官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:拘束

縄に抱かれる女

グラマラスで肉感的なボディが見事な緊縛された女。全裸の女体には厳しく縄が打たれ、天井から後ろ手に繋がれて。絞り出された巨乳。肌に喰い込む縄の刺激。縛られ自由を奪われた屈辱感と素っ裸で拘束されている被虐感とに女の身体が妖しく揺れる。次第に火照り出した女体の底はいつしか熱いものでしとどに潤んで。適度な身悶えが許される緊迫感が返ってもどかしい。触れられてもいないのに身体の芯が淫らに疼く。締め上げて来る縄の感触に嬲られ、被虐の官能に憑りつかれた女体。はらりと天井から縄が外れれば、逃げ出す事より女が選んだのは……。縛られた身体で椅子に女陰を擦り付ける女の様が何とも云えずエロティック。

               続きを読む                  

打たれる女

肉感的なボディが悩ましい気丈な美人捜査官。だが敵の手に堕ちてしまえば、後ろ手に厳しく拘束され、その乱され乳房はおろか型の良い尻まで晒される。「従わないって云てるでしょ?」剥き出しになった滑らかな尻を力任せに鞭で打たれる痛み。だがこんな男達に従う訳にはいかない。打たれた回数を数えるなんて……。苦痛に悲鳴が上がってしまうのさえ悔しい。しかし無視すれば、また最初から打たれる屈辱。いつ果てるともない猛烈な痛み。拘束され逃れる事の出来ない身体。そこへ次から次へと鞭打たれれば、女の身体は我知らずと火照り出す。やがては男達の前で全裸に剥かれ、その乳首に施された蝋が痛々しい。「はい」調教に屈した強気な女の素直な返事がそそる。

               続きを読む                  

鞭打たれる女達

全裸で拘束された美しき熟女が二人。ソファの上で尻を突き出せば女陰はおろか、絶対秘匿の排泄の穴までが剥き出しで。脂の乗った艶やかな背中。堂々とした太腿。「あぁぁーっっ!!」 そこへ振り下ろされる鞭がシャープな音を鳴らせば、女の絶叫が迸る。打たれる数を数える惨めさ。逃れられない肢体に与えられる激痛。だが女達はその被虐の快楽を知っている。痛みにのた打ち悲鳴を上げ、鞭打たれながら絶頂する女。それを見れば自分にも、と鞭を乞う女。拘束され一方的に鞭打たれる苦痛と悦楽の狭間で、被虐の悦びに啼く美熟女達のエロス。

               続きを読む                  

不倫発覚女の悲劇

「これでまた秘密が増えちゃいましたね、奥さん」 不倫を知られたグラマラス巨乳な美人妻。夫の同僚達に脅され犯されその快楽に堕ちて行き……。更には、その事実をも脅しの材料に使われれば、絡まった蜘蛛の糸から逃れる事など出来はしない。頭上で両手を拘束されて鴨居に吊られれば、その拘束の被虐感に女の底が潤んでしまう。夫の部下達に嬲られている、その思いすらもが、不自由な身に与えられる性感を増幅させる。それだけではない。「温めておきましたよ」 そこへ呼ばれたのは夫の上司。「部長さん……どうして」 両手を括られ乳房は剥き出し、下半身は顔に似合わぬ黒々とした陰毛も丸出しで。〝あぁぁ、また〟自分の運命を悟った人妻の 「主人にだけは絶対に云わないで下さい」 の台詞が切ない。そして、逆らえない状況で夫の知人達に玩具にされ、凌辱されると思う惨めさが、人妻の官能を煽り火照らせる。「貴方ごめんなさい」 「スケベな妻でごめんなさい」 「他の男のチンポ咥え込んでごめんなさい」 云わされながら肛門を晒し、尻を打たれる恥辱。辱められ、犯される悦びを知った美人妻の淫らな悲劇。

               続きを読む                  

連続絶頂に痙攣する女

診察台に拘束された愛らしい若い女性。ローションで濡らされた衣服の上からその肢体を弄ぶ無数の手。次第に荒くなる女の息遣い。性感に火照る女体。その敏感になった秘部に充てられたのは電導性具の激しい刺激。「あぁぁーッッ!!」 電気が走ったように全身を貫く峻烈な性感に女の悲鳴が迸る。身悶えする事も許されない拘束された身体。一方的に与えられ続けられる強烈な性の刺激。肌蹴られる胸許。露わになるローションに光る巨乳。「いやぁぁっ……逝くぅぅっっッ!」 ピンと背筋を反らせて昇り詰める女体。それを押さえ付け更に加えられる激しい振動。「いやっ、嫌っ……だめっ」 ガクガクと震える女体がエロティックだが、女の眼は見開かれ。「逝く、逝くッ……逝ッちゃうッッっ」 それでも止まらない性の刺激。「だめ」 「いや」 「逝く」 が密室に乱舞すれば、波打つ肢体を押さえ付け続けられる快楽責め。幾度となく絶叫を噴き上げ、刺激から逃れようと身を捩りながら絶頂へと押し上げられれば、女はもはや発狂寸前。痙攣する女の切実な表情が何とも云えず嗜虐心をそそる。

               続きを読む                  

危機なる女

何故、こんな事になってしまったのか判らない。自分が捕えていた女。その女に復讐され、下着姿で縛り上げられた気丈な美人。散々に投げ掛けられる恨み節と、その裏返しの脅しの言葉。自分が女にしてきた事を思えば、そして彼等の非道な本性を知れば、自らの身に、これから降りかかる災厄は容易に想像できる。と、明日の恐怖の事態だけを云い残されて放置される気丈美女。〝こ、このままでは〟だが緊縛された不自由な肢体。動けば動くほど肌に喰い込む縄の刺激。〝いやッ!……そんなの嫌っ〟何とか逃れようと身悶える女。声をあげようにも猿轡を噛まされていては、それすら儘ならない。どんなに身を捩っても縄に緩む気配などありはしない。それどころか、縄は最前にも増して締まっている様ですらあり。切羽詰った女の表情が視る者の嗜虐心を煽る。逃れる事など出来はしない。そんな事は女の意識にも明瞭で。だが、このままでは……。凌辱と辱めとの恐怖に、無駄と知りつつ必死で抗う女のエロス。〝い、いやぁっ……ッッ!〟

               続きを読む                  

緊縛調教女

乳房も露わにショーツ一枚で緊縛された美熟女。その片脚は高々と掲げられ、舌は伸ばされ鋏を打たれ、それは尖った乳首もまた同様で。切ない痛みと惨めな格好が女の身に沁みれば悲鳴が漏れる。最後の一枚が剥ぎ取れるまでに時間はかからない。「あっ、ああっぁっ」 そんな格好のまま加えられる秘部への刺激。その身体の不自由さが与えられる刺激を増幅する。逃れる事も出来ず一方的に嬲られるしかない被虐が女体の芯を熱くすれば、漏れる悲鳴は大きくなり、意識は官能に染め上がる。苦痛と快楽。男根で貫かれる悦楽と、締め付けて来る縄の刺激。膣道を擦り上げられる愉悦と、喉奥を突かれる苦しさ。縛られ鞭打たれる被虐。顔を踏みつけられつつ、後ろから犯される悦び。自分でも何故にこんな仕打ちに昂ぶるのか判らない。それなのに苦痛の快楽との狭間で炎上する身体を押さえられない。地下室には、今夜も女の悦楽の悲鳴が響き渡る。

               続きを読む                  

擽りの刑な女

それは気が狂わんばかりの拷問。ショーツ一枚で両手両脚を拡らいて拘束されたスレンダー美人。形よく迫り出した乳房が何とも云えず美しい。その動けぬ身体に与えられる残酷な責め苦。仮面をつけた男達の手が女の肢体を這いまわる。「んっ、あははっ ああっ、ああっ、ははっ」 だがそれは、性の刺激などではありはしない。敏感な太腿の内側……うつくしい脇の下……過敏な脇腹……。余りのくすぐったさに耐えられない女の唇から絶え間なく笑い声が迸る。身悶える肢体。軋む鎖。一方的に与えられるくすぐったさに身を捩る事しか出来ない女の憐れ。そこへ……付け加えられるのは電動性具の甘美な刺激。下腹から込み上げてくる性感にビクンと跳ねる裸体。入り混じる二つの刺激。笑いたくとも笑えず、喘ぎたくとも喘げない。それでも絶え間なく押し寄せる性感に「ああっ、だめっ……逝く、逝く、逝ッちゃうッッっ」 と女が叫べばその刹那、全ての刺激が奪われる。弛緩する身体。肩で息をする女が切ない。「はうっ」 再開されれば声が上がる……そして再び絶頂寸前で……。激しい身悶えと弛緩とを繰り返し、気も狂わんばかりの女の姿が嗜虐心をそそる。「……もう、い、逝かせて」 堪らず女が陥落の言葉を口にすれば……始まったのは、今度は逆に連続絶頂の地獄。

               続きを読む                  

被虐性欲女

肉感的なグラマラスボディの熟女。その肉体と意識とに妖しく宿すは被虐の性欲。不倫相手の若い男が掛けていく縄。それが肌に喰い込む被虐感に、女の意識は恍惚へと吸い込まれ、ウットリする様に吐息を漏らす。縛られてしまえば動かせぬ両手。もはや男が何をしようが逆らう事など出来はしない。その拘束感に昂ぶる熟れた女体。後ろ手に縛られ立たされれば、背後から加えられる責めの愛撫に無様な姿で捩がり啼く。堂々たる乳房を揺らし、不格好な様で身悶える姿は卑猥そのもの。縄打たれての逞しい男根への口唇奉仕。たださえ滅多に味わえぬ若い男の猛る怒張。まして不自由に縛られた身体で唇を被せ喉を開けば、喉奥まで犯される感覚に熟女の脳裏は官能に染め上がっていく。そして……緊縛されたまま貫かれ犯されれば淫らな声を噴き零し、夫とでは味わえぬ被虐の官能を堪能する巨乳な人妻美熟女。

               続きを読む                  

擽られ失禁女

両手脚を拡らいて拘束された幼さ残る愛らしい女。これから我が身に施される無慈悲な仕打ちを聞かされれば 「弱いです」 と答えるも、だが、与えられた刺激はそんな予想を遙かに超えていて。八本の手が女体を這いまわる。しかも擽ったい敏感な個所ばかり。拘束された身では逃れる事はおろか、身悶える事すら不充分にしか出来はしない。全身を弄ぶ擽ったさに身を捩って笑うしかない女だが、その刺激は一方的に、しかも間断なく与えられ……。それは、もはや苦痛でしかないが、笑いで反応する事しか出来ないのが辛い。奪われていく衣服に悲鳴を上げる事も出来ずに全裸に剥かれた身体を、震わせ、のた打たせ、刺激に耐える女の様がエロティック。「だ、ため……これ、漏れちゃう」 耐えようのない擽ったさ。ある種、不気味な性感と相まった、激しい刺激に絶え間なく責め立てられれば、必死で堪える事も儘ならない。気がおかしくなりそうな意識の中で失禁してしまう愛らしい女性の憐れ。

               続きを読む                  

拘束の女

地下室に監禁された年若い愛らしい女性。既に身に纏うものはショーツだけ。その両手足は不自由に拘束されて……。足蹴にされて転がされる恥辱。更には無様な四つん這いで下ろされるショーツ。自分でも見た事のない尻の穴を確認される恥ずかしさに可愛らしい顔が歪む。「ぁっ、ぁっぁっ」 肛門を晒しながら剥き出しになった秘裂を撫ぜられれば、羞恥に我知らずと昂ぶった女体に淡い性感が拡がり切ない声が漏れてしまう。「好きじゃない」 男の陰茎を無理矢理に触らせられ、好きなんだろ?と問われれば、そう答えるも、その愛らしい乳房の頂きはピンッと硬く屹立していて……。嫌なのに……。二人掛りで嬲られる被虐にピンクに染まる女の肌。強引に男根を咥えさせられれば、戸惑いに男を見上げるつぶらな瞳が良い。「ぁぁぁっ、あっ、あっ」 そして貫かれれば甘い声が漏れてしまう惨めさ。快楽に侵しくなっていく意識。それが自分でも判る。口唇を男の性器で犯されながら、縛られた身を下から突き上げられれば頭の芯まで官能に痺れて。気が付けば犯されつつ別の男の男根を握り締めてしまっている悔しさ。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング