官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:強制

手コキ女

ありえない状況。自分の恋人が見知らぬ男に裸体を晒し、その男根に手で奉仕する姿。それも自分の眼の前で。そんな異常な事態に興奮する男を彼氏に持った若く可憐な女。玄関のドアを開け全裸同然の女の姿に戸惑う配達人の男。それでも荷物を渡し印鑑を受ければ当然の様に去ろうとする。それを 「あ、ゴミが」 と不自然に呼び止める女。〝ほ、本当にするの?〟チラチラと彼氏を顧みる様子が生々しい。逡巡しつつも強引に男の股間に手を伸ばせばハラリと落ちるバスタオル。慌てて拾い裸体を隠す女だが、その手は既に男の男根を剥き出しにしていて。「嫌ですか?……駄目ですか?」と配達人を窺がい、それでもビデオに撮られつつ射精に導く様に奇妙なエロスが漂う。

               続きを読む                  

ゴージャスな女教師

「ほらっ、先生はやく」 全裸で向き合う女教師と男子生徒。美人女教師のゴージャスなボディ。括れた腰つき。迫り出して、上を向いてツンと尖る乳房。眼の前に椅子に座る男子生徒の股間では、隆々とそそり勃つ男根が天を衝く。促されて、突き下ろした女教師の両手が拳を握りしめる。その見事な裸体には、既にたっぷりとオイルが塗り込められヌメヌメと妖しく輝く。そう、これは生徒に全身奉仕する為の……。逆らえない事情。屈辱に肩を震わせ、それでも俯き云われるままに生徒へとにじり寄る全裸の美人教師。後ろを向いて座る男に跨る。怒張を尻の谷間に擦り付け、淫らに腰を畝らせて、手では自らの女陰を嬲り慰めねばならない恥辱。「ぁぁっ……ぅん…あぁ」 オイルに濡れた肌が擦れ合う甘美な感触。馴染んだ指先が紡ぎあげる得も云われぬ性感。堪らず女教師の美しい顎が上がる。「亀頭にクリトリスを擦り付けろよ……ほら、もっと腰を振れ」 命じられるままに向きを変えて跨れば、それだけで巨乳が揺れ 「あっ、ぁぁぁぁぁッ…」 敏感な秘核を擦り付ける奉仕が女体に快楽を送り込む。「これで最後よ?…こ、こう?」 必死で腰を使う女教師がエロティック。そして、ネットリと舌を絡め喉奥深くまで咥え込む濃厚な口唇奉仕。美貌に真白な精を受け〝……こ、これで終わった〟と項垂れる女教師。だが、投げられる生徒の残酷な言葉。「そ、そんな……」

               続きを読む                  

悪徳医師と美熟女

品の良い肉感的な美熟女。一年ほど子作りに励んでいるが子に恵まれずに訪れた産婦人科。だがその医師は……。検診台の上で大きく拡らかれた、ムッチリとして脂の乗り切った人妻の太腿が眩しい。黒々とした濃密な叢が医師の手で掻き分けられれば、晒された陰裂がなぞり上げられ、摘ままれ左右に拡らかれる肉襞。検査だから……そう自分に云い聞かせ、性器を覗き込まれる羞恥に耐える美人妻。尻の穴まで晒し、秘裂を弄られつつ、普段の性交の様子を告白させられる恥辱に、清楚な美貌が朱に染まる。その淡泊な前戯を指摘されば、刺激を与え反応を確認すると云う医師。当然それは性の愛撫以外であるはずもなく。ソロリソロリと陰裂をなぞり上げて来る指先。〝んっ、あぅぅ……あっ〟割れ目を浅く抉っては、見られる羞恥と刺激とに硬く尖った秘核が跳ね上げられる。更には包皮を剥かれ剥き出しになった肉芽が嬲られて。〝ぁぁっ、ああっ〟フルフルと震える人妻の肢体。甘い吐息を隠せない。正常だと云われれば全体の反応の様子も確認すると云う医師に、不審も抱かず自ら乳房を晒す人妻の表情が切ない。仰向けでも隆起を誇る量感たっぷりの乳房。そしてカーテンで顔を隠されれば、子宮の入り口を刺激すると云う医師。〝え?…これって……ぁぁっ……オチンチンじゃ?〟膣道を擦り上げるものの正体を悟りつつ口に出来ない美人妻。与えられる快楽。必死に漏れそうになる声を堪える表情が良い。

               続きを読む                  

嬲られる女子高生

〝……こんなの、おかしい〟乳房を露わにされるのは判る。だがローションを塗る必要が何処にあるのだろう。〝ちょっ、え?……んっ、ぁぁっ〟身体を撫ぜ回す医師の手つきは触診を超えて愛撫そのもの。〝でも、お母さんも隣にいるのに……そんなはず〟戸惑いながらもその性戯に反応する年若い女体。瑞々しい乳房の頂きは既に硬く尖り切って。寝かされれば医師の熱く硬いモノを押し付けられ。〝や、やっぱり〟だが、そう悟った時には既に遅い。〝か、感じちゃう……んっ、いいっ〟嫌なのに、どうして、そんな思いは身体の反応に呑み込まれ、医師に逆らう事が出来ない。「ああっ、うんっ……あ、ああ」 全裸に剥かれ、恥ずかしいポーズで加えられる性の刺激に甘い声が漏れてしまう。「こっち見なくていいから」 と云われても 「あッ!……ん、はうっ」 陰裂を割り裂き、膣道を擦り上げて侵入して来たものが何なのかなど明らかで。それなのに悲鳴をあげる事が出来ない。その抽送に共鳴する様に腰が動くのを止められない。こうなっては母親に知られる訳にはもう行かない。押し寄せる快楽の波に身をまかせ、必死で声を堪える表情がエロティック。

               続きを読む                  

連続絶頂に痙攣する女

診察台に拘束された愛らしい若い女性。ローションで濡らされた衣服の上からその肢体を弄ぶ無数の手。次第に荒くなる女の息遣い。性感に火照る女体。その敏感になった秘部に充てられたのは電導性具の激しい刺激。「あぁぁーッッ!!」 電気が走ったように全身を貫く峻烈な性感に女の悲鳴が迸る。身悶えする事も許されない拘束された身体。一方的に与えられ続けられる強烈な性の刺激。肌蹴られる胸許。露わになるローションに光る巨乳。「いやぁぁっ……逝くぅぅっっッ!」 ピンと背筋を反らせて昇り詰める女体。それを押さえ付け更に加えられる激しい振動。「いやっ、嫌っ……だめっ」 ガクガクと震える女体がエロティックだが、女の眼は見開かれ。「逝く、逝くッ……逝ッちゃうッッっ」 それでも止まらない性の刺激。「だめ」 「いや」 「逝く」 が密室に乱舞すれば、波打つ肢体を押さえ付け続けられる快楽責め。幾度となく絶叫を噴き上げ、刺激から逃れようと身を捩りながら絶頂へと押し上げられれば、女はもはや発狂寸前。痙攣する女の切実な表情が何とも云えず嗜虐心をそそる。

               続きを読む                  

危機なる女

何故、こんな事になってしまったのか判らない。自分が捕えていた女。その女に復讐され、下着姿で縛り上げられた気丈な美人。散々に投げ掛けられる恨み節と、その裏返しの脅しの言葉。自分が女にしてきた事を思えば、そして彼等の非道な本性を知れば、自らの身に、これから降りかかる災厄は容易に想像できる。と、明日の恐怖の事態だけを云い残されて放置される気丈美女。〝こ、このままでは〟だが緊縛された不自由な肢体。動けば動くほど肌に喰い込む縄の刺激。〝いやッ!……そんなの嫌っ〟何とか逃れようと身悶える女。声をあげようにも猿轡を噛まされていては、それすら儘ならない。どんなに身を捩っても縄に緩む気配などありはしない。それどころか、縄は最前にも増して締まっている様ですらあり。切羽詰った女の表情が視る者の嗜虐心を煽る。逃れる事など出来はしない。そんな事は女の意識にも明瞭で。だが、このままでは……。凌辱と辱めとの恐怖に、無駄と知りつつ必死で抗う女のエロス。〝い、いやぁっ……ッッ!〟

               続きを読む                  

屈辱謝罪の女達

「私に何か出来る事はありますでょうか?」 取り返しのつかない仕事のミス。得意先を窮地に追い込んだ責任。既に謝罪は尽くし、眼の前で上司は土下座をしている。「なんでもするんじゃないのかよ?」 そう云われれば、男達の命令に従う事しか出来はしない。上着を脱ぎ、ブラウスまで脱ぎ、上半身ブラジャーだけの姿となってテーブルの上で土下座する肉感巨乳な女子社員。だがそれで許される訳もない。「自分がやった事わかってる?」 更に追い打ちを掛ける男達。スカートを脱げと命じられ、下を向き、唇を噛む緊張した女の様がそそる。下着姿となり云われるままに尻を突き出せば、自らショーツを下ろし尻を晒す屈辱。更に命じられる口唇奉仕にすら、オズオズと従う様が憐れ。だが……そうなってしまえば、もはや女達の運命は……。上司ともども男達によって良い様に凌辱される女達。〝ありえない、こんなこと〟そんな思いが犯される女達の官能を煽る。その被虐の意識と与えられる肉体への刺激。嫌なのに……。快楽に放つ女達の喘ぎ声が切ない。

               続きを読む                  

マッサージで感じる女

「……恥ずかしいから」 ショーツ一枚でオイルマッサージを受ける美熟女。脂の乗ったしなやかなボディがオイルにヌメヌメと光る様が卑猥。施術師が女性である事に気を許した人妻美熟女は、始めのうちはエステシャンの語り掛けに軽く応答していたものの、肌を這いまわる手の動きは余りにエロティックで。敏感な肌にはサワサワと甘い性感が拡がって行く。女のツボを心得たその指使いは巧妙かつ狡猾で。〝えっ?な、なに?〟そう思った時にはもう遅い。不意に重ねられた唇に思わず応えてしまう。そしてショーツの上から秘部を撫ぜ回す女の手。この辺も、濡れちゃってますよ? 反応を知られてしまった人妻が、顔を背け 「恥ずかしいから」 とだけ答えれば、よろしいんですか? そんな事云っちゃって。意地悪く囁く若い娘。大丈夫、誰も来ませんから。そう云いながらショーツが奪われる。そうなってしまえば、もはや年若いエステシャンのなすがまま。「んっ、んんっ……ぁぁぁ」 巧妙な指戯に美熟女の悩ましい吐息が漏れる。「あっ、……あぁっ、うっ、あっ」 敏感な個所に触れられるたびに肢体がビクンと震え、糸を引く様な甘い声が漏れてしまう。その反応を愉しまれているのが悔しい。けれど 「恥ずかしい」 と答えるのが精一杯。「あぁぁーっっ……ぁぁ」 激しくなっていく指使いに身体がヒクヒクと震える。年下の同性の施術師に嬲られている感覚が人妻の脳を焦がせば、ほら逝きなさい、とばかりの指姦に美熟女は背筋を撓らせビクビクと昇り詰める。

               続きを読む                  

敵国拷問の女

敵に捉えられ捕虜にされた若い女。慰み者にされるうちに知られてしまうマゾヒスティックな性癖。それを知った憲兵達は……。頬を打たれて女陰を濡らし、立ったまま与えられる性感に潮を噴き零す様が卑猥。敵国の兵に、こんな辱しめを受けて激しく反応する己の身体を呪うしかない女。更には、全裸に剥かれ拡らかれる女体。四方にピンッと伸ばして拘束された肢体は、女の全てを晒し一部を隠す事すら出来はしない。その被虐感に否が応でも熱いものが込み上げてしまう情けなさ。だが、身体に電流を流す器具を見せられれば、その恐怖に女の美貌が引き攣る。恐ろしさに震える肢体。その表情は視るものの嗜虐心を煽らずには置かない。そして、ひとたび電流が流されれば絶叫と共に仰け反り返る女体。堪え様もない苦痛。だが、その間にも女の陰裂からは熱い蜜が滴り落ちる。それだけではない。特殊な性具で身動き出来ぬ身に一方的に性感を送り込まれれば、幾度となくビクビク痙攣する様に昇り詰める反応を愉しまれ、挙句、失禁してしまう様がエロティック。犯されては、甘美な女の声が響き渡る。

               続きを読む                  

万引き主婦

「警察、いや旦那は嫌なんですよね?」 勿体をつけた男の台詞。その間も弄られ続ける清楚な人妻の女体。だが、…こんな事、誰にも知られる訳にはいかない。頷く美貌が切ない。「本当に悪いと思っているんなら、それなりの罪の被り方して貰うんじゃないですか?」 その頃には、ブラウスは肌蹴られピンクのブラジャーはズラされて。剥き出しになった美乳を揉みし抱く男の手。「……はっ、あぁッ」 これから我が身に起こる災厄を思い、そして与えられる刺激とにツンッと尖った乳首を嬲られれば、ピンクと身体が震え女の声が漏れてしまう。「こちらで穏便にすませてあげますよ」 命じられる口唇奉仕。……断る事は……出来ない。男の脚許に跪く人妻。「いやらしい舌使いだ……厭らしい人妻だ」 強制されての行為を詰られる恥辱。更に、卑猥な舌使いを強要され、「すいませんでした、って思ってますか?」 と問われれば 「思っています。……すみませんでした」 男の性器に舌を使いながら謝らされる惨めな人妻の姿がそそる。後ろから怒張に貫かれつつ自らの非を言葉で認めさせられる人妻。嫌なのに膣道から湧き起こり総身に拡がる性感に声が漏れる。「ごめんなさい」 謝罪しながら犯され、抗う間もなく体内に精を注がれる美人妻の悲劇。

               続きを読む                  

湯煙り美人女将

老舗旅館の美人若女将。気丈で肉感巨乳な若女将だが夫はいない未亡人。苦しい経営。そこに付け込む組合長。「判るでしょう? 子供じゃないんだから」 辱められる為に自ら布団を敷かされる屈辱。乳房を嬲られ 「あっ……んっ」 そこへ押し倒されれば弄られる女体。思わず甘い声が漏れてしまう。その脚が拡らかれる、それだけでも恥ずかしいのに、尻を持ち上げられた四つん這い。下ろされるショーツ。まず尻の穴が、そして秘裂が……。「は、恥ずかしいです」 男の眼に、女の構造が男の晒されたのが痛いほど判る。「しばらく鑑賞していいですか?」 それはもう辱め以外の何物でもなく……。だが、恥ずかしい、そう思えば思うほど、割れ目に熱いものが滲んでしまう悔しさ。そして、着物を奪われ欄間を握っているように命じられる。両手を頭上に掲げた裸体をサワサワと這いまわる男の手。「はっ……んっ、あっ……うっ……あ、ああぁっ」 波紋の様に全身に拡がって行く性感に、肢体がくねり声が漏れる。白い足袋が爪先立ちになり身悶える様が卑猥。散々に嬲られれば、既に若女将の肉体は火柱の様に熱くなり、意識は官能に染め上がる。云われるままに勃起に舌を絡めれば、その熱さに頭の芯まで侵されて。自らの手で尻を拡らかせられる。その恥辱が官能に拍車を掛け、男根でなぞられる女の肉の割れ目。しなる背筋。「ああっ、んあっ」 硬い熱杭に陰裂を抉られれば声を奪われ、そして引き抜かれる男根。 快楽に蕩けた若女将の女体。その唇から洩れたのは 「……ください」 切ない陥落の台詞。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング