官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:辱しめ

20160330

「……やめなさい」 何故こんな男達に。肌を晒すだけでも虫唾が走る。こんな惨めな……。だが、縛られた身では逃れる事も出来はしない。触れられたのは、夫にすら触らせたことのない背徳の門。〝はぅっ……ぁぁ〟その周囲に指を這わされただけで全身に拡がる妖しい性感。排泄器官を嬲られる。それだけでも悍ましいのに、まして相手は仇の男。それなのに初めて知る禁断の奇妙な感覚に身体が震える。〝だめ、そんなところ〟ほじられるたびに背筋に得も云われぬ性感が走る。指を突き刺される惨めさに抵抗の声は 「やめて下さい」の懇願に変わり、野太い男根を充てがわれれば恐怖に心が凍る。「はっ……ぁぁああッ!」圧倒的な圧迫感で腸壁を擦りあげられ美熟女の悲鳴が宙を舞う。肛門を凌辱された人妻。やがては縄を打たれ、その被虐の官能に堕ちていく。

               続きを読む                  

家族の前で犯される若妻

眼を醒ましてみれば縄で縛られ身動き出来ぬ身体。眼前には突き付けられたナイフ。見渡してみれば同様に縛られた義母。そして緊縛され暴力に晒されそうな夫。夫の身を守る為に身体を提供しろと迫る侵入者の男達。義母のなのか、自分なのか……。「私なら平気、あの子の為なら」 既に着物の胸許が肌蹴られ乳房を剥き出しにされた義母。更に押し倒されればその尻が無残に叩かれる。〝こんな事って……〟だが夫の身を守る為には、更には義母を差し出すような真似が出来る訳ない。「どうするんだ? 決めたんなら脚を拡らけ」 容赦なく追い打ちを掛ける男達。健気な若妻は息を飲み、唇を噛む。そして、ゆっくりと拡らかれる両脚。親族の前でショーツを奪われ恥部を晒される羞恥。家族の為に凌辱される、そう家族の為に。「あっ、んッ!ぁぁっ……」 だが与えられるのはあからさまな性感でしかなく。皆の前で辱められる被虐がその性感に火をくべれば若妻の肉体は……。

               続きを読む                  

緊縛肛虐の女

「なぜ私が……」 そんな思いもこうなってしまえば既に虚しい。全裸に剥きあげられた熟れた女体。後ろ手に縛られ乳房を絞り出されて縄打たれれば、肌に喰い込む刺激が悩ましい。ましてその相手は同性の女。肌を晒すだけでも恥ずかしい。それがこんな屈辱を……。無理矢理に咥えさせられる年下社員の性器。が、その被虐感に女の底が熱く潤む。意志に反して反応する身体が恨めしい。嘔吐きながら歪む美貌が妙に切ない。もはやこれからの展開など、自分でも判っていた。この女の前で縛られた身体を部下に犯される。恥辱に胸が詰まるが、その怒張が充てがわれたのは……。

               続きを読む                  

逝かせてください女

「そんな事したって無駄よ」 「堕ちたりなんかしない」 「気持ち良くなんてない」 天井に吊られた両手。身体に張り付くボディスーツ。そのうえから執拗に性の刺激を与えて来るのは憎い敵の男。気丈な女捜査官は男を睨みつけるも……。「んぁぁぁっ」 余りの刺激に容易く絶頂へと押し上げられる。が 「逝ってない」 とその心は折れてはいない。引き上げられる秘部を覆うスーツのファスナー。と、女の顔色が変わり 「……やめて」 と震える様に云うのがそそる。だが、それはまだ地獄の始まり。「どっちも気持ち良くなんてない」 男の指姦に潮を噴きつつも毒づく女。が、与え続けられる堪らない性感。あと少し。絶頂目前で刺激を奪われる寸止め調教。「……逝かせてください」 陥落する女が嗜虐心を煽る。

               続きを読む                  

騙される女

産婦人科で検査を受ける妙齢美乳な人妻。その真面目そうな顔立ちが何とも痛々しい。彼女が訪れたのは看護婦ぐるみの悪徳医院。そうとも知らない人妻の憐れ。神妙な面持ちで検査を受ける。内視鏡で膣内を見られる、それだけでも死ぬほどに恥ずかしい。だが、これは検査と自分に言い聞かせて耐える事しか出来はしない。「少し振動ありますね」そんな看護婦の声掛けに頷くが〝え? これ……って〟 聞き覚えのある振動音。〝はうっ〟その挿入に身体を貫く快感。確信めいたものを〝まさかね〟と打ち消せば〝こ、これは〟明らかな挿入感。得も云われぬ抽送の刺激。快感に耐えきれずに声が漏れれば看護婦にに塞がれる唇。取り除かるカーテン。そこで人妻が見たものは。〝ぁぁ、いやぁっ…ッッ!〟咄嗟に顔を両手で覆う人妻の様子が生々しい。

               続きを読む                  

衆人環境で潮を噴く女

ネットカフェで全裸になり個室を出た廊下で男に嬲られる若い女性。いつ誰が通るとも知れぬ衆人環境。見に纏うものなど何もない生まれたままの姿。小麦色に灼けたグラマラスなボディが悩ましい。肌にあたる空気感に自分が素っ裸である事が思い知らされる。こんな姿を見らたら……。ましてや男に秘部を嬲られ反応してしまっている姿など。そんな恐怖が下腹から込み上げて来る性感を幾倍にも膨らませる。異常な環境に昂ぶり切った女体。峻烈な性感に羞恥に塗れた女の顎が上がる。背中が撓り、踵が浮く。〝ああっ……だめ、い、逝ッちゃうッッっ!〟 そんな断末魔の声すら上げられず、激しく潮を噴き上げる女のエロス。

               続きを読む                  

混浴犯され女

気が付いてみれば混浴露天風呂に女性は自分ひとりだけ。続々と入って来る見知らぬ男性客達。〝え?……ちょっ、嘘でしょ?〟湯の中で伸びて来る男達の手。まさかの事態に女の眼が見開かれる。だが、それは嘘などではない。「い、いやッ……やめて」 入浴中なのだ。身体を守るものはタオルだけ。そんなものは容赦なく毟り取られ丸裸にされれば「やだ、やだッ」 暴れようにも複数の男達に押さえ付けられれば逃れる事など出来はしない。無理矢理に奪われる唇。弄ばれる乳房。襲われている、そんな被虐感が意識を掠めると男の舌に不意に応じてしまうのが情けない。恥ずかしく大股を拡らかれ女性器も露わに嬲られれば、嫌なのに……。恐怖のなかで性感を与えられ女の反応を愉しまれ、口唇を凌辱されるスレンダー美乳な若い女。

               続きを読む                  

辱しめの捜査官

囚われの父親を救出する為に敵の組織に忍び込んだスレンダー美乳な女捜査官。だが組織の男と差向いになれば立場は弱く。ボディチェックの為にストリップさながらに、自ら全裸にならねばならい屈辱に耐える。更には女陰の内部まで検められる恥辱。だかそれも耐えれば 「ねぇ……居場所を教えてくれたらいい事してあげる」 頷く男に従順に跪く女。陰茎にネットリと舌を絡め、喉奥深くまで咥え込む口唇奉仕。そして男を満足させる為の濃厚なセックスがエロティック。更には射精した男根に舌を這わせて清めて行けば、油断した男を事もなげに仕留めるが……。捕えられれば一人殺している身。自分の身に降りかかる災厄を思い知るしかない女捜査官。

               続きを読む                  

セックスで謝罪する女

謝らなければならない非は自分にある。そんな事は判っている。〝でも……こんな仕打ちって……〟理不尽にも、閉店後のBARのカウンターで、全裸にされ、四つん這いで、男の性器で喉奥を突かれる美熟女。だが、反省したか?の問いに 「ごめんなさい。……しました」 嘔吐きながらそう答える他ない女。命じられるままに、犯される為に男に尻を向ける惨めさ。「いやぁ……んぁっ、うぅぁ」 割れ目を割り裂かれ貫かれる圧迫感に悲鳴が上がる。突き上げられながら尻を打たれ赤くはれ上がったムッチリとした女の尻が痛々しい。「ごめんなさい」「ごめんなさい」 犯されながら幾度も幾度も謝罪させられる美熟女の痴態が何ともエロティック。子宮を突かれ、謝り続けるうちに、次第に女の脳裏は罪の意識に染め上がる。与えられる性感。被虐の快楽に堕ちていくしかない女のエロス。

               続きを読む                  

売られ女の快楽

お前は売られたんだよ。不意に侵入し襲いかかってきた男が告げた残酷な現実。俄かに信じられない。だが現実に男は家に入って来た。しかし、そんな事は関係ない。「いやっ……来ないでッ! 放して」 必死に抵抗し逃げ惑う美女。だが力尽くで捕まえられれば一枚また一枚と剥ぎ去られて行く衣服。毟り取られるショーツ。それでも抵抗を諦めない女が無理矢理に押さえ付けられる様がそそる。秘部を暴かれれば加えられる巧みな性戯。健康な女の肉体が反応してしまうのが悔しい。「あ、いやっ……あっ、んんっ……ああっ、そ、そこは嫌ッ!」憎らしいほどに女のツボを知り尽くした男の手管に生々しい女の声が漏れるのを堪えられない。そして奉仕を拒んだ美しい頬が打ち据えられれば……。

               続きを読む                  

強制奉仕の女

こうでもしなければ彼女は気が済まないんですよ。ミスを犯した女子社員の背後で囁く上司。だが、その気が収まらないのは、いったい誰なのか。既に云い含められている愛らしい巨乳な女子社員の「……申し訳ありません」 と男を見詰める眼が切ない。自ら客のズボンのファスナーを下ろし、零れ出た男根に唇を寄せれば意識が痺れる。こんなこと間違ってる。ましてここはオフィスなのだ。パーテーションの向こうでは皆が仕事をしている。もし見られたら……。そんな思いが背中に拡がるまもなく喉奥を突いてくる怒張に嘔吐く女の憐れ。「お客様との絆がモットー」です。そんな台詞まで云わされて、二人掛りの性の刺激で嬲られれば被虐の意識が女体の芯を熱くする。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング