官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:鑑賞

全裸オーケストラ

コンサートホールを埋め尽くす観客達。その前で服を脱ぎ裸になる女性オーケストラの楽団員達。その肌に突き刺さる無数の視線。あり得ない。着衣の人前で裸になるだけでも恥ずかしい。それがこんな大勢の、公衆の面前で……。気が遠くなりそうな羞恥。周囲の通常の光景が裸の女達との落差を際立たせ卑猥さを醸し出す。紹介され、フォーマルな衣装から裸体へと自ら服を脱いで変貌する女達。これまでの練習を思えばやり遂げるしかない。それぞれに形の違う乳房。黒々と濃密な陰毛。プリッとした尻の谷間。拙くも厳かに奏でられる演奏と非日常的な姿のギャップ。何とも云えないエロスが漂う

               続きを読む                  

羞恥の女

「いやッ!…やめて……見ないで」 両手を頭上で括られて吊られたスレンダーな美人女教師。小振りながら形の良い乳房は既に露わに晒されて。〝こ、こんな事って……〟あろう事かここは職員室なのだ。それなのに……。しかも生徒達の前で。いや、自分の教え子達の手に手伝われて、裸体を晒さねばならない羞恥。縛られた両手。逃れる事も出来ないまま、同僚の同性の女教師の手がショーツに掛かれば悲鳴が漏れる。〝あぁぁっ……い、いや〟スルリと下ろされれば黒々とした陰毛が現れ皆の眼が集中するのが判る。更には同性によって恥ずかしい女の構造を確認され、評価され、そして指で嬲られる恥辱に肢体が震える。「嫌がってる割に、感じてるんじゃないですか?」 羞恥に火照る女体の反応まで揶揄われる被虐に、美人女教師の意識は白み、乳首が尖る。

               続きを読む                  

陰部を晒す女

普段仕事しているオフィスのデスク。どうしてこんな事になってしまったのか判らない。〝私が何をしたって云うの? 私が悪いの? もしそうなら謝るから。……こんなのって〟奪われたスカート。肌蹴られたブラウス。そして剥ぎ取られた上下の下着。その相手は同僚や自分の部下達で。事もあろうにデスクの上で、両の手首足首にロープが繋がれ、両手はおろかショーツを奪われた下半身は両脚が左右に大きく開かれて。〝あぁぁっ……い、いやッ、見ないで〟美しい顔に似合わぬ黒々とした陰毛、女の肉の割れ目、そして絶対秘匿の肛門までもが、あからさまに衆人環境に晒される。恥ずかしいなどと云う次元ではない。相手は普段の仕事仲間達なのだ。〝いやぁぁ〟気がおかしくなりそうな羞恥の熱が女性社員の意識を侵す。恥ずかしいと思えば思うほどに身体の芯が熱くなる。更には、その拡らかれた肢体が皆の手によって引かれ回転させられる屈辱。暴れて逃れようにも強い力で四方に引かれれば女の力ではどうにもならない。男達だけではない。同性の女達にも嬲られる恥辱。陰部を晒し鑑賞されつつ引き回される女性社員の被虐のエロス。

               続きを読む                  

同性に嬲られる女

〝こ、こんなの……ってない〟幾らそう思っても全裸で拡らかれ縛られた身体はどうにもならない。同性達に恥ずかしい女の構造はおろか肛門までマジマジと鑑賞される羞恥に女の身体が朱に染まる。その女体に容赦なく与えられる性感。「んッ!……ぅぅぅぅ、あっ、あぁっ」 堪え様のない快感に震える肢体。その反応すらも意地悪く揶揄われる悔しさ。「くっ、ぁぁっ……」 だが女達の手管は同性ゆえに女のツボを知り尽くしてもいて。フルフルと震える拘束された女の肌。〝だめっ……ぁぁっ、いや。も、もう、もうッ…駄目っ……見ないで〟そんな心の叫びも虚しく女の唇から紡がれたのは 「……い、逝っちゃう」 惨めに恥を晒す切ない宣言で。それをも嗤われれば、昇り詰めても尚も続く甘美な刺激。もはや女に出来るのは、差し出される女達の舌に自らの舌を絡めてキスを受け入れ、甘い愉悦に意識を溶かす事だけで……。窄まった端正な女の肛門がヒクヒクと蠢いたかと思えば、陰裂から滴り落ちた熱いものが伝う。反り返る。縛られた不自由な背中。同性嬲られ、玩具にされ、繰り返される強引な絶頂への押し上げにガクガクと痙攣する女の裸体。

               続きを読む                  

奴隷妻の快感

夫の奴隷と化した巨乳が眩しい美人妻。その性生活は、既に「夫婦の営み」などと呼べる代物ではなく。夫の部下達の前で全裸に剥かれ披露される夫婦の性交。決して他人になど見られる行為ではない。裸体を晒すだけでも恥ずかしい。それなのに……。秘匿の行為を鑑賞される羞恥が美熟女妻の脳裏を灼げば、夫の辱めの言葉が恥辱を煽る。異常な行為に妻の意識は官能に染め上がる。「ああっ…大きい…んっ、ぁぁっ……い、いいッ!」 夫の部下に見られながらのセックス。それだけではない。その男達にも貸し出され、まるで性の道具の様に犯されれば、もはや人妻に出来る事は、快楽に身を任せ全てを忘れる事だけで。夫の前で他人に犯される恥辱に身悶え、突き上げて来る性感に流される。ひと突きごとにユッサユッサと弾む乳房。淫らに波打つ脂の乗った肢体。「ぁぁっ……また逝ッちゃうッッっ!」 もう幾度昇り詰めたろう。その絶頂すら夫に揶揄われれば、惨めさがまた妻の快楽を炎上させる。だが 「だめだめ……駄目ぇっっ!……なかはやめて」 夫の無慈悲な許可に妻の悲鳴が噴き上がる。他人の精を体内に受ける事など許されない……それなのに、「ああぁっ、駄目っ、逝ッちゃうッッっ」 快楽に抗えない奴隷妻の憐れ。

               続きを読む                  

セックスモデル夫婦

夫婦で美術デッサンのヌードモデルの仕事に応募した愛らしいスレンダー美乳な若妻。だがそれは、いつしか夫婦の情交シーンのスケッチへと変わっていき……。凝視する絵描き達の好奇に満ちた視線が妻の羞恥を煽る。〝は、恥ずかしい〟そう思えば思うほど身体が熱く火照る。エスカレートするポーズの要求。〝そんな事、出来る訳ないッ!〟形だけでいいからと男根奉仕の姿を求められると逡巡する人妻がだが、仕切の女にやらなければ報酬は出ないと云われれば、ここまで耐えた努力が不意になる。形だけと云われても唇を寄せれば相手は夫。そうとも行かずに人前で奉仕を披露してしまう妻。そして妻の反応を愉しむかのように秘裂を嬲る夫の舌使い。「ぁぁっ……んっ、ぁぁっぁッ!」 絶妙な夫の性戯に込み上げて来る性感。耐えられずに唇を外して感じ入ってしまう妻の痴態がエロティック。更に求められるのは夫婦の愛の行為。決して衆人環境で行うものではない。その異常さが官能に侵された人妻の意識を嬲る。躍動感を求められれば、激しいストロークを送り込んで来る夫。「ぁぁっ……う、あぁぁーッッ……あっ、あッ」 肢体に突き刺さる無数の好奇の眼。それが貫かれる性感を幾倍にも増幅させる。〝こんな、恥ずかしい……あぁ、それが感じる〟男根を締め付ける柔襞の感覚に妻の興奮を知れば、夫の抽送はいよいよ激しくなる。あまりの性感に失禁してしまう美人妻の羞恥の身悶えがそそる。

               続きを読む                  

夫婦奴隷ショー

夫婦揃って拉致されたスレンダー美人な人妻。地下室での調教の日々。そして、ついにこの日、大勢の観客が居並ぶショーで客をとらされる事に。全裸に首輪。綿ロープで無様に絞り出された美しい乳房。後ろ手に縛られた端正な顔立ちの若妻の、硬く尖った乳首が切ない。夫の眼の前で見ず知らずの男に、拘束された不自由な身体を犯される惨めさ。その恥辱に塗れた情交に、日々の調教で幾度でも絶頂出来る身体に仕立てられた女体は過敏に反応する 「あっ、ああっ……ま、またっ、逝く、逝きますッ」 そう視る者全員に宣言して昇り詰めなければならない美人妻の絶頂がそそる。「……ありがとうございました」 体内に他人の熱い精液をドクドクと注がれ、陰裂から白いそれを滴らせつつ、礼を云わされる屈辱が、人妻の意識を被虐に染める。そして、続けざまに別の客が。激しい抽送に縛られた人妻の女体はたちまちにして炎上する。「また……逝きますッ!」 ガクガクと肢体を痙攣させて絶頂すれば 「ありがとうございます」 それだけではない。後ろ手緊縛の惨めな姿で、顔を床につけ、高々と尻を掲げて客に向け、両手でその尻を拡らいて女陰を晒し、精を体内に受けた事を示す屈辱。愛らしい尻の穴までがあからさまに露わなのがエロティック。更には、衆人環境の中で輪姦された人妻と夫との公開セックスが……。

               続きを読む                  

全裸和太鼓

複数の年若い女性達による和太鼓の演奏。大勢の観客たちの前で披露する為に、練習を重ねてきた日々。だが、このステージで披露されるのは、太鼓を奏でる技だけではない。闇の中に揺らめく篝火の炎。そして、その闇を残しつつ演者にスポットライトが当たれば勇壮かつ幻想的な和太鼓の音色が鳴り響く。サラシを巻き、真白な衣装に身を包んだ女達。演目が変わるたびにその衣装が解かれて行く。まず、サラシが外されれば乳房を晒した褌姿。汗に輝く乳房を揺らし、激しい演奏に躍動する女達の肢体。その和太鼓の音色とも共振して何とも云えずにエロティック。更に演目が変われば、唯一身に纏っていた褌までもが取り払われる。生まれたままの姿となった女達。陰毛まで晒した姿。表情を変えずに太鼓を打ち続ける様は卑猥そのもの。だが、更に曲が変われば、演奏する其々の女達の背後には、鬼の面を被った全裸の男達が。その鬼に犯されながら太鼓を叩く女達。突き上げられる快楽に歪む女達の表情。弱々しくなる太鼓の音。性感に耐えながら演奏を続ける苦悩と愉悦との入り混じった女達の様子がそそる。その姿を観客に鑑賞される女達の羞恥が太鼓の音にも顕れて。そしてまた演目が変わる。太鼓の音はステージ最後方で男が打つもののみとなり、代わりに奏でられた演奏とは。ステージに居並び全裸で鬼に跨る女達。大小それぞれの乳房を弾ませ、汗に光る女体をくねらせ腰を使う女達の、淫らな嬌声が淫靡な舞台に流れ始める。

               続きを読む                  

親の前で凌辱される女

〝〟い、いや……感じたくない〟眼の前には両親がいるのだ。大股を拡らき、親に女性器を見られるだけでも恥ずかしい。けれど押さえられた身体。逃げる事など出来はしない。そして、その不自由な身体に一方的に与えられる性の刺激。もうどれくらい嬲られているだろう。間断なく駆け上がって来る甘美な性感。「ぁぁぁっ……ま。また」 辱められているのに反応してしまう自分の身体が呪わしい。快楽に身悶える姿を両親に見られる娘が何処にいるだろう。〝見ないでッ〟だが、絶える事のない性の愉悦に下半身は蕩け、意識は官能に侵され、「ぁぁっ、ぁぁっ」 生々しい女の声が漏れるのを堪えられない。親の前で恥を晒す異常さ、、男達に無理矢理に嬲られている被虐。それらが与えられる快楽に拍車を掛ければ 「ああッ……逝きそぅ……また」 もはや引き返せないところまで自分の肉体が押し上げられている事を悟れるとそんな悲鳴まで漏れてしまう。「ぁぁっ、ぁぁっ、やだ、やだ、……逝く、逝く……お父さん」 朦朧とした意識のなかで譫言の様に断末魔の喘ぎが上がれば、「だめっ……逝く」 だがこれは親の前での凌辱される娘の悲劇の始まりに過ぎない。

               続きを読む                  

20160130_3

まさかの罰ゲーム。それは同性の友達の前でのセックス。自分だけが裸で着衣の友達の前にいる羞恥。頭の芯が痺れる。人前で男の性器をしゃぶる恥ずかしさ。美しい女の肌が朱に染まる。そして、決して人に見せる事などない性行為。「あっ、ああっ」 見られているのに、挿入に声が漏れてしまう惨めさに意識が灼かれる。性感に身悶えれば嫌でも友達の姿が眼に入る。ニヤニヤと嗤う顔は自分を蔑む様に見えてしまう。こちらの耳には入らないヒソヒソと囁き合う姿。「あの子って、あんな風にするんだ」 「声出てるよ?」 「おっぱいおっきくない?」 「人前でなんて信じられない?」 「意外と毛が濃いよねぇ」 そう事を云われているかも知れないと思えば、突き上げられる背中に堪らない恥辱が拡がり、見られながら犯される快楽が後押される。ワザと友達の前に突き出され、後ろから貫かれれば揺れる乳房も露わで。照れ笑いを浮かべる他ない美女の脳裏が羞恥に焦げる。その被虐が羞恥に悶える女の官能を炎上させるエロス。

               続きを読む                  

剃毛される美人妻

端正な美貌の美人妻。その美しい乳房を朝から激しく揺らし快楽に身悶え、濃厚なセックスを展開する仲睦まじい夫婦生活。そんな人妻は一方では、シェービングメーカーの宣伝部に勤め、新商品を売り出す企画を考案中だが……。その夜。疲れて戻った妻は夫の誘いを断る。見せられるわけがない。こんな身体を。そして始まる妻の苦悩。……その日中。美人妻の企画書は甘いと退けられてしまった。「課長っ! やめて下さいッ!」 こともあろうにオフィスで捲られたスカート。新商品を売り出す為のインパクトのある企画。課長の提案は、先ずは新商品を使って人妻の陰毛を剃ると云う。逆らえば、プロジェクトどころか会社からも……。そう脅されれば、健気な美人妻は抗えない。スカートを押さえた手が退けられる。露わになったショーツ。容赦なく引き下ろされれば、その清楚な美貌からは想像できない黒々とした陰毛が……。仕事で顔を合わせる上司に、恥ずかしい毛を鋏で切りそろえられる羞恥。その恥ずかしさに、晒された女の底が熱く滲む。それを指摘されないのが、せめてもの救い。だがデスクに寝かされれば……更なる恥辱が人妻を……。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング