官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:美熟女

20160323_1

「受験勉強頑張るって約束できる?」 そう言われて出来ないと答える男などいない。若い甥に迫られれば清楚で美熟女な叔母も悪い気はしない。そんな微妙な雰囲気で 「触るのはダメよ」 そんな制約は互いの官能を刺激する事にしか役立たない。零れるたわわな巨乳。その頂の屹立してピンと尖る蕾。「ぁぁっ……見るだけ」 そう云いつつ総身に拡がる性感に叔母の意識は性に曇る。「叔母さんだって……オチンチン食べたいのを我慢してるんだから」 だが、そんな我慢は甥の逞しい男根を眼にすれば他愛もない。「ちょっ、ちょっとだけ」 それが少しで済むわけなどない。「あっ、入れちゃ……んっ、ああッ!」 貫かれる悦楽に美しい顎が上がる。そして……甥に跨れば顔に似合わぬ卑猥な腰使い。禁断の近親相姦で快楽を貪り乳房を揺らす美熟女

               続きを読む                  

嫌がる人妻の陥落

夫の留守。白昼の寝室。迂闊に家へと入れてしまった知人の男に人妻が押し倒されたのは夫婦のベッド。「いやッ……やめて」 こんなつもりじゃない。だが男の力に敵うはずもなく。乱されていく衣服。零れた美乳の乳首が屹立しているのが切ない。嫌なのに……その意識に成熟した女の肉体が反応する。奪われるショーツ。露わになった秘部を弄ぶ男の巧みな指戯に熱いものが込み上げる。「やめてッ……ぁッ、あぁぁ」 抗いつつも女の生々しい声を奪われる。強引に犯される口唇。「旦那のよりいいんだろ? でなけりゃこんなに濡れる訳ないよな?」 舌先に感じる熱い猛りに下腹の底がしとどに濡れる。その反応まで知られた羞恥に頭の芯が灼かれて行く人妻の姿がエロティック。貫かれれば脊髄を駈け上がる峻烈な性感にしなやかな女の背中が撓る。

               続きを読む                  

緊縛肛虐の女

「なぜ私が……」 そんな思いもこうなってしまえば既に虚しい。全裸に剥きあげられた熟れた女体。後ろ手に縛られ乳房を絞り出されて縄打たれれば、肌に喰い込む刺激が悩ましい。ましてその相手は同性の女。肌を晒すだけでも恥ずかしい。それがこんな屈辱を……。無理矢理に咥えさせられる年下社員の性器。が、その被虐感に女の底が熱く潤む。意志に反して反応する身体が恨めしい。嘔吐きながら歪む美貌が妙に切ない。もはやこれからの展開など、自分でも判っていた。この女の前で縛られた身体を部下に犯される。恥辱に胸が詰まるが、その怒張が充てがわれたのは……。

               続きを読む                  

寝取られに興奮する夫婦

何を云われても逆らえない事情を抱えた夫婦。夫の眼の前で犯される人妻は、快楽に我を忘れる他に何が出来よう。犬の格好で犯される自分の妻の姿。他人と交わる妻に性器をしゃぶられる恥辱の快感。「いっぱい突かれて気持ちいいの」 「あたな見てッ!」 自分の前では見せた事のない妻の痴態。夫の眼が見開かれれば、云われるままに惨めな台詞を口にして被虐の官能に意識を白ませるしかない人妻の憐れ。突き上げて来る性感と見られる興奮とに身を任せ、「あたな気持ちいいのッ……もっと、もっと、逝く、逝っく……ッ!」 幾度も肢体を痙攣させて昇り詰め 「おチンポください」 「精子下さいッ!」 他人の男に淫らに懇願する妻の姿に夫の男根は反り返る。

               続きを読む                  

むっちり美熟女

「私、もう後戻り出来ない」 知ってしまった不倫の味。淡泊な夫では味わえない濃厚な快楽。ムッチリとした肉感的な美熟女は夫の同僚との激しい情事から逃れられない。男に跨る美熟女妻の堂々たるボディ。脂の乗り切った熟れた肢体は官能味に溢れ、太く張り切った太腿、ユッサユッサと揺れる乳房が眩しい。妖艶に身悶え、淫靡に使う腰つきは卑猥そのもの。突き上げられれば、その快楽を少しも逃すまいとする様に、男の背中に両脚を廻してしがみ付き、激しく昇り詰めれば唇に男の熱い精を受ける。生々しく交わる淫らな情事。それはついに夫の居る自宅でまでも……。快楽に寝取られる美熟女。

               続きを読む                  

セックスで謝罪する女

謝らなければならない非は自分にある。そんな事は判っている。〝でも……こんな仕打ちって……〟理不尽にも、閉店後のBARのカウンターで、全裸にされ、四つん這いで、男の性器で喉奥を突かれる美熟女。だが、反省したか?の問いに 「ごめんなさい。……しました」 嘔吐きながらそう答える他ない女。命じられるままに、犯される為に男に尻を向ける惨めさ。「いやぁ……んぁっ、うぅぁ」 割れ目を割り裂かれ貫かれる圧迫感に悲鳴が上がる。突き上げられながら尻を打たれ赤くはれ上がったムッチリとした女の尻が痛々しい。「ごめんなさい」「ごめんなさい」 犯されながら幾度も幾度も謝罪させられる美熟女の痴態が何ともエロティック。子宮を突かれ、謝り続けるうちに、次第に女の脳裏は罪の意識に染め上がる。与えられる性感。被虐の快楽に堕ちていくしかない女のエロス。

               続きを読む                  

若い男と寝る女

「……これで最後だから」 そう夫に云われて家を出て来た美熟女妻。だがヤクザ風の若い男と熱い接吻けを交わせば 「私これからも続けたい……」 と身体を拡らいて行く妻。それを窓の外で覗く夫の眼が見開かれる。〝ま、まだ続くのか〟寝取られている。そんな思いが夫の胸に突き刺さる。全裸に剥きあげられて行く妻の裸体。その乳房の頂きはそれだけで既に硬く尖ってさえいて。「自分から動いて。我慢出来なかったのか?」男の挿入に淫らに尻を突き出す妻。獣の姿で貫かれ尻を打たれて悦びの声を噴き零す妻。「だいぶ腰使いも上手くなって来たじゃないか」 跨っては妖艶かつ淫らに腰を振る妻。自分の前では見せた事のない妻の痴態。自分以外の男と…。その光景から眼を話せいない夫の股間は激しく隆起して。

               続きを読む                  

20160219_2

犯される様にして夫の上司と関係を持ってしまった妙齢美人な人妻。そしてそうなってしまえば、その事実すらが脅される材料になってしまう憐れ。ましてその凌辱的な情事で快楽に昇り詰めてしまったとなれば……。泥酔して夫を送って来た上司に迫られれば抗えない。眠る夫のその前で、ワザとそれを愉しむ様な上司に嬲られる恥辱。だが秘部を暴かれ否が応にも催してしまう反応を暴かれれば 「感じてるじゃないか?」 その言葉を否定も出来ない悔しさ。テーブルの上で惨めに女体を弄ばれ、夫の前で上司の股間に跪き性器に奉仕する人妻の姿がそそる。そして犯されれば、野太い怒張が巻き上げる快楽に、漏れる声を抑えられない人妻の憐れ。

               続きを読む                  

鞭打たれる女達

全裸で拘束された美しき熟女が二人。ソファの上で尻を突き出せば女陰はおろか、絶対秘匿の排泄の穴までが剥き出しで。脂の乗った艶やかな背中。堂々とした太腿。「あぁぁーっっ!!」 そこへ振り下ろされる鞭がシャープな音を鳴らせば、女の絶叫が迸る。打たれる数を数える惨めさ。逃れられない肢体に与えられる激痛。だが女達はその被虐の快楽を知っている。痛みにのた打ち悲鳴を上げ、鞭打たれながら絶頂する女。それを見れば自分にも、と鞭を乞う女。拘束され一方的に鞭打たれる苦痛と悦楽の狭間で、被虐の悦びに啼く美熟女達のエロス。

               続きを読む                  

家政婦と父

「そんなとこまで……いけません。お義父様」 知られてはならない秘密の関係を知られたグラマラス美熟女な家政婦。許されない仲を知った祖父は、息子を焚き付け家政婦を嬲る。衣服を奪われた家政婦は、父親の業物に口唇奉仕を強いられる。「後は愉しめ」 と去っていく祖父。押した倒され、その陰部にまで刺激を受ければ、そんな悲鳴も噴き上がる。……だが。巧みな父親の性戯。女の悦びを知り尽くした美熟女の肉体が耐えられるはずもない。 咎められれば自らを淫ら女と認め、更には 「私のアソコに挿れて下さい」 と挿入を乞う。「い、いいっ……当たっちゃう。お義父さま、ああぁっ」 快楽に押し流され淫らに乱れる美熟女の生々しい情交が何とも卑猥。

               続きを読む                  

奴隷妻の快感

夫の奴隷と化した巨乳が眩しい美人妻。その性生活は、既に「夫婦の営み」などと呼べる代物ではなく。夫の部下達の前で全裸に剥かれ披露される夫婦の性交。決して他人になど見られる行為ではない。裸体を晒すだけでも恥ずかしい。それなのに……。秘匿の行為を鑑賞される羞恥が美熟女妻の脳裏を灼げば、夫の辱めの言葉が恥辱を煽る。異常な行為に妻の意識は官能に染め上がる。「ああっ…大きい…んっ、ぁぁっ……い、いいッ!」 夫の部下に見られながらのセックス。それだけではない。その男達にも貸し出され、まるで性の道具の様に犯されれば、もはや人妻に出来る事は、快楽に身を任せ全てを忘れる事だけで。夫の前で他人に犯される恥辱に身悶え、突き上げて来る性感に流される。ひと突きごとにユッサユッサと弾む乳房。淫らに波打つ脂の乗った肢体。「ぁぁっ……また逝ッちゃうッッっ!」 もう幾度昇り詰めたろう。その絶頂すら夫に揶揄われれば、惨めさがまた妻の快楽を炎上させる。だが 「だめだめ……駄目ぇっっ!……なかはやめて」 夫の無慈悲な許可に妻の悲鳴が噴き上がる。他人の精を体内に受ける事など許されない……それなのに、「ああぁっ、駄目っ、逝ッちゃうッッっ」 快楽に抗えない奴隷妻の憐れ。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング