官能の極み ~辱めと被虐の美学~

選りすぐりの官能動画を紹介します。切ない屈辱、甘い被虐、禁断の近親相姦…etc. 歪んだエロス。辱められる悦びを。

SIRO-2342 SIRO-2551 SIRO-2307 SIRO-2371 200GANA-871 SIRO-2462 200GANA-827 SIRO-2350 SIRO-1191
アダルトコンテンツにつき未成年者の閲覧はお断り申し上げます
【アダルト動画ニュース】
毎日バナー

【「SМ」動画】


【「辱め」動画】
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【注目サイトの記事動画一覧】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

【注目サイトの更新記事一覧(画RSS)】
Powered By 画RSS
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】


【「AdultAntenna」動画】
注目動画ニュース ⇒ にゅーえろ

ラグジュ

259LUXU-212259LUXU-117259LUXU-064259LUXU-021

【「嫌なのに」動画】
辱められる被虐。嫌なのに感じてしまう屈辱。~
注目動画ニュース ⇒ 【毎日エロ新聞】

【「官能の極み」が選ぶ「手元に置きたいお奨め動画」】

屋根裏の恋 波多野結衣~ 井上瞳 屋根裏から覗く愛する者が嬲られ辱められる姿。燃え上がる見られる恥辱のエロス

出演者 : 波多野結衣
制作元 : アタッカーズ
当ブログ内での詳細記事
繰り返し視たい珠玉の動画セレクト

タグ:鞭打ち

打たれる女

肉感的なボディが悩ましい気丈な美人捜査官。だが敵の手に堕ちてしまえば、後ろ手に厳しく拘束され、その乱され乳房はおろか型の良い尻まで晒される。「従わないって云てるでしょ?」剥き出しになった滑らかな尻を力任せに鞭で打たれる痛み。だがこんな男達に従う訳にはいかない。打たれた回数を数えるなんて……。苦痛に悲鳴が上がってしまうのさえ悔しい。しかし無視すれば、また最初から打たれる屈辱。いつ果てるともない猛烈な痛み。拘束され逃れる事の出来ない身体。そこへ次から次へと鞭打たれれば、女の身体は我知らずと火照り出す。やがては男達の前で全裸に剥かれ、その乳首に施された蝋が痛々しい。「はい」調教に屈した強気な女の素直な返事がそそる。

               続きを読む                  

鞭打たれる女達

全裸で拘束された美しき熟女が二人。ソファの上で尻を突き出せば女陰はおろか、絶対秘匿の排泄の穴までが剥き出しで。脂の乗った艶やかな背中。堂々とした太腿。「あぁぁーっっ!!」 そこへ振り下ろされる鞭がシャープな音を鳴らせば、女の絶叫が迸る。打たれる数を数える惨めさ。逃れられない肢体に与えられる激痛。だが女達はその被虐の快楽を知っている。痛みにのた打ち悲鳴を上げ、鞭打たれながら絶頂する女。それを見れば自分にも、と鞭を乞う女。拘束され一方的に鞭打たれる苦痛と悦楽の狭間で、被虐の悦びに啼く美熟女達のエロス。

               続きを読む                  

緊縛調教女

乳房も露わにショーツ一枚で緊縛された美熟女。その片脚は高々と掲げられ、舌は伸ばされ鋏を打たれ、それは尖った乳首もまた同様で。切ない痛みと惨めな格好が女の身に沁みれば悲鳴が漏れる。最後の一枚が剥ぎ取れるまでに時間はかからない。「あっ、ああっぁっ」 そんな格好のまま加えられる秘部への刺激。その身体の不自由さが与えられる刺激を増幅する。逃れる事も出来ず一方的に嬲られるしかない被虐が女体の芯を熱くすれば、漏れる悲鳴は大きくなり、意識は官能に染め上がる。苦痛と快楽。男根で貫かれる悦楽と、締め付けて来る縄の刺激。膣道を擦り上げられる愉悦と、喉奥を突かれる苦しさ。縛られ鞭打たれる被虐。顔を踏みつけられつつ、後ろから犯される悦び。自分でも何故にこんな仕打ちに昂ぶるのか判らない。それなのに苦痛の快楽との狭間で炎上する身体を押さえられない。地下室には、今夜も女の悦楽の悲鳴が響き渡る。

               続きを読む                  

奴隷母

義理の息子に奴隷として仕える事を誓わされる狂った私刑判決。馬鹿げた茶番……だが、与えられる仕打ちは現実以外の何物でもなくて。素っ裸で土下座をし、義理とは云え自分の息子に忠誠を誓う惨めさ……。撫でる様な鞭捌きが徐々に厳しいものとなっていけば、肉感的な熟女母の唇から絞り取られる悲鳴。肌に近づいてくる蝋燭の炎。その恐怖に思わず奴隷らしからぬ言葉が漏れれば落された蝋の熱さに再びの悲鳴。縛られた身体。逃れる事の出来ない一方的に与えられる苦痛を、耐える事しか許されない母親。息子に背徳の肛門まで暴かれ、そこに落とされる蝋の熱さ……。母親の美貌が歪み悲鳴が上がる。だが……それはいつしか、服従する悦びへと。「……ご主人様」

               続きを読む                  

辱しめの女忍

敵に捕らえられた若く美しい女忍者。だが仮にも鍛えられた忍びの女。仲間の事など教える事など出来はしない。当然の様に加えられる拷問は、ただの折檻であろうはずもなく……。男達の性の欲望を満たすべく淫らな責めの色彩を帯び、残酷な嗜虐の炎を宿す。半裸に剥かれた女忍の肢体。滑らかな肌には染みひとつなく、ミルクを溶かした様に白く艶やか、縄打たれた乳房の頂きは淡い桜色で。厳しい姿勢で吊られた美しい背中に落とされる紅き蝋。痛みの様な熱さに女忍の美貌が歪み、「ぅぅぅっ……あぁっ」 美肌に鈍く滲んだ汗が光る。その苦悩する女の表情は視るものの嗜虐心を煽り立てずには置かない。全裸に剥かれてもキッと男を睨みつけるその顔がまた良い。男達によって左右に拡らかれた両脚。敵の男達の前で、知られたくない女の構造はおろか恥辱の肛門まで晒される屈辱。見せられた男根を模した卑猥な性具。そんなものを使われれば自分の身に何か起こるかなど判っている。悔しげに眼を逸らす女忍。「あっ、ああっ……んっ、あっ」 貫かれる刺激に声が上がる。必死で声を堪えるも、駆け上がる性感に女の声が漏れてしまう。散々に嬲られた挙句には、屈辱の凌辱の儀式。更には濡れ手拭いで過敏な部分を打ち据えられ、「や、やめろッ!」 逆さ吊りで責められても口を割らない女陰の心意気がそそる。

               続きを読む                  

緊縛調教の少女

深夜の和室。開け放たれた障子。夜の闇を望めば冷たい外気が忍び寄る。僅かな光に浮かび上がる愛らしい女学生の裸体。その身体には縄が打たれ、後ろ手に欄間に吊られている。「ああッ……ッッ!」 打ち下ろされたバラ鞭の痛みに女の悲鳴が木霊すれば、冷えた身体はたちまちにして熱を帯びて朱に染まる。脚許に残る白いソックスが痛々しい。バラ鞭とは云え、鞭に慣れぬ女の身にはその痛みは余りにも激しくて。打ち下ろされるたびにあがる苦痛の叫び。次の刺激を恐れて動けぬ身体を後退さらせる女の様がそそる。逃れられない。そんな事は判っている。だが痛みの怖さに自然と身体が動けば 「ああぁぁーーッッ!」 縛られる感触、動けぬ身体。逃れられない鞭の痛み。……ただ、耐える事しか出来ない被虐に何故か潤む陰裂。そんな自分の反応さえ恐ろしければ、更には落される蝋の熱さまで……。吊り上げられた身体に落とされる蝋の色に染まって行く女体。一方的に与えられる痛苦と快楽。相反する刺激のなかで絶頂してしまう彼女が知った悦びとは……。

               続きを読む                  

人前排泄の女

全裸で椅子に縛らり付けられた巨乳な美熟女。その反り返る美しい背中を鞭が打つ。一打ごとに噴き上がる切ない絶叫。痛みに身を捩って身悶えする事すら出来ない。動けなければ増幅する鞭の痛み。揺れる乳房。ただ耐える事しか許されない被虐に、熱いものが女陰に滲むのすら自分では気付けない。ようやく打擲が止まったかと思えば縛られたまま仰向けで吊られる片脚。濃密な女の叢。晒された女の構造。それだけではない。もっとも見られたくない肛門までが晒されて。その穴に感じる冷たい感触。突き刺さる浣腸器の嘴管。眼を閉じて薬液が入って来るのを耐える事しか出来はしない。「うぅぅっ……い、痛いッ」そして押し込まれる肛門栓。「痛い……く、苦しい」腹の中で荒れ狂う便意に必死で耐えるも、尋常ではない苦痛。それは最早切実で。出そうか?残酷に訊く男に「はい……出ます」そう答えざるを得ない恥辱。しかし、既にそんな事を云っているられる状況ではなく。〝ご、ごめんなさいッ!〟栓を抜かれた途端に少し漏れ出た薬液。羞恥に身悶え、男が用意した洗面器に排泄する安堵感。そして……人前での大便をするなどと云う恥辱に茫然となる女の憐れ。

               続きを読む                  

人妻緊縛

「ああぁぁっ……そ、そこッ!」厳しく縄を打たれた妖艶な人妻。無残に脚を吊りあげられれば恥ずかしい女の部位を隠す事など出来はしない。肌に食い込む縄の刺激が責められる事の官能を人妻の身体に呼び起こす。不自由な姿勢で陰裂を抉られる快楽……。縄に酔った意識では、恥ずかしい言葉を抑える事など出来なくて、甘美な刺激を懇願してしまう様が切ない。はしたなく潮を噴き上げ昇り詰めれば、落される真紅の熱き蝋。「あ、熱い……身体が熱い」初めての蝋燭責めの妖しき悦楽。恥辱に火照った女体が蝋の熱さと溶け合って、みるみる朱に染めあがる。「ああっーーッ!」肌を打つシャープな鞭の音に悲鳴が上がる。鞭打たれる惨めさと、その激しい痛みとに燃え上がる身体。「もっと強く」昂ぶった女陰が求めるものは……。打たれつつ「チンコが欲しいの……我慢しているから頂戴」鳴り響く鞭の音に「嫌っっ」堪らず漏れる悲鳴「嫌なのか?」「……い、嫌じゃない」

               続きを読む                  

浣腸奴隷

囚われの若い女が忍者達に恥辱の調教を受ける近代調時代絵巻。「私の褌を喰い込ませないで……」そして与えられる淫らな刺激。はみ出した恥ずかしい毛を嬲られる羞恥。間断なく送られてくる電動性具の甘美な刺激。縄で拡らかれた女の太腿がフルフルと震える。そして待ち受けたのは女の尊厳を奪う行為。脚を吊られて晒された女の肛門に浣腸器の嘴管が突き刺さる。動けない身体……込み上げて来る便意。「やっ、やめて……」その背徳の門を再び性具で抉られる。〝そ、そんなことされたら〟「お願い、お尻の穴を…それ以上…弄らないで。……い、いやっ」苦悩しながら切なく訴える女。「解放して、トイレに行かせて」絞り出される女の悲鳴。〝出来る訳ない。人前でなんて……〟だが肉輪を押し拡げ貫いて来る性具が便意を煽る。「いやぁッ、で、出ちゃう……あぁぁーっっ!!……み、見ないでッ!」

               続きを読む                  

被虐の母

「お前の母さん、社長と知り合いなんだって」その知り合いの関係性とは……。会社のバックヤードから聴こえて来る肌を打つ音と、悲鳴とも喘ぎともつかぬ女の声。そこで息子が眼にしたものは……。「お前との関係も聞いた。助けてやれよ。自分の母さんを」と云う社長の言葉は、母子相姦の事実を知っていると云う事。被虐の性癖を持て余す母親を助けてやれと云う社長の意図は明らかで。「これが母さんの本当の姿なの」と息子の唇を奪う母親。息子とその友達。二人かがりで……嬲られ、身悶え、よがり啼く母親。大股で秘部を晒し弄ばれる母の姿。性具で嬲られ昇り詰める母の姿。縛られたまま、友達に後ろから犯され悦びの声をあげる母の姿。そして……息子の男根を求めて絶頂する母親。被虐の官能と母子相姦とが織り成す歪んだエロス。

               続きを読む                  

再調教な女

全裸で緊縛され不自由に固められた女の裸体。調教の挙句に取らされた客に、無様に這いつくばり秘部を晒す惨めさ。尻を拡らかれ肛門まで暴かれても隠す事すら許されない。強引に口唇を犯される苦しさに嘔吐き、奉仕が疎かになれば徐々に機嫌が悪くなる客。だが媚びる事など出来はしない。心を閉ざして犯されれば、ついに客は怒りだし……。待っていたのは、その客の前での、お仕置きと云う名の再調教。鞭打たれ情けない悲鳴を客に聴かれる屈辱。それでも激しい痛みに声が漏れる悔しさに女の顔が歪む。更には……その客に再びの奉仕を強いられ顔面に射精を受ける女の憐れ。時折り見せる女の悔しそうな表情が嗜虐心を煽る。

               続きを読む                  

このページのトップヘ

アクセスランキング