官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:肛門

20160330

「……やめなさい」 何故こんな男達に。肌を晒すだけでも虫唾が走る。こんな惨めな……。だが、縛られた身では逃れる事も出来はしない。触れられたのは、夫にすら触らせたことのない背徳の門。〝はぅっ……ぁぁ〟その周囲に指を這わされただけで全身に拡がる妖しい性感。排泄器官を嬲られる。それだけでも悍ましいのに、まして相手は仇の男。それなのに初めて知る禁断の奇妙な感覚に身体が震える。〝だめ、そんなところ〟ほじられるたびに背筋に得も云われぬ性感が走る。指を突き刺される惨めさに抵抗の声は 「やめて下さい」の懇願に変わり、野太い男根を充てがわれれば恐怖に心が凍る。「はっ……ぁぁああッ!」圧倒的な圧迫感で腸壁を擦りあげられ美熟女の悲鳴が宙を舞う。肛門を凌辱された人妻。やがては縄を打たれ、その被虐の官能に堕ちていく。

               続きを読む                  

緊縛肛虐の女

「なぜ私が……」 そんな思いもこうなってしまえば既に虚しい。全裸に剥きあげられた熟れた女体。後ろ手に縛られ乳房を絞り出されて縄打たれれば、肌に喰い込む刺激が悩ましい。ましてその相手は同性の女。肌を晒すだけでも恥ずかしい。それがこんな屈辱を……。無理矢理に咥えさせられる年下社員の性器。が、その被虐感に女の底が熱く潤む。意志に反して反応する身体が恨めしい。嘔吐きながら歪む美貌が妙に切ない。もはやこれからの展開など、自分でも判っていた。この女の前で縛られた身体を部下に犯される。恥辱に胸が詰まるが、その怒張が充てがわれたのは……。

               続きを読む                  

20160216_3

「それだけは許して」 全裸に首輪付けられた妙齢な母親達。男達が命じた特別授業とは、自分の息子達と交わる事だった。〝そんな事が許される訳ないッ!〟必死で許しを乞う母達に男達が許したのは母親の交換と云う非道な情け。「いやっ」 そう云いながらも男達の愛撫に甘い声を漏らし身悶える母親達。堪え切れずに子供達の前で不意に達してしまえば絶頂の宣言のなかった事が咎められ 「子供達の事を思っていない。教育にならない。女と云うものを教えてやれ。女の身体はこうなっているんだ」 それぞれの息子の前で女の構造を晒す羞恥。そして、指で確かめられ、指戯を施されれば女の反応まで教えてしまう母親達。豊かな乳房が躍りスレンダーな腰が畝る。それだけではない。尻を突き出させられ拡らかれる尻たぶ。剥き出しになった母の肛門。「あぁぁっ……い、いやぁ」 充てがわれた子供達の指。「慎重にやれ」 その命令と共に侵入して来る指の感触に母達の背中が撓る。肛門に突き刺されながら女陰を抉られれば我知らずとその指をキュッと柔襞が締め付けてしまうのが判る。追い打ちを掛ける様に 「さっきとは全然違うだろ?」 男の言葉に、そんな恥ずかしい反応まで教えてしまう恥辱が母親達の脳を焦がす。だがこれは、特別授業の始まりに過ぎない。「み、見ないで」 互いの母親達が男達の性器を口に含む姿。性交に喘ぐ姿。それらを見学する息子達の男根は激しく天を衝き、そして……。

               続きを読む                  

肛虐美人

裏社会に生きる夫を愛した妙齢な美人妻。だが、その夫は他にもひとり、妾として妻を持つと云い出して。始まった奇妙な共同生活。しかしそれは、正妻の前で妾を抱くと云う美人妻にとって屈辱的なものでもあり。愛する夫が他の女と交わる様子を盗み見しつつ、自らを慰める美乳な人妻の憐れ。胸に込み上げる恥辱と身体の芯から突き上げてくる情欲。清楚で美しい正妻は、堪りかねて心を決める。これまで拒み続けていたある行為。尻の穴を捧げる背徳の行為。身の毛もよだつ悍ましい行為。それを夫に許すという女の覚悟。貫かれる痛みに正妻の美貌が歪む。野太い夫の怒張の強烈な圧迫感。身体を引き裂く様な痛苦に耐えつつ、更には、妾の前で排泄の門を犯されるという恥辱。けれど……それで夫の心を取り戻せるのならば。「うぅっ、んぁっ……あぁぁっ」 抜き差しされるたびに悲鳴が上がり、耐える女の表情がそそる。しかし、その悲鳴に、いつしか女の声が始めるのを夫は見逃さない。腸内に精を放ち、どうだった?良かったか? と問う夫に 「はい」 と応える美人妻。

               続きを読む                  

レズ浣腸の女

サディスティックな年上の女に魅入られ心を奪われたスレンダーな若い女性。身に纏うものは既に下着だけ。両手はX字の磔台に繋がれ、後ろ向きでやや腰が突き出された情けない姿。「またこんな可愛い娘、捕まえて来たんですか?」 ひとりの女がそう云えば、こうされるのが自分だけでない事が身に染みる。だが、その惨めさにさえ、何故か心が震えてしまう。「虐めて欲しいの?」 そんな問いかけに甘える様に頷き、意識を恍惚へと追いやり屈辱に耐えるのが精一杯。与えられる甘い接吻け。だがブラジャーが奪われれば 「こんなに乳首ビンビンにして」「もう感じてるの?」 どうしようもない反応まで云い募られるのが切ない。裏腹に与えられ続ける甘美な性感。ショーツを奪われれば 「可愛いお尻。凄い綺麗」 「もう欲しいの? ヒクヒクしてるよ?」 「なんで脚がこんなにガクガクしてるの?」 そう。期待してしまっている自分が恥ずかしい。それを殊更に云われれば頭の芯が熱くなる。「もう、我慢できないんだよねぇ? 何が欲しいの?」 〝あぁぁっ……やっぱり〟人前で排泄する頭の中が真っ白になる様な屈辱感。その悦び。だがその異常な性癖を認め、自ら云わされる辛さ。それにすら昂ぶる惨めさ。「……浣腸してください」 肛門に刺さる浣腸器の嘴管の冷たさに心が震える、そして自分が晒すであろう恥を思えば……。

               続きを読む                  

肛門で啼く女

「いや……やめて、もう許して」 肢体に厳しく縄を打たれた若い女。その美肌には蝋燭の赤い蝋が衣装を施し、思わず漏れる切ない訴え。だが、それはまだ、調教の始まりにすぎなくて……。足首で逆さに吊られた美ボディ。垂れさがった長い髪。縄に絞り出された乳房の頂きのピンッとした屹立が切ない。「ああぁッ!」 頭に血が上り朦朧とする意識が、打ち据えられる鞭の痛みに引き戻される。散々に打たれた挙句に、狙われたのは排泄の門。知っていた。その部分での性感は……。だが、執拗な性感を秘裂に与えられたその後に、事もあろうに尻の穴に突きつけられたのは男の野太い男根で。自分の指などとは比べ物にならない。「い、いやっ……やめて」 恐怖に迸る悲鳴。そして……「ああぁぁっっ……ッッ!」 その重い衝撃に視界が翳り、闇の中に青い火花が散る。激烈な刺激。女の絶叫が木魂する。しかし 「痛い」 「やめて」 と身悶える女の声に、いつしか甘い響きが混ざり始めれば、駆け上がって来る肛虐の悦楽が脳髄を灼く。それだけではない。排泄器官を犯されたその後での、鼻フック、開脚での肛門への調教に再び女の悲鳴が迸る。

               続きを読む                  

尻を捧げる女

肉感的なムッチリ巨乳の女子社員。取り返しのつかない仕事のミス。それを許して貰うために差し出された肉体……。全裸でオフィスに立つ羞恥。だが逃げだす事も出来はしない。男に命じられ 「はい」 と答えて差し出される両手。そこに手錠がかけられる。机に両手をつけば堂々とした尻が突き出され、拡らかれる両脚。その尻が激しく打たれて悲鳴が上がる。全てが晒された女の秘部。「オマンコです」 指が挿入された場所を云わされる情けなさに苛まれつつ、この時は男の言葉の意味など判らなかった。だが机の上で大股を拡らき、女の肉の割れ目を左右に大きく拡らかれ 「いやぁぁ」 と悲鳴を搾り取られ、巧みな舌戯で甘い喘ぎを奪われた、その後で、男の指が触れてきたのは……「あっ」 思いも寄らない恥ずかしい場所。排泄の穴を弄られる妖しい感覚、だがそれも一瞬 「あっ、あぁぁぁーッ!」 ブスリと指を突き刺される。奇妙な背徳の性感に背筋が撓る。「さ、裂けちゃう」 増えていく男の指の数。肛門を拡げられる痛みと重い性感。それが不意に止まれば、強いられる口唇奉仕。そして……。再び机の上で大股を開かせられ……男の怒張があてがわれてのは……。〝そ、そこ、違うッ!〟ようやく男の言葉の意味が意味が判った。「入りませんッ…お願いします……そんなおっきいの入りません」 だが繰り返し肛門に打ち込まれるストロークに、女の声が変わっていく。

               続きを読む                  

SMサークル

夫婦で訪れたSMサークル。妙齢な人妻は、夫の前で縛られ、鞭打たれ、身動き出来ぬ身に性感を与え続けられて失禁する。夫の眼の前で、見知らぬ男達に素っ裸に剥かれる恥ずかしさ。初めて知る縄の刺激。拘束される被虐感。脚を吊られて全てを晒す屈辱。そこへ加えられる鞭の痛み。その苦痛と同時に、全裸で鞭打たれると云う異常さが、人妻の脳裏を歪んだ官能に染め上げる。男達の手で濡れそぼった女陰が抉られる。身動き出来ぬ女体。包皮を剥かれ剥き出しにされた秘芽に容赦なく与えられる電動性具の過激な性感。あまりの刺激にビクビクと身体を痙攣させて昇り詰めた人妻は、夫の眼の前で小便を漏らす……。そして待っていたのは初めての肛虐。縄打たれたままの四つん這い。男達の手によって尻の谷間か開かれれば、決して見られたくないはずの肛門があからさまに晒されて。「あっ、ああぁぁ」 尻の穴に入って来る性具。悍ましくもゾクゾクする様な妖しい性感。人妻の唇から透き通った悲鳴が上がる。尻の穴を犯され、抜き差しされる様を晒されて、更には丸見えの女の肉襞が開かれれば前の穴にも男根が。前後を同時に貫かる強烈な快感に人妻の甘美な喘ぎが響き渡る。

               続きを読む                  

吊るされマゾ

ガランとした空きオフィスで縛られた肉感的な若い女。その肉体に厳しく縄が打たれれば、ショーツの上から縄は女の割れ目に食い込んで……。「ああぁぁっ!」 吊上げられて行く身体。男の手で激しく打たれ、ウットリとした甘い悲鳴が上がる。「……やめて欲しくない」 マゾヒスティックな被虐の悦楽に酔う女。そう口走れば、Mの字に開脚され宙に吊られる。「んっ、あ、あぁっ」 秘部を嬲る電動性具に声が漏れ 「あ、だめっぇ」 容易く軽く逝かされるも、だが、それだけでは終わらない。もう一本行くか? の男の問いに 「欲しいです……お尻に下さい」 官能の淵で強請る女。「あぁっ……だめ」 ブスリと細身の性具が肛門を貫く。同時に二つの穴が容赦なく抉られれば「だめっ……駄目っ…あっ、ああっ」 余りの快楽に女の顔か歪み「い、逝くッ!」 ビクンと女の身体が跳ねる。なおも抉られる二つの穴、その激しさは最前にも増して……。「ああっ……だめっ、ダメッ、駄目ぇっっ!」ひと際激しい悲鳴と共に昇り詰めるも、更に刺激は続く。幾度昇り詰めても終わらない快楽の地獄。抉り続けられる肛門。それは別の作用も伴って……「ぁぁぁっ……だめっ…駄目っ…お願いします。……ウンチ出ちゃう」 「ウンチだすとこ……見てて下さい」 人前で自然便を排泄する女のエロス。

               続きを読む                  

売られた女

男達に拉致される様に部屋に連れ込まれ、全裸に剥かれてしまった美人社員。スレンダーなボディと美しい巨乳が切ない。その肢体を嬲られつつ聞かされたのは……社長に会社の借金の為に売られたと云う事実。男達の「もう奴隷なんだよ」と云う台詞。 「そんなッ、あんまりです……私そんなの絶対嫌ですッ!」 女の非違も虚しく開かれる両脚。晒される漆黒に輝く叢。形のハッキリとした端正な秘唇。「い、いやぁっ……ッッ!」 恥ずかしい格好で股を拡らかれる恥辱。 「や、やめてッ!」 左右に拡らかれる肉襞。はらわたまで見られる羞恥に女の美貌が朱に染まる。売られた女。奴隷に堕ちた女。待っていたのは、輪姦などと云う生易しいものではなかった。男達が興味を持ったのは女の排泄の門。男達に尻の穴を見られるだけでも恥ずかしい。ソロリと窄まりを撫ぜられれば背筋に走る、ゾクゾクとする妖しい感覚。だが……「ぁぁぁ、やめて」 突き刺される指の感覚に悲鳴を奪われる。初めて知る、何とも云えぬ背徳の性感。 女の肢体がフルフルと震えれば、更には性具で嬲られて……。女の全ての穴を犯されて啼く、巨乳な美人社員。

               続きを読む                  

身体検査

「皆の前でですか?「恥ずかしいんですけど皆の前で」……だが、待っていたのはそんな生易しい羞恥ではなかった……。下着も全て脱がされ戸惑う最初の女性。しかし強い口調で、しかも強い語気で医師に云われれば従う他なく。順番を女性達の前で、居並ぶ男性医師たちの前で、衣服を全て脱ぎ裸になる恥ずかしさ。思わず気が遠くなる。そして、並ぶ女性達に覚悟を決めさせるかの様に、身体をそちらに向けられ開かれる両脚。その晒された性器に思わず顔を背ける女性達。同性達に見られると云う、気がおかしくなりそうな恥辱に耐えるしかない女性の茫然とした表情が良い。それを見れば女性達も云われるままに服を脱ぐしかなく。男性医師達によって脚を拡らかれ弄ばれる触診はまるで愛撫の様でもあり……。他の女性に至っては、陰毛の生え方を指摘され、、乳房を触られればシコリがあると揉み込まれ、ビラビラの具合や匂いまで暴かれる……〝こ、こんなッ!〟恥ずかしさに顔を背ける様がそそる。更には四つん這いで肛門まで。羞恥に屹立してしまった秘核まで言葉で云われ、溢れ出た熱いものを指摘されなかったのがせめてもの救い。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング