官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:自分から

少女の性

「仰向けになって舐めてッ!」 まだ幼さ残る田舎の旧家のお嬢様。両親は留守。既に青い性に目覚めた少女の如き若い女は、使用人が屋敷に戻って来たのを見咎めるとスカートを捲り、スルリとショーツを下ろす。剥き出しになった滑らかな白い尻。土間の上りに両手をつけば、四つん這いとなってその尻を突き出し脚を開く。命じられた男は速やかに従う。「あっ……ぁぁ……あぁっ」 ソロリと女の肉の割れ目を舐め上がる使用人の舌使い。切ない喘ぎが漏れれば、性感に畝る腰つき。そして激しくなる男の舌戯。「あぁっ、い、いいッ……そこ」 可憐な尻の穴も剥き出しで身悶えるお嬢様の痴態が何とも云えずに卑猥。感極まった「……突っ込んで」 の懇願に既に隆々と反り返った男の男根が天を衝く。「ああッ!……あ、あぁぁーッ」 野太い怒張が秘裂を割り裂き、膣道を擦り上げられる悦楽に幼き女の淫らな嬌声が噴き上がる。「あっ、あっ、あぁぁっッ、いいッ!」 激しさを増す抽送。「もっと激しく、私をぶっ殺す様にやって」

               続きを読む                  

従う女の悲劇

「卑怯じゃないですか?こういうやり方」 聡明で気丈な人妻美熟女。取引先の男に無理矢理に犯された挙句、相手の男は仕事がらみで駄目を押す。非難の言葉を否定もしない相手の男。立場の差は歴然としており……。服の上から好きな様な身体を弄られるに任せるしかない美熟女。顔をそむけて耐える表情が何とも嗜虐心をそそる。命令されれば男の脚許に跪き、差し出された性器に唇を被せる他ない憐れ。憎い男の一物を咥え、問われれば 「美味しいです」 そう答えるしかない惨めさ。その被虐に熱いものが女の底に滲む。「全部脱げよ」 覚悟はしていた。だが云われれば屈辱に身体が震える。オズオズと服に手を掛ける人妻の姿が切ない。ブラジャーを外しショーツを下ろす。晒された裸体。羞恥に震える心。しかし、諦めた様に秘部を隠そうともせず、真正面を睨む表情が良い。舐め回す様に肌の上を這いまわる男の視線。その確認する様な鑑賞の眼に、思わず顔を背ける様がエロティック。サワサワと撫ぜ回されれば性感のさざ波が拡がり、その女慣れした巧妙な愛撫に女の顎が上がる。 「はぁ、あぁぁっ」 と漏れる甘い吐息。激しい指姦にあっけなく昇り詰めさせられしまう美熟女は屈辱の快楽に堕ちていく。

               続きを読む                  

縛られ希望の女

知ってしまった不倫の味。だが妙齢な人妻が寝取られたのは、その不倫相手にだったろうか? 必死に頭を振っての激しい口唇奉仕。男の肉棒を硬く育て上げれば、人妻は、そのネクタイを解き 「ねえ、お願い……また、これで縛って」 後ろ手に縛られ、それだけで 「はぁぁっ……ぁぁ」 と息が荒くなる美乳妻。座れと命じられ、顔を床につけ、尻を掲げて脚を拡らく。恥ずかしいポーズで男を待つ惨めさに心が震える。そう、人妻が寝取られたのは被虐の悦び……。「あぁぁぁっ」秘部を嬲られれば透き通った喘ぎ声が絞りられる。「あっ、ぁぁ、気持ちいい」 と口走れば何処が?と問われ 「アナルが……お尻が気持ちいい」 そう云わされる情けなさに人妻の官能が燃え上がる。「あ。ぁぁ……ッああっっッッ」 男の尖らせた舌先が女の尻の穴を擽り、そして浅く抉る。「ぁぁぁ…き、気持ちいい。……もう我慢できない。入れて……入れて」 強請る浅ましさが恥ずかしく、その羞恥に燃え盛る人妻の女陰を男の猛った怒張が貫く。

               続きを読む                  

夜這われる美熟女

母親が眠ったら私のところへおいでと友人の息子を誘う美熟女。清楚な美貌とは裏腹に、その本性には若い肉体を求める淫靡な魔性が住み着いて……。思惑通りに偲んできた男。「脱がせて」 おっぱいが見たいと云う彼に、妖しく云えば見事な美乳が零れ 「舐めて」 と誘う女だが 「あ、ああっ」 むしゃぶりつく舌戯は絶妙で。思わず甘美な声が漏れ、唇を奪われれば、そのしなやかな手は男の股間へと。「もうこんなになって……興奮しちゃったの? いけない子ね」 そう云いながらも下着を下ろせばブンッと飛び出す怒張。「すごい、勃起。……」 恥ずかしがる男に 「……こんなに勃っちゃって」 と乳房を晒して下からネットリ舌を絡めて行く様がエロティック。ショーツを下ろされ秘部の匂いを嗅がれ、片脚を男の肩に掛け、陰裂を見せてつつ舐められる姿もまた卑猥。そして拡らかれる両脚。〝あぁ、見られてる〟興味津々で覗き込んで来る視線が熱い。「どうなってる?」 好奇心に満ちた指が肉襞を左右に拡らく。確認される羞恥が女の身体を火照らせ 「濡れてます」 云われる恥ずかしさは更に熱いものを誘い出す。 「あッ!んっ、んんっ……あぁっ」 情熱的な舌戯。そして夫にはない野太くそそり立つ勃起。もはや年上の意識は官能に染まり、突き上げくる若々しく隆々とした勃起に 「あっあっ、……凄い、い、いいッ!」 スレンダーに女体が妖艶に畝る。

               続きを読む                  

邪教の女

邪教淫習の村。性器崇拝の信仰に起源をもつ金精神信仰が、歪んだ形で伝承され、奇妙な淫習と結びついたこの村では、人妻は望んだ時に男根を模した御神体を拝み、そして夜這いの太鼓を打ち鳴らす。社の中の台の上で、全裸で股を拡らいて男を待つ人妻。薄い布で顔は仕切られ隠されて、晒されているのは首から下の白い裸体。太鼓の音を聴きつけ訪れた男は、狐の面をつけて社に入る。互いの顔は判らない……。誰とも判らぬ相手同士の淫らな淫行。全てを忘れて交わり合う男女。快楽に身を任せて悦楽の境地へ。閉じた村での豊穣のエロス。今夜も夜這いの太鼓が鳴り響く。古く逃れられない規範のなかで繰り広げられる淫らな淫習が何とも言えないエロティシズムを醸し出す。

               続きを読む                  

20151211_3

従うしかない宿命。脅され生徒に隷属する肉感美乳な美人女教師。辱められる為に裸になる恥辱。縛られる為に両手を差し出す屈辱。相手は自分の生徒。両手を吊られ隠す事も出来ない裸体を、着衣の生徒に評価される羞恥に歪む女教師の美貌。「あぁぁ、いや」 縛られた片脚が吊られて行く。「み、見ないでッ」 恥ずかしさに全身が火照り熱いものが滲む。それすらも目視されていると思うと、溢れるものを止める事が出来ない。「あぁっ、ああっッ」ソロリソロリと肌に加えられる愛撫。拡らかれる肉襞。憎いまでに巧妙な指使い。「くっ、ぁぁっっ」 思わず恍惚となれば、「い、いやッ!あの人を入れないで」 生徒の兄貴分の登場に女教師の悲鳴が上がる。「こいつ本当はドMなんですよ」 「そ、そんな事ないッ!……んっ、ぁぁぁ」 関係のない他人にまで見られる屈辱が女の肉体を官能に灼く。「ああぁぁぁッ!」ビクンと肢体が跳ね、女が恥を晒したのを見届けると、何事か生徒に示唆して出て行く男。「な、何を塗ったの?」 応えない生徒。次第に激しくなる女教師の身悶え。「あ、熱いの……アソコが」 グラマラスな美しい裸体が揺れ、身も世もない様に畝るのが極めてエロティック。それでも動かない生徒に、ついに屈辱の台詞が。「……お願い…もう…どうにかしてッ」

               続きを読む                  

義父の嫁

「知らないぞッ!」義父の肩に手を充てる美人な嫁。「やっぱり、いけない。こういう事は」唇を奪われていた義父がハッと我に返って云えば、その口を美人な若妻の唇が塞ぐ。そのまま胸許を肌蹴られ、美しい舌を這わされ、反り返る男根を唇に含まれれば義父の腰は砕け……。嫁の夫、自分の息子が立てる物音に嫁の手を引き和室へと。陽のあたる縁側で晒される若妻の巨乳は白く豊満で。義父を愛してしまった嫁の濃厚な口唇奉仕。そこへ二人を探す夫の声がすれば部屋に引き籠り、閉められる障子。家の中を半裸でコソコソと求め合う様子が却ってエロティックさを醸し出す。締め切られた部屋に響く愛らしい人妻の可憐な喘ぎ声。ぶつかり合う肌の激しいリズム。若妻の弾む乳房。互いに昇り詰め、義父の精を胸で受けると、その剛直に唇を寄せる嫁。「お義父さん、気持ち良かったですか?」可愛らしくあっけらかんと訊く嫁の様子がこの関係の今後を物語る。

               続きを読む                  

美しくなる女

スレンダーで清楚な美人妻。だが会社に勤める様なれば社会に漂う欲望の波に翻弄されて……。関係を持ってしまった男。抱かれ、知らなかった未知の経験を詰むうちに、次第に洗練され磨かれて行く若妻。多忙な夫はその変化にすら気付かない。他人によって美しく磨かれて行く妻。しかし〝いけない。こんな事〟夫を裏切っている事実。それに苛まれぬ女などいない。だが惹かれてしまう男との関係。夫では満たされない快楽への欲……。逡巡し思い悩む美しき人妻の思い詰めた表情が良い。そして……手に取った携帯電話……。欲望に身を任せ、夫婦のベッドで男の頭を股間に抱え、背を反り返らせて快楽に喘ぐ人妻の肢体がエロティック。ツンッと乳首を勃て愛らしいヒップを振り立てれば、クイックイッと淫らに使う腰つきが卑猥。透き通った喘ぎ声を放ちつつ、夫のいない深夜の部屋で、人妻は激しく昇り詰める。

               続きを読む                  

耐える妻

好きでもない男……虫唾が走る男…。だが、夫を救うためには抱かれる他ない。頭でわかっていても心が抵抗する。服を脱げと命じられ「自分でですか?」と男を睨む。その眼が良い。着衣の男の前で、自ら抱かれる為に服を脱ぐ……悔しさと羞恥とが愛らしい人妻の美貌に滲む。「これでいいですか?」全てを脱ぎ終え裸体を晒した人妻の、左右に突き下ろした両手がギュッと握り締められ、微かに震える。恥ずかしさに屹立した乳首。転がされれば総身に拡がる甘い痺れ。徐々に全身を嬲られればその手管は巧妙で……。せめて声は出したくない。だが、腰を砕くような甘美な性感が次から次へと送り込まれる……唇を噛み、腕を噛み、手で唇を塞ぎ、それでも堪えられない愉悦に、必死で耐える若妻の姿がエロティック。敢え無く昇り詰めさせられれば悔しさに涙が零れる。そしてまた、男の性器を咥えさせられながら逝かされる屈辱。〝こんな男に……〟その思いを叩きのめす様に男が命じる。「判りました」と覚悟を決める人妻。「愛してます」そう云いながら男に跨り腰を使い昇り詰める被虐。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング