官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:近親相姦

20160323_1

「受験勉強頑張るって約束できる?」 そう言われて出来ないと答える男などいない。若い甥に迫られれば清楚で美熟女な叔母も悪い気はしない。そんな微妙な雰囲気で 「触るのはダメよ」 そんな制約は互いの官能を刺激する事にしか役立たない。零れるたわわな巨乳。その頂の屹立してピンと尖る蕾。「ぁぁっ……見るだけ」 そう云いつつ総身に拡がる性感に叔母の意識は性に曇る。「叔母さんだって……オチンチン食べたいのを我慢してるんだから」 だが、そんな我慢は甥の逞しい男根を眼にすれば他愛もない。「ちょっ、ちょっとだけ」 それが少しで済むわけなどない。「あっ、入れちゃ……んっ、ああッ!」 貫かれる悦楽に美しい顎が上がる。そして……甥に跨れば顔に似合わぬ卑猥な腰使い。禁断の近親相姦で快楽を貪り乳房を揺らす美熟女

               続きを読む                  

娘を犯す父親

静かな夜。二人きりで差し向かいの父娘。……今は亡き母。しんみりとした宵に不意に娘が眠り込めば、捲れたスカートから覗くむっちりとした太腿。ショーツに包まれた豊臀。ずっと寂しい夜を過ごしてきた父親は、実の娘とわかっていながら激しく猛る男根を抑えられない。秘かに怒張を摘まみだし、娘を見ながら自慰を始めるが。眼を醒ました娘はすぐに事態を飲み込む。回した手で父親の性器を握る……。昂ぶる官能に押し流されて行く父娘の様子がエロティック。娘に男根をしゃぶらせ、その女陰を貪れば、もはや二人を止める事など出来はしない。父に跨りセーラー服を脱ぎ捨てれば、娘の乳房は想像もつかぬ程に豊かな張りをみせ、父の手は……。

               続きを読む                  

20160216_3

「それだけは許して」 全裸に首輪付けられた妙齢な母親達。男達が命じた特別授業とは、自分の息子達と交わる事だった。〝そんな事が許される訳ないッ!〟必死で許しを乞う母達に男達が許したのは母親の交換と云う非道な情け。「いやっ」 そう云いながらも男達の愛撫に甘い声を漏らし身悶える母親達。堪え切れずに子供達の前で不意に達してしまえば絶頂の宣言のなかった事が咎められ 「子供達の事を思っていない。教育にならない。女と云うものを教えてやれ。女の身体はこうなっているんだ」 それぞれの息子の前で女の構造を晒す羞恥。そして、指で確かめられ、指戯を施されれば女の反応まで教えてしまう母親達。豊かな乳房が躍りスレンダーな腰が畝る。それだけではない。尻を突き出させられ拡らかれる尻たぶ。剥き出しになった母の肛門。「あぁぁっ……い、いやぁ」 充てがわれた子供達の指。「慎重にやれ」 その命令と共に侵入して来る指の感触に母達の背中が撓る。肛門に突き刺されながら女陰を抉られれば我知らずとその指をキュッと柔襞が締め付けてしまうのが判る。追い打ちを掛ける様に 「さっきとは全然違うだろ?」 男の言葉に、そんな恥ずかしい反応まで教えてしまう恥辱が母親達の脳を焦がす。だがこれは、特別授業の始まりに過ぎない。「み、見ないで」 互いの母親達が男達の性器を口に含む姿。性交に喘ぐ姿。それらを見学する息子達の男根は激しく天を衝き、そして……。

               続きを読む                  

義父に抱かれる嫁

結婚して三年目の花火大会。三年目の夏。義父と関係を持ってしまった肉感的な若嫁。そのグラマラスな肉体に宿る性欲のままに、義父に求められるままに、夫の眼を盗んでは淫らに交わる義父と嫁。そばにいる夫に気取られるのではないかと云うスリルすら、その禁断の情交に彩りを添えれば二人の関係は益々深く。留守ともなれば、求められるままに障子を閉め、自ら下着を脱ぎ、あられもない格好で愛し合う二人が卑猥。嫁の白い肌が汗に光り、たわわに実った乳房が弾む。義理とは云え父親の性器をしゃぶり、尻の穴まで晒して指戯に啼く若嫁の肢体がエロティック。「お義父さん……あぁ、いいッ…お義父さん」 獣の姿で快楽に溺れ愛し合う近親相姦のエロスだが、その関係もいつかは。

               続きを読む                  

20160206_3

「駄目ッ! いけないわ……わ、私達、親子なのよ」 夫が亡くなり不遇な状況のなか姉妹の家に身を寄せる美熟女な母親と息子。その居心地の悪さを見かねた母思いの息子は、二人で家を出る事を申し出る。が、その思いは母の境遇への思いを超えて、女としての母親の想いでもあり……。実の息子に抱きすくめられて思わず悲鳴を上げる美人で巨乳な母親。だが、一度堰を切った息子の想いは止まらない。胸許を肌蹴られれば、たわわに実った重たげで張りを失わない絶品な乳房が零れ、その頂きに舌が這えば母の全身に淡い性感が拡がって行く。「だめっ……駄目よ」 抗いつつも奪われてしまうショーツ。実の息子に性器を見られる羞恥に軽い眩暈を覚える母親だが、「あっ、ちょっ……あぁぁっ」 女の肉の割れ目をなぞり上げられれば、久しく味わっていなかった明瞭な快感が脊髄を駆け抜ける。あっという間に全裸に剥かれ、逃げ込む様に縺れ合い、転がり込んだ和室には今は亡き夫の遺影が。「だめっ……お父さんが見てる」 それでも必死な抵抗を試みる母親だが、息子の勃起を見ればその眼が奪われる。若く逞しい男根。蛇頭の様に傘を拡らいた亀頭。隆々と反り返り血管を浮かばせる野太い茎胴。「あっ、だ、め、あっ、あぁぁーっっ!!」 貫いて来る熱杭に女の声を搾り取られた母親の顎が上がる。圧倒的な圧迫感で膣道が擦れ上げられれば頭の芯にまで快感が突き刺さる。愛しい息子の怒張。快楽に呑み込まれた女盛りの母親は、息子に跨り腰を使い、その巨乳を激しく揺らす。

               続きを読む                  

奴隷母

義理の息子に奴隷として仕える事を誓わされる狂った私刑判決。馬鹿げた茶番……だが、与えられる仕打ちは現実以外の何物でもなくて。素っ裸で土下座をし、義理とは云え自分の息子に忠誠を誓う惨めさ……。撫でる様な鞭捌きが徐々に厳しいものとなっていけば、肉感的な熟女母の唇から絞り取られる悲鳴。肌に近づいてくる蝋燭の炎。その恐怖に思わず奴隷らしからぬ言葉が漏れれば落された蝋の熱さに再びの悲鳴。縛られた身体。逃れる事の出来ない一方的に与えられる苦痛を、耐える事しか許されない母親。息子に背徳の肛門まで暴かれ、そこに落とされる蝋の熱さ……。母親の美貌が歪み悲鳴が上がる。だが……それはいつしか、服従する悦びへと。「……ご主人様」

               続きを読む                  

老人と寝る女

全裸で老人の性器をしゃぷる妖艶な人妻。ほど良く脂の乗ったその肢体は艶やかに色めき豊かな乳房は官能味に溢れて……。勃起不全の夫。野太く隆々とそそり勃つ義父の男根。秘かに女の欲望を燻ぶらせた人妻は、運命と云う名の必然に導かれ……。一糸纏わぬ裸体を揺らし、喉奥まで老人の怒張を含む濃厚な口唇奉仕。深い抽送を送りつつ、なかでは細かく蠢く舌先。唇をはずせば茎胴にネットリ舌を絡めて舐め上がり、蛇頭の様に傘を開いた義父の亀頭のエラの溝にも舌を這わせる。喉奥を突く熱杭の逞しさ、舌に案じる熱い躍動……「お義父さん、私、我慢できない。もう入れたいッ!……入れたい。お願い」 潤んだ瞳で上目遣いに強請る人妻。「もう入れたい、我慢できない」 焦らす義父に伸し掛かり 「もう入れちゃう」 と腰を沈める人妻。「ああぁぁっ……気持ちいい」 陰裂を割り裂き、膣道を擦り上げて侵入して来る剛直に、溜息にも似た深い喘ぎが漏れる。老人に跨り淫靡に畝る嫁の裸体が淫らにエロティック。性感に素直に反応する女体。そして妖艶な腰使い。老人と交わる妙齢な人妻。その姿が何とも云えず卑猥。

               続きを読む                  

寝取られる美人兄嫁

闇のなかを忍んでくるのは義理の弟。行燈の薄明かりのなかで男を待つのはスレンダー美人な兄嫁。そこに言葉などありはしない。交錯する視線。交わされる接吻け。許されぬ禁断の情事故に昂ぶる女体。義弟の愛撫に切なく漏らす兄嫁の声が艶めかしい。たちまちに火をつけられた兄嫁は、服を脱がすのももどかしく義弟に伸し掛かり、施される性戯。夫にはない野太く聳え立つ男根を愛おしむ様にネットリと舌を絡めていく。与え合う性感に素直に反応し愛らしい声を放つ兄嫁の様がエロティック。突き上げられるたびに身体の芯にまで響く性感を、逃すまいとでもする様に義弟に腕を絡め、跨っては貪欲なまでに快楽を求めて腰を使う兄嫁の姿が何とも卑猥。しっとりと互いを貪り合う、濃厚で淫らな禁断の情事。

               続きを読む                  

父に寝取られる女

「お義父さん……どうしたの? やめて……んッ!」 許されない愛の逃避行。しかし無理が祟れば、義父に実家に連れ戻されるスレンダーなボディに美乳が印象的な娘。それだけではない。肝心の恋人の男まで捕まってしまえば拘束されて、その前で……。「お前を女として見る様になっていた」 「なに云ってるの?…お義父さん」 そんな会話も儘ならないうちに奪われる女の唇。「やめてッ!」 必死で抵抗するも相手は義理とは云え父親……。まして男の力に掛かれば為されるが儘に剥ぎ取られて行く衣服。零れる乳房が揉みし抱かれれば涙する恋人を殴ろうとする義父。「やめてっ……もう、お義父さんの好きにして」 恋人への暴力に屈した娘に施される義父の巧妙な愛撫。ショーツに侵入して陰裂をなぞり上げる指先に女の顎が上がる。「あっ、ああぁぁっ」 不意に漏れる声を押さえる事が出来ない。「お願い……見ないで」 恋人の前なのだ。まして相手は義父。嫌なのに……。けれど込み上げて来る性感に抗う事が出来ない。恋人に所有権を見せつけるかの様にとらされる恥ずかしいポーズ。羞恥が性感を後押しすれば、もはや 女は快楽に逆らえない。恋人の前で義父の男根に口を付け、跨っては腰を沈めて女陰に咥え込む。恋人の前で自ら腰を使って 「お義父さん……逝くッ!」 と絶頂する姿がエロティック。

               続きを読む                  

寝取られる兄嫁

ソロリと音もなく部屋に忍び込んで来た義弟。リビングには未だ夫が起きている。だが、既に知ってしまった義弟との禁断の情事。その快楽。清楚で黒髪の美しい美人な兄嫁は男の手を拒めない。夫の姿を窺がいつつ熱い接吻けを交わせば意識は官能へと吸い込まれ……。まだ着衣の義弟に全裸に剥かれ立ったまま嬲られる兄嫁の様子がエロティック。ドアの向こうに姿を見れば〝夫がいるのに〟そんな思いが脳裏を過る。その背徳感すら二人の官能を煽れば、更に昂ぶっていく二人。背後に夫の姿を感じながら行う、義弟の男根への口唇奉仕が美人兄嫁の秘裂を濡らし、二人全裸で部屋を移れば、もはや妨げるものは何もなく、互いの肉体を貪り合う濃厚なセックスが、しっとりと生々しく展開される、禁断のエロス。

               続きを読む                  

可愛い若妻

風呂場で義父と鉢合わせしてしまう愛らしい若妻。素直な性格に形の良い乳房が印象的な新妻だが、こともあろうに義父に襲われてしまう。もちろん、なんとか躱そうとするが……。こんな事を義母に知られる訳にはいかない。「助けてッ!」 そう叫んだものの義母が声を掛ければ、その場を取り繕うほかなく……。それを良い事に若妻の裸体を弄ぶ義父。巧みな性戯。「ちょっ……んっ、んんっ」 愛らしい喘ぎが漏れれば、ヒートアップする義父の指姦。背筋を駈け上がってくる性感にビクビクと身体を震わせる様が何とも云えずそそる。「それだけは嫌」 と挿入を拒むが、構わず押し入って来る男根が紡ぎ出す快楽が、若妻の意識を官能に染め上げる。「んっ、ああっ」 必死で声を堪える辛さが快感の背を押せば 「それ以上されたら気持ち良くなっちゃいます」 。「そんなに突いたら……声出ちゃいます」 性感に素直に反応する様が可愛らしい。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング