官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:未亡人

縄に酔う女

内庭に面した日本家屋の離れ。午後の陽光が背後に眩しい。開け放たれた障子。うつむき加減の浴衣の美人。その帯が解かれ胸許が肌蹴られれば衣擦れの音が艶めかしい。晒された美しい女の肌。形の良い乳房。その裸体に掛けられて行く縄の刺激に女の肢体が畝る。絞り出された美乳は歪み、口唇には手拭いが噛まされて。その白い肌に落とされる真紅の蝋。揺れる炎が秘かに妖しく揺らめけば 「んんっ」 熱さに呻く女の声は艶やかで。肌に喰い込む縄の厳しさ。不自由な形に固められたスレンダー美乳な女体に、一方的に与えられる痛苦に女の美貌が歪む。猿轡越しに漏れる女の呻き。女の底が被虐の愉悦に熱く濡れれば、更に恥ずかしい姿勢でその場所にも……。

               続きを読む                  

20160113_3

スレンダーに肢体が美しい美人な未亡人。犯される様に関係を持ってしまった隣家の男に犯される日々。だが、その男の性癖とは……。厳しく縄打たれた白き裸体。絞り出された乳房が痛々しくも眩しくて。いつしか、そんな辱めに酔っていく未亡人。女のなかで眼醒めていく被虐の性癖。不意に唇を奪われ、身動き出来ぬ身体を嬲られれば、脊髄を駈け上がってくる甘美な性感。その刺激に身を捩る事も出来ない緊縛された女体。強引かつ一方的に与えられる巧妙な指戯耐えきれるはずもなく敢え無く昇り詰めれば、未亡人の脳裏はすっかり従う悦びに侵されて……。苦しいまでに強いられる口唇奉仕。尻を向けろと云われれば、不自由な身体をくねらせながら、従順に、男に尻を見せて高く掲げる様が何ともそそる。野太い怒張で貫かれれば、膣道を抉る性感に喘ぎ声を絞られ、尻の谷間を拡らかれ肛門を晒しながら、尻を打たれつつ凌辱される快楽に酔いしれる美しき未亡人。

               続きを読む                  

快楽に溺れた未亡人

かつて関係を持ってしまった夫の部下。今は亡き夫。と云って、抱かれる事に背徳を感じない訳にはいかない。抱かれるたびに、亡き夫への罪悪感に苛まれるスレンダー美乳な未亡人。だが、健康な女の肉体は、快楽から逃れる事など出来はしない。そして、未亡人は知る 「ごめんなさい……あなた」 その意識こそが、自分の官能をより煽り立てている事を……。夫の部下に、しなやかな肢体を嬲られ犯され甘い声をあげてしまう自分。それが、与えられる性の刺激以上に、女の官能を炎上させる。背徳感は、他の男を巻き込み複数の男に犯される自分となればより一層……。「一本じゃ足りなくて……ごめんなさい」 男達の性器を咥えながら云わされれば身体の芯まで熱くなる。女の底が潤んでいくのを止められない。犯されながら他の男の男根を咥えさせられる自分。夫の部下達に玩具にされて犯されて、それを悦んでいる自分。「ごめんなさい……あなた…ごめんなさい」 そう叫べば意識は背徳に染め上がり 「駄目っ……ああぁぁ、い、逝ッちゃうッッ、駄目ッ!……逝く……ッ!」 禁断の悦びを知った美しき未亡人。

               続きを読む                  

凌辱される兄嫁

「ちょっ……やめて、嫌っ……お兄さんが見てるわよ」夫の生前から兄嫁を想い続けていたと云う義理の弟。兄の死後、漸くその想いを遂げようとばかりに美しき未亡人に襲いかかる。「やめてッ……いやぁッっ」必死に抵抗するも容易く肌蹴られる喪服。「じっくり、見せて貰うよ」ショーツをズラされ秘部を覗き込まれれば羞恥にカッと頭に血が昇る。「んっ、んんっ……いやッ」情熱的に一方的に繰り出される義弟の愛撫、激しい指姦。淫らな水音が自分の耳にも聴こえて来る「だ、だめっ」有無を云わせず潮を噴かされ逝かされてしまう未亡人。強引に咥えさせられる男根。「こんなこと……だめ」だが「ああぁぁっ」無理矢理の挿入に女の声を奪われる。突き上げて来る義弟のひた向きなストローク。そんな事をされれば夫に開発され尽くした女体が反応を堪えられるはずもない「耳まで真っ赤にして、そんなに気持ちいいのかよ」必死で「もう許して」と叫ぶのが精一杯。快楽に声を堪え切れない。「ああ、いやっぁ」迫りくる絶頂の予感。「あなたぁぁ」それでも夫を呼び昇り詰める未亡人の姿が切ない。一度達して過敏になった女体を責め立てられれば「いやっ、いやっ……あなた」押し寄せる快楽の波に夫を呼ぶ。「ああっ……ごめんなさい」再びの絶頂に押しやられる女の性。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング