官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:服従

逝かせてください女

「そんな事したって無駄よ」 「堕ちたりなんかしない」 「気持ち良くなんてない」 天井に吊られた両手。身体に張り付くボディスーツ。そのうえから執拗に性の刺激を与えて来るのは憎い敵の男。気丈な女捜査官は男を睨みつけるも……。「んぁぁぁっ」 余りの刺激に容易く絶頂へと押し上げられる。が 「逝ってない」 とその心は折れてはいない。引き上げられる秘部を覆うスーツのファスナー。と、女の顔色が変わり 「……やめて」 と震える様に云うのがそそる。だが、それはまだ地獄の始まり。「どっちも気持ち良くなんてない」 男の指姦に潮を噴きつつも毒づく女。が、与え続けられる堪らない性感。あと少し。絶頂目前で刺激を奪われる寸止め調教。「……逝かせてください」 陥落する女が嗜虐心を煽る。

               続きを読む                  

懇願する女達

何故こんな男達に嬲られなければ……。全裸で緊縛され性の辱めを受け続ける女達。だがそんな思いも、気丈なプライドも、身動き出来ぬ身に一方的に性感を与えられ続け、そしてついに耐えきれず昇り詰めようとした、その刹那、刺激を奪われ梯子を外される調教を続けられれば、脆くも崩れる他ない。「逝きたいッ!逝かせて」 「もう少しで……意地悪しないで」 「……逝かせてください」 スレンダー美乳とグラマラス巨乳な裸体とが対比を為して嬲られ悶え、不条理な責めに屈して懇願する様がそそる。それを揶揄われた挙句、恥辱のなかで、ついに不遜な男達に絶頂へと押し上げられれば、待っていたのは……。

               続きを読む                  

20160206_4

清楚で端正な顔立ちが印象的な美乳妻。だが、その幸福な夫婦生活は、夫と共に拉致されたその日から崩壊する。地下室に監禁され全裸に剥かれた美人妻。しなやかで色白な美しい裸体。形の良い乳房、黒々と輝く陰毛、スラリと伸びた美脚。後ろ手に拘束された両手首が痛々しい。……待っていたのは無残なまでの性の調教。羞恥と恥辱に塗れ歪む美貌が嗜虐心を煽る。口内に放たれた男の精液を飲み下せなければ激しく頬を打たれ、体内に精を放たれ 「ありがとうございました」 の礼を云えなければ再び激しく頬が鳴る。押さえられ身動き出来ぬ身に一方的に与えられ続けられる性感。拘束され、嬲られ辱められる被虐感が、その愉悦を妖しく炎上させるのを自分でも気付かない訳にはいかない女の悲しさ。弄ばれつつ幾度となく絶頂へと押し上げられれば気丈な人妻の心にも罅が入る。そして……その調教の果てに立たされたステージでは。居並ぶ客達。覆面を被せられ正座させれた夫。その眼前で服を脱ぎ、自ら肛門を晒し、凌辱される人妻。更には……これまでの調教の様子までもが披露される屈辱。「ザーメンを全部飲める様になる為の調教です」 「中出しされる事に慣れる為の調教です」 「何度でも逝く身体になる為の調教です」 身分で解説せねばならない恥辱に人妻の肩が震え、女陰が熱いもので滲む。……「最初のお客様どうぞ」

               続きを読む                  

奴隷母

義理の息子に奴隷として仕える事を誓わされる狂った私刑判決。馬鹿げた茶番……だが、与えられる仕打ちは現実以外の何物でもなくて。素っ裸で土下座をし、義理とは云え自分の息子に忠誠を誓う惨めさ……。撫でる様な鞭捌きが徐々に厳しいものとなっていけば、肉感的な熟女母の唇から絞り取られる悲鳴。肌に近づいてくる蝋燭の炎。その恐怖に思わず奴隷らしからぬ言葉が漏れれば落された蝋の熱さに再びの悲鳴。縛られた身体。逃れる事の出来ない一方的に与えられる苦痛を、耐える事しか許されない母親。息子に背徳の肛門まで暴かれ、そこに落とされる蝋の熱さ……。母親の美貌が歪み悲鳴が上がる。だが……それはいつしか、服従する悦びへと。「……ご主人様」

               続きを読む                  

幼い絶頂

窓辺にロープで繋がれた黒髪の美少女。まだ幼さ残る可憐な顔立ち。……だが、その下半身は裸に剥かれ、上着は肌蹴られてブラがズラされ愛らしい美乳も露わに……。「あぁっぁ……あっ、あっ」 激しい指姦に、顔つきに不似合いな獣の様な喘ぎ声が乱舞する。ピンッと屹立した乳首、快楽に背中が仰け反る。見られるかも知れない恐怖、拘束された被虐感が、その官能を炎上させれば幼き女体は快楽に溶けて行く。両手は縛られたまま頭の後ろで組まされ、云われる儘に野太い男根に奉仕させられると、少女の肉体には更に従う悦びまでもが忍び込む。もはや快楽に抗う事など出来ない美少女。突き上げて来る快感に身を任せ、共鳴する様に腰を使い、激しく乳房を揺らす。「ぁぁぁぁぁ……い、逝っちゃう」 淫らな声を噴き零して昇り詰め……それでも止まらない淫靡な腰つき。

               続きを読む                  

身体で奉仕する人妻

騙されてソープに売られたスレンダー美乳な美人妻。失意の中ですぐに始まる実践研修。淫らな性戯を身につける為の研修に 「技術指導よろしくお願いします」 そう云わなければならない情けなさ。見ず知らずの男の前で裸体を晒す羞恥。だが、そんなものは序の口で……。タワシ洗いに壺洗い、そしてマットプレイ……客を満足させる為の屈辱的な奉仕の数々。初めて知る淫らな行為に、戸惑い、逡巡しながらも、恥を忍んで受け入れていく人妻の姿がそそる。「どうせ仕事するんなら楽しんでやったほうがいいぞ」 そう云われても 「……それは……やっぱり」 いざ自分で男の性器を受け入れるとなると身が竦む。……男に跨り腰を沈める。野太い怒張が狭い膣道を割り裂けば 「うっ、ぅぅ……ああぁぁ」 と声が漏れる。指導のひとつひとつに 「はい」 そう素直に応えて身体を使う様が切ない。「こうですか?」 云われるままに尻の穴を晒し必死で腰を振る美人妻の憐れなエロス。

               続きを読む                  

犯され続ける女

客をとるために囚われたスタイル抜群の巨乳な女囚。施されたのはその為の調教だけではない。看守達の性の慰みものに堕とされ、調教の後にも犯され続ける日々。全裸で拡らかれた両手両脚。枷で繋がれ拘束されれば逃れる事など出来はしない。何もかも晒されたむっちりとした肉感的な裸体を貫かれ前後に弾む乳房が艶めかしい。嫌なのに……それでも激しく突かれて膣道を擦り上げられれば反応してしまう身体が呪わしい。揺れる乳房の頂きは硬く屹立し、込み上げる性感に「あぁっ……あっ、ああっ、んっ」 と喘ぎ声が漏れてしまう。当然の様な中出しの宣言に 「な、なかは嫌ッ!……いやぁぁ……だめ、だめっ」 必死で悲鳴をあげるが繋がれ貫かれた身ではその瞬間を待つしかない。熱い迸りをドクドクと胎内に注がれ、それを口で清めさせられた挙句、「……ありがとうございました」 そう挨拶させられる屈辱。

               続きを読む                  

奴隷になる不倫妻

まさかこんな事になるとは……。不倫の代償は、巨乳な妻の思いも寄らない展開に。夫の前で服を脱ぐ。それはありふれた行為かも知れない。だが、不倫相手の男の前なのだ。そして男達は着衣。自分だけが裸であることが、妻の恥辱と惨めさとを掻き立てる。しかし、自分がした事を思えば、夫に逆らう事など出来はしない。男の前で夫に嬲られる惨めさ。そして、共犯である男にまで、それを手伝わさせる夫の残酷さに心が震える。「お願いします……気持ち良くしてください」 一方的に与えられては、絶頂の寸前で引き上げられる性感。女盛りの妻の女体が耐えられるはずもない。男の前で夫に懇願させられる妻。情けなさが妻の被虐の官能を煽れば、身体を震わせ激しく昇り詰める他ない。男の前で強いられる夫との性交。それを男に手伝わせて楽しむ夫。事態の異常さが、貫かれる妻の快楽に拍車をかける……。男と共に夫の奴隷に堕ちる妻は、幸いなのか不幸なのか……。

               続きを読む                  

鼻フックな美女

乳房を晒した半裸の姿で……両手を縄で括られ頭上で吊られた美熟女。囚われの身の様に拘束された裸体を撓らせ、思わず恍惚としているところへ男が見せたものは。「あっ……そんな。恥ずかしいです。……許して下さい」 鼻フック。それがどんなものかなど身に染みて判っている女は悲鳴をあげる。どんな美貌も醜く歪める恥辱の器具。鼻孔に掛かる冷たい感触。吊り上げられて行く情けない感覚。上を向いた鼻の孔。人に見せた事のない奥までをあからさまに晒して。女の背中に羞恥が拡がり、こんな姿まで見られてしまったと云う諦めは、何故か従う悦びを刺激する。更に口枷まで噛ませられ、反り返る裸体をサワサワとなぞられれば、全身に走るゾクゾクする様な性感に溢れる涎を、拘束された身では隠す事さえできはしない。鼻の穴を晒し、涎を滴らせる惨めな姿。そんな姿さえ受け入れられた。そう思えば被虐感のなかに奇妙な安堵が女に生まれ、激しく打たれる鞭の痛みにあがる悲鳴のなかに微かに混ざる甘美な喘ぎ。

               続きを読む                  

責められる美熟女

微かな灯りに浮かび上がる緊縛され後ろ手に吊られた美熟女の裸体。忍び寄る男の手に持たれた蝋燭の炎が、その美しい身体を照らし出す。縄に絞り出された美乳。座った脚の踵では、隠しきれない漆黒の叢。端正な美貌。その炎を眼にすれば、自分の身に施される仕打ちなど云われずとも判る。思わず蝋燭から顔を逸らす。落される蝋の恐怖から、男の手許を見る事が出来ない。ただ身を硬くして、ジッとその瞬間を待つ女の様がそそる。「あっ」 不意に肩口に落された熱い刺激。胸許にまで落とされる熱は、やがて容赦なく、敏感な乳房の頂きを襲う。「……あぁぁっ」 身体の芯にまで熱さが染みる。それは更に過敏な太腿の内側にまで……「んっ、う、あぁっ」 縛られた身体。そして調教を受ける身では、ただ耐える事しか出来はしない。「……うっ……く…ぁぁ」 だが、痛いほどに熱いのに、女底がジワッと潤みだすのが自分でも判る。そこを嬲られれば、こんな事で濡らしてしまう羞恥に女体が灼ける。それなのに、時折りそれを嬲る様に確認するばかりで、与えられるのは蝋の刺激のみ。叢を掻き分け時々陰裂を検る指の刺激が辛い。「逝きたいのか?」 男の問いにコクリと頷く切ない美貌が堪らない。尻を突き出し、降り注ぐ蝋の熱さの中で、女陰を嬲られビクビクと昇り詰める被虐の美熟女。

               続きを読む                  

凌辱に堕ちる女

学校の闇に囚われた女達。全裸で男達に押さえられ、眼の前で乱暴される妹に何も出来ない。「んぁッ!」その間に自らが後ろから犯される。それから逃れる事も出来ず眼前で嬲れる妹。「お姉ちゃんッ」叫ぶ妹に、背後から犯され、名を叫んで応えるしかない惨めさ。「お願い、妹だけはッ」必死に叫ぶ姉の姿がそそる。妹のショーツが奪われるのが見える。泣きながら指姦で逝かされるのが見える。犯される続ける自分。そんな被虐に何故か秘裂に熱い蜜が溢れれば擦りあげられる膣道から容赦ない性感が。「いやぁぁッッ!」奪われる妹の貞操。〝ひ、ひどい〟だが……下腹から駈け上がって来る性感に、気が付けば他の男の剛直をも扱いている自分。せめて声は出したくない。と思えば聴こえて来る妹の切ない女の声。糸が切れた様に、屈辱に塗れ快楽に堕ちていく姉。聞かされたのはショーで客を取らされると云う未来。眼の前では調教を施された同僚が「ご主人様のオチンチン美味しいです」と奉仕し、跨り懸命に腰を使い「ご主人様のオチンチン硬くて気持ちいいです」と云わされる姿。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング