官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:豊乳

30160324

見知らぬ男に乱暴されたあの日の記憶。排卵日の子作り目的の性交しか求めてこない淡泊な夫。そして可憐な若妻の健康な肉体の疼き。引越しまでして過去と決別したはずの人妻だが、その新居を、あの男に突き止められれば……。強引に、荒々しく、そして辱められる様に犯される被虐の悦楽。巧みな性戯、野太く逞しい男根。犯される様にして再びの乱暴を受ければ、自らの身体の反応を知るしかない女の憐れ。排卵日なら……子供が出来ても……。そんなもう一人の自分の囁きに、逡巡する美人妻。夫婦のベッド。男の怒張を手で扱きつつ、袋に唇を被せ、根元からチロチロ舐め上がる人妻の裸体がエロティック。貫かれ、背面座位では、自分の両手で尻の谷間を拡らき、尻の穴を見せながら突き上げられる恥辱の快楽。卑猥な腰使い。西日差す寝室で昇り詰める人妻のエロス

               続きを読む                  

駄目です

「これ以上は駄目です……」 夫婦のベッドに押し倒される。愛らしい若妻。一度の過ち。それで済ましてしまいたかった。だがその関係が仇になる。男に強く抗えない人妻はその豊乳を剥き出しにされ、ショーツのなかに手を差し伸べられれば 「……濡れてる」女の反応を知られた羞恥に頭の芯が熱くなる。〝あぁっ……こんな〟巧みな指戯に下腹から切ない性感が次から次へと込み上げて来る。意識が官能に侵される。突き出された男の野太い怒張。我知らずと女の底がキュンと疼く。云われるままに舌を使えば 「……大きい」 思わずそんな言葉が漏れてしまう。貫かれれば女の声が漏れるのを堪えられない。夫婦のベッドで可憐な若妻の乳房が躍る。だが〝え?……そんな〟体内に感じた熱い迸り。〝ま、まさか……〟

               続きを読む                  

欲求不満な豊満美熟女

工事業者の男達に乱暴された豊満巨乳な人妻。それを示談にしようと訪れた上司の男。「なにしてるんですかッ!」 肩を揉む素振りで近づいた男にいきなり胸を揉みし抱かれれば人妻の悲鳴が上がる。執拗な男の手つき。胸許を肌蹴られ、たわわに実った豊乳が零れると何故か屹立してしまっている頂きが嬲られる。総身に拡がる甘い痺れ。「持て余していたんでしょう?」 ゆっくりと乳房を揉み込まれ、摘ままれピンッと弾かれる乳首。身体への性の刺激が人妻の意識を官能に曇らせる。「さっきまでの威勢はなくなりましたね、奥さん」 「もしかして貴女、欲求不満なんでしょ? 奥さん」 それを否定出来ない自分が辛い。痛いところを突かれ、襲われた際の抵抗の甘さを指摘されれば、人妻の抵抗は更に弱くなり……。唇を奪われるとその接吻けに応じてしまう自分が情けない。ショーツのなかに忍び込む男の手。既に濡れそぼった秘裂をなぞられれば背筋が撓る。「そんなっ」 思わず口走るも、我知らずとその手は男の股間へ。それを指摘されれば、もはや人妻に抵抗の余地はない。云われるままに男の猛る熱杭に舌を這わせば胸が熱くなり、深く咥えれば頭の芯が官能に痺れる。云われもしないのに袋にまで舌を使い蕩けていく人妻のエロス。

               続きを読む                  

義父との新たな関係

気の強い肉感的な人妻は夫の不倫に悩んだ末ついに離婚を決意する。同居の優しい義父はそんな嫁を憐れにも、また申し訳なくも思う。「何見ているんですか?!」 そんな折、悪気なく嫁の自慰を目撃してしまえば、義父の心に何かが宿る。「寂しくさせてしまって申し訳ない……あいつに変わって謝りたい」 だが嫁は「女だったら誰でもあんな事くらいしています。特別どうって事はありません」 自分は憐れな女なんかじゃないと取り合わない。だが……それは真実だったのだろうか? 西日差す午後。うたた寝をする人妻は不意に義父に迫られる 「あいつの代わりでどうだ?」 「何考えてるんですか? やめて下さい」 逃れようとする嫁だが義父は力でそれを許さない。「お義父さんッ!……やめて下さい…や、やめてッ!」 嫁のショーツが奪われる。ムッチリとした尻が露わになれば、むしゃぶりつく義父。「ちょっ……お義父さん」 尻の谷間を舌が這う。それが肛門にまで及べば、嫁の抵抗が止まる。「どうなっても知りませんからねッ!」 尻を義父の好きにさせながら、宙を見つめる人妻の眼が良い。そして身体を返され股を開かれれば 「待って下さい……ちょっと……そこは…………あッ!」 人妻の肢体がビクンと震え顎が上がる。快楽に堕ちていく嫁と義父とのエロス。

               続きを読む                  

魔性の女

午後の自宅の寝室の、化粧台の鏡に映る女の姿。真紅のルージュで人妻は、その姿に「X」を引く。男を待つ自分の姿。これは私ではない。まるで自分にそう云い聞かせる様に……。白い光の差し込む夫婦のベッドで、縺れ合い、絡み合う男女の姿。服を脱ぐのさえもどかしくて。光に映える人妻の豊乳は美しく、待ち侘びた挿入に漏れる透き通った声は艶やかで。これは私ではない。そうと決めた女は貪欲なまでに淫らで卑猥。大股を開いて性器を晒し、四つん這いで尻を掲げて脚を開く。男の上で、貫かれたまま股を開いて背筋を反らせば、豊かな胸の頂きは、硬く尖って屹立し、跨れば、乳房を揺らし自ら腰を打ち付ける。昼下がりの夫婦の寝室に、「ああぁぁーーッ……い、逝くッ!」 生々しい女の声が響けば、体内射精の宣言に 「ぁぁぁっ……いやっ、嫌っっ」 と悲鳴を上げつつ性を受け、男を抱きしめ背中に脚を絡めていく人妻。

               続きを読む                  

義父の嫁

「知らないぞッ!」義父の肩に手を充てる美人な嫁。「やっぱり、いけない。こういう事は」唇を奪われていた義父がハッと我に返って云えば、その口を美人な若妻の唇が塞ぐ。そのまま胸許を肌蹴られ、美しい舌を這わされ、反り返る男根を唇に含まれれば義父の腰は砕け……。嫁の夫、自分の息子が立てる物音に嫁の手を引き和室へと。陽のあたる縁側で晒される若妻の巨乳は白く豊満で。義父を愛してしまった嫁の濃厚な口唇奉仕。そこへ二人を探す夫の声がすれば部屋に引き籠り、閉められる障子。家の中を半裸でコソコソと求め合う様子が却ってエロティックさを醸し出す。締め切られた部屋に響く愛らしい人妻の可憐な喘ぎ声。ぶつかり合う肌の激しいリズム。若妻の弾む乳房。互いに昇り詰め、義父の精を胸で受けると、その剛直に唇を寄せる嫁。「お義父さん、気持ち良かったですか?」可愛らしくあっけらかんと訊く嫁の様子がこの関係の今後を物語る。

               続きを読む                  

痙攣する女

何も知らずに家に戻った聡明そうな独身女性。だが……そこに待っていたのは見知らぬ男。背後から襲いかかられれば悲鳴をあげる間もなく、ガムテープで唇を塞がれ、後ろ手に縛り上げられてしまう。ベッドにうつ伏せに倒され無造作に下ろされるショーツ。左右に開かれる両脚。男の眼が何を見ているのかが痛いほど判る。あまりの羞恥に腰が震える。恥ずかしさに熱いものが秘裂に滲んだのさえ見られだだろう。剥き出しにされる豊かな乳房。それをビデオに撮られるのさえ耐えるしかない惨めさ……。男が持ち出した性具が眼に入る。〝そ、そんなものを使われたら〟……想像しただけで太腿が震える。身動きできない身体を抉られ性感に打ち震える女の姿がそそる。更に刃物で脅され「下手な真似するな」と云われれば恐怖に頷くしかない。脚を拡げて嬲られるのを待つ屈辱に熱いものが溢れる。そこに電動性具を充てられたら……〝んっ、んぁッ!クッ、……あ、ああっっ〟駈け上がってくる性感に身悶える事も出来ない。一方的に与えられる快楽に、女の顎が天井を衝き、ピンッと背筋が仰け反り、腰を浮かせてビクビクと痙攣しながら昇り詰める様がエロティック。

               続きを読む                  

20151119_1

下宿する若い受験生の為に夜食を作る若奥さん。愛らしい美貌もさる事ながら、その豊乳は若い男達の視線を奪わずにはおかない。更にはそれを助長する若妻の仕草。誘惑の甘言……。男が容易く若妻の官能に同調してしまうのは云わずもがな。優しい性の手解き。積極的な奉仕からの貪欲なまでの性戯の数々……。透き通る様な白い肌。迫り出した絶品な乳房。漆黒の叢。淫らな腰使いに揺れる乳房が悩ましい。見事なボディを持て余した若奥さんが展開するセックス人妻の性欲をほど良く満たし……「あぁっ……こんなにおっきいのが入ってる」

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング