスナー。と、女の顔色が変わり 「……やめて」 と震える様に云うのがそそる。だが、それはまだ地獄の始まり。「どっちも気持ち良くなんてない」 男の指姦に潮を噴きつつも毒づく女。が、与え続けられる堪らない性感。あと少し。絶頂目前で刺激を奪われる寸止め調教。「……逝かせてください」 陥落する女が嗜虐心を煽る。

               続きを読む                  

混浴犯され女

気が付いてみれば混浴露天風呂に女性は自分ひとりだけ。続々と入って来る見知らぬ男性客達。〝え?……ちょっ、嘘でしょ?〟湯の中で伸びて来る男達の手。まさかの事態に女の眼が見開かれる。だが、それは嘘などではない。「い、いやッ……やめて」 入浴中なのだ。身体を守るものはタオルだけ。そんなものは容赦なく毟り取られ丸裸にされれば「やだ、やだッ」 暴れようにも複数の男達に押さえ付けられれば逃れる事など出来はしない。無理矢理に奪われる唇。弄ばれる乳房。襲われている、そんな被虐感が意識を掠めると男の舌に不意に応じてしまうのが情けない。恥ずかしく大股を拡らかれ女性器も露わに嬲られれば、嫌なのに……。恐怖のなかで性感を与えられ女の反応を愉しまれ、口唇を凌辱されるスレンダー美乳な若い女。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング