官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:被虐

20160330

「……やめなさい」 何故こんな男達に。肌を晒すだけでも虫唾が走る。こんな惨めな……。だが、縛られた身では逃れる事も出来はしない。触れられたのは、夫にすら触らせたことのない背徳の門。〝はぅっ……ぁぁ〟その周囲に指を這わされただけで全身に拡がる妖しい性感。排泄器官を嬲られる。それだけでも悍ましいのに、まして相手は仇の男。それなのに初めて知る禁断の奇妙な感覚に身体が震える。〝だめ、そんなところ〟ほじられるたびに背筋に得も云われぬ性感が走る。指を突き刺される惨めさに抵抗の声は 「やめて下さい」の懇願に変わり、野太い男根を充てがわれれば恐怖に心が凍る。「はっ……ぁぁああッ!」圧倒的な圧迫感で腸壁を擦りあげられ美熟女の悲鳴が宙を舞う。肛門を凌辱された人妻。やがては縄を打たれ、その被虐の官能に堕ちていく。

               続きを読む                  

20160328

犯された事実。乱暴された事実。だが、そのとき自分は感じてはいなかったか……。肉感的な巨乳な美女は全裸に剥かれて縛られて、全ての女の構造を白日の元に晒され嬲られる。「感じてなんかないッ!」「気持ち良くなんてないッ!」 しかし、反応を指摘される恥辱が、与えられる性感に油を注ぐ。甘美な声が漏れている事を指摘されれば、キッ!と男を睨む女の眼。けれど、必死で声を堪えるも駆け上がって来る愉悦に声が漏れてしまう悔しさ。そして、官能に侵された意識のなかで強いられるのは自慰行為、恥ずかしい自慰の告白。小学生で自慰に目覚めた事まで口にすれば、男に無理矢理に犯される行為、嫌がる自分が凌辱される想像して自慰をしている、被虐の願望まで暴かれ惨めさに女の肉体が炎上する。

               続きを読む                  

緊縛肛虐の女

「なぜ私が……」 そんな思いもこうなってしまえば既に虚しい。全裸に剥きあげられた熟れた女体。後ろ手に縛られ乳房を絞り出されて縄打たれれば、肌に喰い込む刺激が悩ましい。ましてその相手は同性の女。肌を晒すだけでも恥ずかしい。それがこんな屈辱を……。無理矢理に咥えさせられる年下社員の性器。が、その被虐感に女の底が熱く潤む。意志に反して反応する身体が恨めしい。嘔吐きながら歪む美貌が妙に切ない。もはやこれからの展開など、自分でも判っていた。この女の前で縛られた身体を部下に犯される。恥辱に胸が詰まるが、その怒張が充てがわれたのは……。

               続きを読む                  

痴漢の指に啼く女

〝こんな……あ、ありえない〟忍び寄る痴漢の手。それだけなら判る。だが、いったい何人いるのだろう? 逃れようにも見知らぬ男達に囲まれてしまえば電車のなかで逃げ場などない。声をあげようにも既にショーツは奪われ……〝い、いやッ!〟切り裂かれる衣服。捲り上げられれば、たわわな乳房までもが衆人環境のなかで晒されて。〝こ、こんな……くっあっ〟更には無理矢理の指姦。被虐の官能と性の刺激。反応してしまう自分が悔しい……。
               続きを読む                  

言い成りの女

絶対にバラされてはならない秘密。可憐な美貌の女子社員はそんな弱みを握られれば「じゃあ、ここでストリップして見せろよ」出来る訳ない。だが、弱みの画像を見せられ、誰かが来る前にと急かされれば……ブラジャーを外し、ショーツに手を掛ける。露わらなった形の良い美乳。顔に似合わぬ黒々とした陰毛。これで済まない事ぐらい、裸になった時点で判っている。それでも迫られれば嫌々と首を振って抵抗する様が切ない。好きでもない男の性器を口唇に含む惨めさ、脅さられて裸になって辱められる被虐感、何故か女の底が熱く潤む。強引に後ろから貫いて来る男根が巻き上げる性感。愛らしい乳房を揺らし、せめて声を漏らすまいと唇を塞いで耐える様がエロティック。

               続きを読む                  

絶世美人妻

警戒はしていた。女関係も激しく強引な義父。だがしかし、まさかこんな事になろうとは。夫の留守。義父に強引に迫られたクールな美貌が印象的なグラマラス巨乳な美人妻。夫の父親であれば余りに激しい抵抗も……そんな逡巡につけ入られ。気付いてみればショーツを奪われ、恥ずかしい女の部分を確認され 「あっ、ぁぁぁ……あぁぁッ」 女慣れした巧みな指戯で嬲られて。〝こんな……だめ、ちょっ、……ぁぁぁ、い、いい〟 女の悦びを知り尽くした健康な人妻の肉体が反応しないはずもない。それを知られたうえに不覚にも逝かされ淫乱だと詰られれば、人妻の抵抗は背徳の快楽へと堕ちて行く。義父の上でゴージャスな裸体を揺らす人妻の肢体がエロティック。

               続きを読む                  

強制奉仕の女

こうでもしなければ彼女は気が済まないんですよ。ミスを犯した女子社員の背後で囁く上司。だが、その気が収まらないのは、いったい誰なのか。既に云い含められている愛らしい巨乳な女子社員の「……申し訳ありません」 と男を見詰める眼が切ない。自ら客のズボンのファスナーを下ろし、零れ出た男根に唇を寄せれば意識が痺れる。こんなこと間違ってる。ましてここはオフィスなのだ。パーテーションの向こうでは皆が仕事をしている。もし見られたら……。そんな思いが背中に拡がるまもなく喉奥を突いてくる怒張に嘔吐く女の憐れ。「お客様との絆がモットー」です。そんな台詞まで云わされて、二人掛りの性の刺激で嬲られれば被虐の意識が女体の芯を熱くする。

               続きを読む                  

屋根裏の恋 波多野結衣

殺されたホステスが住んでいたと云う曰くつきの部屋に引っ越してきた青年。その孤独で気の優しい男が見つけた愉しみとは。簡単に屋根裏に上がれる構造の安アパート。その屋根裏から隣室の夫婦の痴態を覗き見る事だった。澄ました女の淫らな行為を盗み視る事に悦びを見い出した青年。しかしその夫婦はすぐに越してしまう。が、その後に入って来たのは美人ホステス。天井裏から覗き見た女の性行為。脚を拡らいて縛られた裸体。晒された秘部に塗られる媚薬。弄ばれ叩かれ辱められて悦びの声を噴き零し、羽根箒で嬲られれば淫靡に身悶える女。淫らに挿入を懇願をれすば中出しの宣言を受け「それだけは、堪忍して」 と云いつつ体内に精を受ける様がエロティック。被虐の性癖を持つ女に青年はいつしか恋に落ちる。そんな男の趣味は、無論、女も気付いている。叶わぬ恋。だが覗かれつつ辱められ興奮する女。愛する女が嬲られる様を天井裏から覗く男。

【歪んだ性癖を持つ女に恋した青年が、その痴態に興奮しつつ恋に落ち、女は痴情の縺れと共に前に住んでいたホステスと同様に……。と云う展開は、ストーリー的にもエロス的にも見るべきものはない。だが、卓越しているのは、ディテールの設定である。その美貌からは想像もつかぬ背徳の性行為を望む女の、妖艶な痴態を屋根裏からのアングルで覗くエロティックさは何とも云えない。ましてや、それは主人公が行為を寄せる女。その女が、いたぶられ、嬲られ、辱められる様を真上から見る映像が堪らない。更には、緊縛された美しい裸体。媚薬に身悶え、羽根箒で嬲られれば妖しく畝り 「……堪忍して】犯されれば、せめてなかでの射精は避けたいと懇願しつつ、で叶わぬ被虐。視線が織り成す切ない情念。女が表情も良い。細部に拘った情感あふれる名作】

               続きを読む                  

懇願する女達

何故こんな男達に嬲られなければ……。全裸で緊縛され性の辱めを受け続ける女達。だがそんな思いも、気丈なプライドも、身動き出来ぬ身に一方的に性感を与えられ続け、そしてついに耐えきれず昇り詰めようとした、その刹那、刺激を奪われ梯子を外される調教を続けられれば、脆くも崩れる他ない。「逝きたいッ!逝かせて」 「もう少しで……意地悪しないで」 「……逝かせてください」 スレンダー美乳とグラマラス巨乳な裸体とが対比を為して嬲られ悶え、不条理な責めに屈して懇願する様がそそる。それを揶揄われた挙句、恥辱のなかで、ついに不遜な男達に絶頂へと押し上げられれば、待っていたのは……。

               続きを読む                  

打たれる女

肉感的なボディが悩ましい気丈な美人捜査官。だが敵の手に堕ちてしまえば、後ろ手に厳しく拘束され、その乱され乳房はおろか型の良い尻まで晒される。「従わないって云てるでしょ?」剥き出しになった滑らかな尻を力任せに鞭で打たれる痛み。だがこんな男達に従う訳にはいかない。打たれた回数を数えるなんて……。苦痛に悲鳴が上がってしまうのさえ悔しい。しかし無視すれば、また最初から打たれる屈辱。いつ果てるともない猛烈な痛み。拘束され逃れる事の出来ない身体。そこへ次から次へと鞭打たれれば、女の身体は我知らずと火照り出す。やがては男達の前で全裸に剥かれ、その乳首に施された蝋が痛々しい。「はい」調教に屈した強気な女の素直な返事がそそる。

               続きを読む                  

縄に酔う女

内庭に面した日本家屋の離れ。午後の陽光が背後に眩しい。開け放たれた障子。うつむき加減の浴衣の美人。その帯が解かれ胸許が肌蹴られれば衣擦れの音が艶めかしい。晒された美しい女の肌。形の良い乳房。その裸体に掛けられて行く縄の刺激に女の肢体が畝る。絞り出された美乳は歪み、口唇には手拭いが噛まされて。その白い肌に落とされる真紅の蝋。揺れる炎が秘かに妖しく揺らめけば 「んんっ」 熱さに呻く女の声は艶やかで。肌に喰い込む縄の厳しさ。不自由な形に固められたスレンダー美乳な女体に、一方的に与えられる痛苦に女の美貌が歪む。猿轡越しに漏れる女の呻き。女の底が被虐の愉悦に熱く濡れれば、更に恥ずかしい姿勢でその場所にも……。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング